STORYSがきっかけで広がる出会い

皆さんこんばんは。(^^)

Affiliate Business Community運営者の守淳史です。

 

2016年1月25日という日は、

私の人生においてとても大切な日となりました。

 

というのも、以前にSTORYS.jpへ投稿した記事

『大手財務コンサルの内定を取り消して、年収やキャリア採用を捨てた理由』

記事をまだお読みでない方はこちらからどうぞ!

 

を読んでくださった方からご連絡をいただき、

実際にお会いすることができたからです。

お金,時間,有効活用

今日お会いさせていただいた高橋さん(仮名)は、

『正社員として働くことがどれだけ素晴らしいか』

ということが世間では当たり前のように言われている中で、

一般常識を真っ向から否定するような記事の内容に共感されて、

『ぜひお会いしたい!』とご連絡をくださいました。

 

当日は様々なことをお話しさせていただきましたが、

高橋さんにとっては、

『根本的な目的を把握して、それを達成する直接的な手段を取る』

という私の考え方が印象的だったそうです。

 

そこで今回は、

具体的に私はどんなことを日々意識して行動しているのか、

 

そして、なぜそのような行動をとるのか

という理由についてもご紹介させていただきます!

 

私はパソコン1台あれば、いつでもどこでも稼げるので、

大学を卒業すると同時に終わらない海外旅行へ旅立つつもりです。

 

こういう話をすると、

『海外旅行し続けること』が私にとっての生きる目的だと

思われる方もいるかもしれませんが決してそういうわけではありません。

 

私には、『楽しくて幸せな日々を送り続けたい』という目的があり、

その目的を効率的に達成する方法として海外旅行を選択しただけです。

 

なぜ幸せな人生を送る手段として海外旅行が最も効率的な方法なのか、

これを話すにはまず、私にとっての幸せの定義を話さなければなりません。

守淳史にとっての幸せの定義とは?

私にとって幸せな人生とは、

『それまでの人生を振り返ってみて、

 どれだけ楽しかったり嬉しかった記憶を思い返せるかどうか』

だと考えています。

 

であれば、

生きてきた時間当たりのポジティブな記憶として

思い返せる時間が長ければ長いほど幸せになりますよね。

 

その結果、どうしたら決められた時間の中で

最大限楽しい思い出を作ることができるか考えるようになりました。

そうしたところ、

周りの環境や、生活習慣が大きく変わった際に

思い出はできるのではないかと思いました。

 

例えば、引越しを何度もしたことのある方は分かると思いますが、

一度住んでいた場所に関する記憶は必ずいくつか覚えていますよね。

 

でも、住んでいた期間とは関係なく、

パッと思いだせる記憶は2、3個程度なのではないでしょうか?

 

つまり、どれだけの期間を過ごしても

周りの環境や生活習慣が大きく変わらなければ、

 

生活からの刺激や感動に対して鈍感になり、

日々の生活が記憶として定着しにくくなると感じたのです。

 

そのため、定期的に生活習慣や周りの環境を

効率的に変えることのできる海外旅行を楽しもうと考えるようになりました。

 

他にも、今まで経験したことのないアルバイトをしてみることや、

スカイダイビングなどのエクストリームスポーツを楽しむ方法もあります。

 

しかし、アルバイトでは数ヶ月は拘束されることになり、

その間に刺激や感動は薄れてしまいますし、

 

エクストリームスポーツばかり楽しんでいたら、

いくらお金を稼いでも足りません。

 

そこで、出費や過ごす期間をマイペースに決められるような

海外旅行を楽しみ続けるという手段を取ることにしました。

 

例えば、南米のエクアドルで生活してみれば、

未知の常識や生活環境に心踊ることでしょうが、

長くとも1ヶ月も住んでいれば慣れてきてしまいます。

 

そうなったら、まだ訪れたことのない国へ移動すれば、

また刺激的な日々を送ることができるようになるのです。

 

しかも、途上国であれば

生活費もかなり低く抑えられるので、

金銭的にもとても助かります!(^^)

限られた時間とお金を有効活用して最大限幸せになる

このように、まずは自分には

どんな根本的な目的や欲求があるのかを深く考えてみて、

 

その目的や欲求を

直接的に達成したり満たせる方法を模索することで、

 

限られた時間とお金というリソースを

最も有効的に活用することができるようになると思います。

 

今この文章を読まれているあなたにも、

現在何らかの目標があるかもしれません。

 

しかし、大抵それらの目標というものは、

根本的な目的や欲求を間接的に満たすためにあるものです。

 

もう一度、直接的に目的や欲求を達成する方法はないか?と再考するだけでも、

実現・達成するまでのスピードはググッと縮まりますよ!