特化型ブログのアクセスアップには『まとめページ』を作ることが効果的です!
『まとめページ』の作り方をマスターして特化型ブログアクセス・SEOを強化しましょう!
謎の美女♡

特化型アフィリエイトブログのSEO強化をする上では、

まとめページを作ることがとても効果的です!

 

今回の記事では、特化型アフィリエイトブログの

SEO強化を目的としたまとめページの作り方をご紹介します。

特化型ブログのアクセスアップに効果的!『まとめページ』の作り方

『まとめページ』とは 特定のテーマに関するブログ記事を
一覧で確認することができるウェブページのことです!

『まとめページ』をブログの重要なテーマごとに作っておくことで、
特化型ブログの『巡回率』や『滞在時間』を改善することができます!

謎の美女♡

特化型ブログのSEOを手っ取り早く強化するには、

まとめページを作っていきましょう。

 

作り方はとても簡単なので、

今回の記事をしっかり読めば マスターできます。

まずそもそも『まとめページ』とは いったいどんなものかというと

ある特定の話題に関連した記事を1ページにまとめたページのことです。

 

例えば、『パズドラ 攻略』という一つのテーマで

ある程度の記事をブログに書きためているのであれば、

それらの記事を一覧表示させるページを作ります。

  • パズドラ 攻略 ステージ1
  • パズドラ 攻略 ステージ2
  • パズドラ 攻略 ステージ3
  • パズドラ 攻略 ステージ4

 

以上のように、『パズドラ 攻略』という

一つのテーマに関連する記事を一つのページにまとめることで、

 

特化型ブログを訪問したユーザーに複数の記事を読んでもらえたり、

ブログ記事をブックマークしてもらうことで覚えてもらえたり、

などなど さまざまなメリットを得ることができます!

 

このように、特定のテーマに関連した記事を

一覧で表示させるページのことを『まとめページ』と呼びます。

 

また、それぞれのページリンクは

新規タブで開くように設定しておきます。

 

そうすることで、ユーザーが1つの記事を読み終わった後に

すぐにまとめページに戻りやすくなってユーザビリティーが向上します。

 

『まとめページ』で特化型サイトがアクセスアップする仕組み

『まとめページ』を特化型ブログ内に数多く設置しておけば
関連するブログ記事をユーザーに確認してもらうことができるので、

  • 『サイト内巡回率』と『サイト内滞在時間』の向上
  • 内部リンクが充実することによるSEO強化

以上のような、さまざまな理由からSEO強化が期待できます!

謎の美女♡

特化型アフィリエイトブログにかぎらず、

ブログのSEOに影響する要素は数え切れないほどありますが、

 

SEOに影響する重要な要素の中に

『サイト内滞在時間』と『サイト内巡回率』というものがあります。

 

ブログSEOを強化するためのノウハウを網羅的に学びたい場合には、

こちらの『まとめページ』を参考にして下さい。

サイト内滞在時間とは、

ウェブサイトに訪れたユーザーが

そのウェブサイト内の記事を閲覧している時間を指します。

 

また、『サイト内巡回率』とは、

一人のユーザーあたり閲覧されているページ数のことを指します。

 

これら『サイト内滞在時間』と『サイト内巡回率』は

Googleアドセンスのログインページ上で確認することができ、

 

それぞれの数値が高ければ高いほど、

良質なウェブサイトだとGoogleから判断されてSEOが強化されます。

 

クオリティーの高い記事であるほど、

ユーザーは真剣に読み込もうとしますし、

 

ブログ記事の内容に満足すれば、

他の記事にも目を通そうとするはずだからです。

 

そして、まとめページを作成することで

『サイト内滞在時間』と『サイト内巡回率』を向上させることができます。

 

例えば、『パズドラ 攻略 ステージ2』について

検索していた人々のほとんどは、

 

今後『パズドラ 攻略 ステージ3』を検索すると思います。

 

そんな時に、あらかじめまとめページ内で

関連する記事を紹介しておけば、

 

既にウェブサイトに訪れているユーザーが求めている情報を

提供できるのでそのまま滞在し続けて他の記事にも目を通してくれます。

 

