トレンドアフィリエイトで報酬を得るためには、Googleアドセンス広告を貼り付けて

『クリック報酬型アフィリエイト』を行なっていく必要があります。

 

Googleアドセンスのアフィリエイト広告は、

ブログ訪問者に広告がクリックされた段階でアフィリエイト報酬が発生するので

アフィリエイトの報酬が発生するハードルが極端に低いです。

 

他のアフィリエイトプログラムでは、

基本的には商品やサービスを購入したり、利用してもらうことで、

始めてアフィリエイト報酬が発生するので報酬発生のハードルが高いのです。

 

また、Googleアドセンス広告のデメリットとしては

アフィリエイト報酬のハードルが低いだけあり、

報酬単価が10円から50円と低めです。

 

しかしながら、ネットビジネス初心者の方であれば、

ブログ運営をして、アフィリエイト報酬が稼げた!という自信を持つことも大切です。

 

だからまずは、

Googleアドセンスを攻略して アフィリエイトの自信がついてきたら

成果報酬型アフィリエイトも取り入れていきましょう。

 

それでは、

まずはGoogleアドセンスのアカウントを取得していきましょう。

 

ただ、Googleアドセンスのアカウント取得は、

他のサービスのように情報を入力すれば完了というものではなくて、

しっかりとブログ運営能力があることを示して審査を通過する必要があります。

 

 

審査基準の異なる、一次審査と二次審査を通過する必要があり、

自力で取り組まれている方は この段階でつまづいてしまうことも多々あります。

 

そこで、Googleアドセンスの審査をノンストレスで通過して、アカウントを取得する方法

このページでご紹介していきます。

 

Googleアドセンスを取得するまでの流れ

まずは、Googleアドセンスのアカウントを取得する流れを確認しておきましょう。

取得するまでの流れは大きく2つに分けることができます。

  • 1次審査
  • 2次審査

 

それでは、それぞれのステップについて詳しく解説していきます。  

審査と聞くと なんだか難しいことをしそうなイメージですが、

 

やっていることは極々簡単で中学生でもできてしまうようなことなので

肩の力を抜いて読み進めていきましょう!

 

一次審査

一次審査では、

アカウント取得申請を提出したブログの内容が

Googleアドセンス広告の貼り付けに適切かどうかが判断されます。

 

Googleアドセンスの規約を確認すれば分かりますが、

長い文章を読むのも大変だと思いますので、

この記事の後半で最低限守っておくべきポイントをお伝えします。

 

また、もう一つのポイントとしては、

しっかりとブログが運営されているかどうかといったことも重要です。

 

ブログ運営をしていると、

どうしても記事を書く時間が取れなくて 記事更新を休んでしまうこともありますが、

少なくともGoogleアドセンスの審査期間中は毎日記事を更新し続けましょう。

 

 

二次審査

二次審査では、Googleアドセンス広告が

ブログ記事に適切に貼り付けられているかが確認されます。

 

Googleアドセンスの二次審査が通過していない段階では、

Googleアドセンス広告枠を設置した部分が白い空白で表示されます。

 

広告の内容が表示されないからといって慌てることなく、

白い空白が表示されたら、二次審査が通過するまでしばらく待ちましょう。

 

また、Googleアドセンスの規約に反した内容の記事が書かれていないか、

といった規約内容に関する点も再度目視で確認されます。

 

Googleアドセンスの申請が承認されるまでの流れ

さて、ここまでは一次審査と二次審査の概要と通過する際の

ポイントをお伝えしてきたので、

 

続いて、Googleアドセンス審査を

より短期間かつ確実に通過するコツををご紹介していきます。

 

ここで紹介されている方法をしっかりと実践していけば

楽々クリアできるのでしっかりと読み進めていってくださいね。  

 

Googleアドセンスで審査を通過させるため専用のブログを立ち上げる

Googleの理念としては、情報の一元化を目指しています。

つまり似たような情報がインターネット上に溢れることを防ごうとしているのです。

 

しかしながら、トレンドアフィリエイトを実践していくと

どうしても記事内容が他の記事のものと似てしまうこともあります。

 

そのため、トレンドアフィリエイト感がバリバリ出てしまっているウェブサイトだと

Googleアドセンスの審査が通りにくい、または審査が通過するまでに時間がかかります。

 

