アンカーテキスト 設定方法

内部リンク・外部リンクを貼る際に

アンカーテキスト』というものを設定することができます。

 

アンカーテキストを設定することで、

特定キーワードとブログ記事との関連性を高めることができ

検索結果画面上での上位表示といったSEO効果を期待できます。

 

しかし、内部リンク・外部リンクを貼る際にアンカーテキストを設定せずに

せっかくのSEO対策の機会を逃している方々が多いのが実情です。

 

そこで、今回の記事では 内部リンク・外部リンクを貼る際の

アンカーテキストの設定方法とSEO効果をご紹介していきます。

 

アンカーテキストとは?

ネットサーフィンをしていると

青い文字で表示された文や単語を目にしたことがあると思いますが、

これらのテキストのことを『アンカーテキスト』と呼びます。

内部リンク アンカーテキスト

 

そして、青く表示されているアンカーテキストをクリックすると

設定されているリンク先にリンクすることができます。

 

アンカーテキストの設定方法

アンカーテキストの設定の仕方は さまざまな方法がありますが、

ここでは、私が実践している方法をご紹介したいと思います。

 

まずは、アンカーテキストとして使用したい

文や単語をブログ記事に入力します。

 

そして、飛ばしたいリンク先のURLをコピーし

アンカーテキストとして使用する文・単語を

ドラッグ&ドロップで選択して貼り付けるだけでOKです。

 

また、外部リンクを飛ばす際には

リンク先のURLを新規タブで開くように設定しておきましょう。

 

内部リンク先に飛ぶ場合であれば

必ずしも新規タブで開かせる必要はありませんが、

 

外部リンクを新規タブで開く設定をしておかないと、

そのままユーザーがあなたのブログから離脱してしまいます。

 

このままでは、『サイト内滞在時間』や

『サイト内巡回率』を下げてしまうリスクが有ります。

 

リンク先のウェブページを

新規タブで開かせるための設定もとても簡単です。

 

まずは、アンカーテキストをクリックして選択します。

アンカーテキスト SEO

 

すると、鉛筆のようなマークが

リンク先のURLの右側に表示されるのでクリックします。

アンカーテキスト マーク

 

次に、歯車のようなマークのリンク設定ボタンが表示されるので

こちらをクリックしてリンク設定の画面へ移動します。

アンカーテキスト リンク設定

 

リンク設定画面を開くと、

『リンクを新しいタブで開く』という項目があります。

 

デフォルトでは こちらのチェックマークが外されているので、

そのチェックマークを付けた状態で『更新』ボタンをクリックすれば完了です。

 

アンカーテキストを設定する効果

内部リンクや外部リンクにどちらの場合においても、

アンカーテキストを設定することで様々な効果を期待することができます。

 

内部リンク・外部リンクどちらにも言えることは、

アンカーテキストとして設定されているキーワードと

リンク先のブログ記事の関連性が高められるという点です。

 

ブログ記事と特定のキーワードとの関連性が高まれば

それらのキーワードで検索された際にブログ記事が上位表示されやすくなり、

 

ディスクリプションや抜粋をブログ記事に設定している場合であれば

狙っているキーワードとの関連性を高めることで、

 

Googleが自動的に記事本文から抜粋文を抽出して、

スニペットを表示させる不具合を避けることができます。

 

ディスクリプション・抜粋文の書き方や設定方法、SEO効果については

こちらの記事で詳しく書いているので 参考にして下さい。

ディスクリプションと抜粋の書き方と設定方法

 

それでは続いて、内部リンクと外部リンクのそれぞれの違いや

期待できるSEO効果などについてそれぞれ解説していきます。

 

内部リンクによるSEO効果

ブログ記事に関連記事の内部リンクを貼り付けることで

サイト内巡回率を高めることができるだけでなく、

記事ごとのSEOを強化することも可能です。

 

ページ内の内部リンク数を増やして SEO強化

Googleは内部リンクを数多く受けている

ウェブページを重要視して結果的にSEOを強化する傾向にあります。

 

例えば、どんなページであれば内部リンクを受けやすいかというと

ジャンルやテーマごとのブログ記事を一覧表示しているまとめページなどです。

 

まとめページで貼り付けられている内部リンク先のブログ記事では、

ユーザーがまとめページに戻りやすいように内部リンクを貼り付けます。

そのため、自然と内部リンクを数多く受けるようになるのです。

 

ブログ記事の中でも、重要なテーマを抽出して

まとめページを作成して 内部リンクを数多く送ることで

ブログ全体のアクセスアップも実現させることができます。

 

外部リンクによるSEO効果

基本的に外部リンクは

自分自身の判断や力だけではどうにもなりませんが、

 

もし幸運なことに、ソーシャルブックマークサイトや

他のブログ・ウェブサイトから外部リンクを受けることができれば、

内部リンクと比較しても、より大きなSEO効果を期待することができます。

 

被リンク元からリンクジュースが得られる

あなたのブログに対して外部リンクを飛ばしてくれている

ウェブサイトやブログ記事のことを『被リンク元』と呼びます。

 

そして、被リンク元の質が高ければ高いほど、

外部リンクによって関連付けられたウェブサイトの評価も上がっていきます。

 

例えば、GoogleにはGoogleページランクという機能があり、

全てのウェブサイトを0から10の10段階評価で評価しています。

 

ちなみに、慶応義塾大学のホームページは日本で最高ランクの9となっています。

これは、海外に数多くある提携校・姉妹校から被リンクが得られているからです。

 

数字が大きければ大きいほどGoogleからの評価が高いのですが

Googleページランク10のウェブサイトから被リンクを受けられれば、

運営しているブログのSEOパワーを一気に高めることもできます。

 

ソーシャルブックマークサービスからアクセス流入

ソーシャルブックマークサービスを利用すれば、

ある程度は自作自演でも高ページランクのサイトからの被リンク数を増やせます。

 

例えば、ソーシャルブックマークサイトには

『はてなブックマーク』や『楽天ソーシャルニュース』などがありますが、

 

はてなブックマークはGoogleページランク7ですし、

楽天ソーシャルニュースもGoogleページランク6の有料サイトです。

 

そのため、ブログに投稿した記事の中でも

特に自信を持って紹介できるものに関しては、

 

『はてなブックマーク』や『楽天ソーシャルニュース』で

ブックマークすることで個別記事のSEO強化をすることができますし、

ソーシャルブックマークサイトからのアクセス流入も期待できます。

 

内部・外部リンクの
アンカーテキスト設定方法とSEO効果!のまとめ

今回の記事では、内部リンク・外部リンクを貼る際の

アンカーテキストの設定方法からSEO効果についてご紹介しました。

 

一般的には、外部リンクしたSEO効果がないと思われがちですが、

内部リンクを数多く集めることでも Googleに重要性をアピールすることができます。

 

また、外部リンクもソーシャルブックマークサイトなどを活用すれば、

ある程度であれば自作自演で増やしていくことも可能です。

 

他にもさまざまなSEO対策ノウハウについて記事を書いているので、

ぜひこちらのSEO対策まとめページをご覧ください!

【内部・外部SEOの決定版!】SEO対策まとめページ

 

今回の記事も最後までお読み下さり、誠にありがとうございました1

Affiliate Business Community 運営者 守淳史