また、関連する記事を1つのページにまとめておけば、

ユーザ−1人あたりのページ閲覧数も上昇させることができます。

 

『パズドラ 攻略 ステージ2』について

独立したページで解説している場合、

 

ユーザーはその記事を読み終わった後にもう一度検索エンジンで

『パズドラ 攻略 ステージ3』と検索する必要があります。

 

これでは、同じテーマについて書いている

他のウェブサイトにユーザーを取られてしまうリスクがあります。

 

まとめページを作ることで

こういったリスクを防ぐことができます。

 

『まとめページ』を作成する際の注意点・大前提

特化型ブログのような特定のテーマを集中的にカバーするブログであれば、
『まとめページ』で関連性の高いブログ記事を紹介すればアクセスアップが期待できますが、

以下でご紹介する2つのポイントを抑えた上で、
『まとめページ』を作成していかなければ十分な効果は期待できません!

まとめページを作成する上での注意点・大前提は以下の2つあるよ!

  • ユーザーに満足してもらえるハイクオリティーなブログ記事を更新する
  • 『まとめページ』は文字数が少なくなる傾向があるため、
    そうした場合には『No Index』に設定する

 

ユーザーに満足してもらえるハイクオリティーなブログ記事を更新する

いくら関連性の高いブログ記事をまとめて紹介していても、
ユーザーがブログ記事に満足しなければ他のブログ記事を読んでもらえません!

大前提として心に留めておいてもらいたいことは、

ブログ記事の内容が高品質で十分に満足してもらえるレベルだということです。

 

いくら関連しているブログ記事が紹介されていたとしても、

最初に読んだブログ記事の内容の質が悪ければ、

 

同じ特化型ブログ上に投稿されている

他のブログ記事を読もうとはユーザーは考えないはずです。

 

『まとめページ』は文字数が少なくなる傾向があるため、
そうした場合には『No Index』に設定する

『まとめページ』は一般的なブログ記事と比較すると、
ブログ記事の内部リンクを一覧表示しているページなので文字数が少ない傾向があります。

文字数が少ない『まとめページ』もインデックスの対象として設定したままにすると、
ブログ全体の平均文字数を下げてしまうマイナスな影響もあるので『No Index』にします!

特化型ブログにかぎらず ブログは『記事単位』と『ブログ全体』の

それぞれの評価を総合したものでSEOが決められています。

 

だからこそ、ブログ総記事数が多かったり、ブログ記事の文字数が多めな

ブログに投稿されている記事が上位表示されやすい傾向になります。

 

特化型ブログやトレンドブログなど、

運営するブログの種類によって文字数の基準は異なりますが、

 

特化型ブログであれば少なくとも

3000文字以上は必要だと考えておくべきです。

 

しかしながら、『まとめページ』の場合は

ブログ記事の内部リンクを一覧表示させるだけなので、

どう頑張ったとしても3000文字以上の文字数を稼げません。

 

こうした場合には、『まとめページ』を『No Index』に設定して、

GooleやYahoo!Japanなどからの評価対象から外すことでSEO対策ができます。

 

例えば、『お問い合わせフォーム』なども

ユーザビリティーを高めるためには重要なページですが、

ブログSEOの観点から考えるとネガティブな影響があるわけです。

 

ブログ記事毎に『No Index』設定をする方法については

コチラの記事で詳しく解説しているので参考にして下さい。

『特化型ブログのアクセスアップ!まとめページの作り方』の最後に

『まとめページ』は一つのテーマに関連した記事を一覧表示させるページのことで、
いくつかのテーマごとに『まとめページ』を作っておけばウェブサイトの
『サイト内滞在時間』と『サイト内巡回率』を高められます!
謎の美女♡

これから特化型ブログの運営ノウハウを学んでいきたいと考えている方は、

コチラの特化型ブログの『まとめページ』を参考にしてください!

それでは、今回の記事内容はこれで以上になります。

最後までお読み下さり、誠にありがとうございました!

 

Affiliate Business Community 運営者 守淳史