こうしたタイムラグを防ぐために、

Googleアドセンスの審査を受ける際には

審査用のブログを別に作って申請を出しましょう。

 

オススメは無料でブログを解説・運営することのできるSo-netブログです。

 

外観の変更などは独自ブログよりも自由度が高くありませんが、

ブログの体裁がもともと整えられているので、審査用ブログとしては最適と言えます。

 

So-netブログなどの無料ブログを立ち上げたら、

運営者情報やプロフィールも充実させておきましょう。

 

Googleからトレンドアフィリエイトをするために

ブログを運営していることを気づかれないようにすることがポイントです。

 

『運営者情報』のページを作成する際のポイント

まずブログに記事を投稿する段階になったら、

運営者情報を記載しているページを作成しておきましょう。

 

どんな人がブログを作成しているのかを確認できれば安心しますし、

プライベートな日記用のブログとしてアピールしやすくなります。

 

また、プロフィール欄が充実していると、

ブログ訪問者の方が共通点を見つけた際にコメントを残してくれるようにもなり、

ユーザーとの交流のきっかけとして機能していきます。

 

こうした数多くのメリットがあるので、

ブログを解説する際には、ぜひ『運営者情報』を記載しておきましょう。

 

具体的な方法としては、

記事作成する際にタイトルを『運営者情報』として記事を投稿します。

 

記事に含めるべき内容は3点です。。

  • 運営者の名前 
  • 運営者の連作先 
  • プライバシーポリシー

 

運営者の名前については、

本名を公開することに抵抗がある場合はニックネームでも構いません。

 

例えば、私の名前は『あつし』なので

『あっちゃん』でも『あつやん』でもなんでも大丈夫です。

 

運営者の連絡先については、

携帯かパソコンの捨てアドでも可能です。

 

実際にこの連絡先にGoogleから連絡が来たということを聞いたことはないですが、

一応体裁を整えるためにも掲載しておきましょう。

 

プライバシーポリシーとは、

ブログを運営する目的や運営する上で気をつけていることなどをまとめたものです。

 

こうした細かい点もしっかりと書き込んでおくことで、

Googleから見てもかなり印象の良いブログをつくり上げることができます。

 

申請用ブログの場合は、

『プライベートな目的で、日常を綴りながら交流したいです。}といった感じで

一般的な内容が書かれていれば基本的になんでもOKです。  

 

プロフィール欄も充実させる

運営者情報と若干かぶるところもありますが、

プロフィール欄も充実させておきましょう。

 

ここでは名前や年齢、出身地、そしてブログ運営の趣旨などを書いておきます。

こうした情報を入力しておくと共通点を見つけてもらいやすくなり、

ブログ訪問者とのコメントをやり取りするきっかけになっていきます。

 

室の高い記事を更新し続けて、自分のことも覚えてもらえれば

同じユーザーに何度も訪問してもらえるようになるので

 

ぜひ、誠実なブログ運営者として覚えてもらえるように

トレンドサイトでもプロフィール欄は充実させるようにしましょう。

 

ちなみに、本人確認チェックがある訳ではないので、

事実と異なることを書いても特に問題はありません。

 

 ただ、Googleアドセンスのポリシーに違反するような

内容やテーマについては書かないようにだけ注意してくださいね。  

 

日記記事を投稿する

ブログの立ち上げが完了したら、

さっそく日記記事を投稿していきましょう。

 

Googleアドセンスの一次審査ということで緊張するかもしれませんが、

実はとっても簡単ですので、誰でも確実に突破できるためのコツをご紹介します。  

 

記事数

Googleがブログをチェックした段階で、

運営歴が5日間以上あり、1日に1記事以上は更新されていることがポイントです。

 

ということで、1日1記事のペースで記事を投稿していって、

ブログに5記事以上溜まってきたらGoogleアドセンスの一次審査に挑戦しましょう。

 

ちなみに、もしできるだけ早くGoogleアドセンスの一次審査を通過したい場合は

記事を5記事一気に書き切ってしまいましょう。

 

そして、投稿時間を5日前から1記事ずつ投稿したように設定変更していけば

記事を書き始めた日のうちにGoogleアドセンスの一次査を通過することができます。  

 

ここで一つ知っとく情報ですが、

もし記事を書くのが面倒であれば以前にFacebookに投稿した記事を

そのままコピーアンドペーストして貼り付けてしまう方法もありです。

 

基本的に、ブログ運営をしていく上では

他人の書いた文章をそのまま引用してしまうとGoogleからの評価が下がり、

最悪の場合はペナルティーを受けてしまうこともあります。

 

しかし、今回の場合はGoogleアドセンスの審査を通過することだけが目的なので、

手っ取り早く済ませたい方にはとてもオススメな方法です。

 

文字数

1記事あたりの文字数も1000文字前後になるように

充実した内容の記事を書いてください。

 

重要なのは文字数であって、

文章の内容自体はそこまで重要視されていません。

 

ですから、わざわざ卒業論文を書くようなテンションで

小難しい内容を書く必要はありません。

 

日記調で『今日はこんなもの食べた〜。美味しかった〜。幸せ〜。』

みたいな漢字でも全く問題ありません。(^^)

 

ただひとつ気をつけてほしいポイントは、記事ネタを選ぶ際には

Googleアドセンスのポリシーに反する内容に当てはまらないように注意してください。。

 

GoogleアドセスにおけるNGワードとNGネタ

Googleアドセンスを貼り付けるためには、

NGワードやNGネタを記事の中に含めないように気をつける必要があります。

 

せっかく頑張って1000文字以上の記事を投稿しても

NGな内容に当てはまってしまうと努力が水の泡になってしまうので

絶対にGoogleアドセンスのポリシーに違反しないように気をつけましょう。

 

以下がNGワードとNGネタをまとめたものになります。

  • アダルトに関連するもの
  • 児童ポルノに関連するもの
  • お酒に関連するもの
  • タバコに関連するもの
  • ギャンブルに関連するもの
  • 暴力に関連するもの

 

これらのNGワード・NGネタには細心の注意を払って記事を書いていきましょう。

 

アダルトネタに関してはGoogleアドセンスポリシーをチェックするまでもなく

ペナルティーを与えられるということは常識的にわかると思います。

 

しかし、タバコやギャンブル関係、そして暴力などに関しては

うっかり事件のニュースや趣味の話題として書いてしまいがちなので気をつけてください。  

 

著作権

著作権についても気をつけてください。

具体的には、人物や建物の固有名詞などを記事内で使わないようにしてください。

 

著作権関連が原因で審査が通らなかったという事例は

私のコミュニティメンバーやネットビジネスの仲間の間では聞いたことはありませんが、

日常のたわいもない内容を書いておけばいいので余計なことはしないようにしましょう。

 

ちなみに、本格的にトレンドサイトを運営していくようになったら、

芸能人の名前などの固有名詞も使っていきます。

 

あくまで、今回の場合は

Googleアドセンスの審査を通過することが目的ですので、

審査通過の可能性を下げる可能性のあることは徹底的に排除していきます。

 

コピペ

他のサイトからのコピペもしないようにしましょう。

 

Googleは文字情報の引用などについて厳しくチェックする機能を持っているので

他のサイトのコピペをしてしまうとすぐにバレてしまいます。

 

また、トレンドアフィリエイトでは

他のサイトからの情報をリライトすることもオススメしていません。

 

自分の力で一から文章を書くことを意識してください。  

そうすることで記事にオリジナリティが出て Googleから高い評価を得られますし

ペナルティーを受けるリスクも最低限に抑えることができます。

 

画像、動画も著作権の観点から使用を控える

画像や動画も著作権に違反する恐れがあるので使用を控えましょう。

個人た撮影してYoutubeに投稿されたものやテレビ番組の動画などですね。

 

また、あなた自身が撮影した写真であっても

友人の顔などが映っていると肖像権の侵害に当たる可能性もあり、

Googleアドセンスの審査が通過しない場合があります。

 

いくら自分で撮影した写真であったとしても、

個人が撮影した写真が加工されずに掲載されているように見えてしまいます。

 

ですから、基本的には画像や動画は使わないことをオススメします。  

 

ブログ内にリンクを貼らない  

ブログ運営によるアフィリエイト報酬は、

Googleアドセンスの広告がクリックされることで発生します。

 

ですから、ブログ内にあまりにもたくさんリンクが貼られていると

Googleアドセンスのクリック率が減少してしまいます。

 

これは単純にGoogleの利益を損なうことになりますから、

Googleから高い評価を得るためには 余計やリンクを貼り付けないようにします。

 

トレンドサイトを実際に運営するようになれば、

関連する記事のリンクを記事内に貼り付けることで

サイト内巡回率を高められるのでオススメですが、

 

今回はGoogleアドセンスの審査を通過することだけが目的なので、

必要以上のことはしないようにしましょう。

 

記事内容

投稿する記事内容としては、

日記やその日考え方ことなどを書いていきましょう。

 

『家族との旅行の思い出』や『今日一日の振り返り』など

こういったプライベートな記事内容であれば当たり障りがないですし、

完全にオリジナルの記事なので著作権などの問題に引っかかることもありません。  

 

一次審査への申請

以上の条件を満たして記事を書いて準備ができたら

Googleアドセンスの1次審査の申請を行っていきましょう。

 

1次審査を申請するには、

Google Adsenseの公式サイトで必要事項を記入していきます。

 

Google Adsenseの公式ページはこちらです。

 

必要事項を全て記入したら、申請をクリックします。

これでGoogleアドセンスの申請は完了です。  

 

1次審査の期間

1次審査を申請してから審査が完了するまでは数時間から1週間ほどかかります。

早ければ数時間後には審査完了のお知らせメールが届きます。

 

また、ブログによっては審査が完了するまでに

1週間ほどかかる場合もありますのでその際は我慢強く待っていましょう。

 

1次審査を申請してからも、Googleからの返答が来るまでは

1日に少なくとも1記事は更新し続けておきましょう。

 

Googleに毎日更新しているという好印象をアピールすることができます。  

 

1次審査に落ちてしまった場合はどうすれば?

万が一、Googleアドセンスの審査に落ちてしまった場合であっても

Googleからその旨の連絡がメールで届きます。

 

申請が承認されなかった理由と改善点が提示されますので、

それを元にブログを改善していきましょう。

 

ただ基本的には、この記事で書かれていることを

忠実に実践していただければ申請で落ちることはないので、

どの点が抜けてしまっているのかを確認してみてください。  

 

二次審査への申請

一次審査に合格したら、二次審査の申請に移っていきましょう。

 

二次審査では、ブログにGoogleアドセンスの広告が

適切に貼り付けられて表示されているかが目視で確認されます。

 

Googleアドセンスの広告を貼り付けるためには、

広告コードを入手する必要がありますが、

広告コードはGoogle Adsenseの公式ホームページで入手することができます。

 

Googleアドセンスのページで『広告ユニット』を

新規作成することで広告コードを生成することができます。

 

広告のサイズには様々なものがありますが、

基本的には『レクタングル大』で問題ありません。

 

大きめの広告枠を設置することで、

大きめの広告から小さめの広告まで

多種多様な広告を表示することができるようになります。

 

二次審査のためのアクションとしては、

生成した広告コードを記事内にコピペするだけで完了です。

 

あとはGoogleに確認してもらえるのを待つのみです。

 

この際の注意点として、Googleアドセンスの広告コードは

トップページではなく記事内に貼り付けるようにしてください。

 

そうしないと広告が表示されずに承認までの期間が長引いてしまいます。

 

二次審査は目視で広告枠が適切に設置されているか確認するので、

確認しにくい場所に貼り付けているとそれだけ通過までに時間がかかってしまいます。

 

正常に広告コードが貼り付けられていればその部分が白い空白で表示されます。

白い空白ができていれば問題ありません。

 

二次審査が通過すれば、白い空間だった部分に

自動的にGoogleアドセンスの広告が配信されるようになります。

 

さらに、Googleからメールで二次審査の完了メールも届きます。

これで二次審査も完了になります。

 

Google Adsense アカウントが承認されたら、

次はアドセンスサイトを本格的に運営するためのブログの立ち上げです。

 

ブログの立ち上げ手順に関してはこちらの記事を参考にしてください。

 

トレンドアフィリエイトの始め方からGoogleアドセンスとブログで月収10万円以上稼ぐコツを解説!