ユダヤ ビジネス 商売

ユダヤ人の特徴を学びながら、商売を始める方法・ビジネスのはじめ方について解説していきます。ユダヤ人の教典タルムードには、ビジネスに関するノウハウ・知識が集積されていて多くを学ぶことができます。
謎の美女♡
ユダヤ人の特徴・イメージとしては、
商売やビジネスによるお金稼ぎが上手い
といったことを思い浮かべるのではないでしょうか。

ユダヤ人の文化的・歴史的特徴

ユダヤ人は太古の昔から数多くの国々や権力者から迫害を受け、
世界中を転々と逃げ回りながら生きてきた民族です。
謎の美女♡
その結果、物質的なものに価値を見出さずに
いつでもどこでも持ち歩け、搾取・没収されることのない
知識やノウハウといった知的財産を構築・保持することに卓越しています。

こういった点について、私はとても共感したため、
ユダヤ人のことについてより詳しく調べてみることになりました。

というのも、僕自身も元々変わり者で
保育所に入園して集団生活を始めた時から
周りとの違いをさまざまな点において感じていました。

日本においては個人のユニークさよりも
集団の和を重視する傾向があるため、

中学校や高校のクラスなど
所属しなければならなかった集団によっては、

仲間はずれにされたり、
嫌がらせを受けていたこともありました。

この点、ユダヤ人がドイツのナチスを初めとする
さまざまな権力から迫害を受けてきたことと
共通していると感じているわけです。

また、僕自身は物質的なものに関しても
特に価値を感じることがありません。

この世に存在しているものは どんなものであっても
いずれ腐敗したり、劣化していくため長いスパンで見ると
所有をしていてもあまり価値を感じることができないのです。

また、あまりにも多くのものを所有し過ぎると、
所有物によって行動を制限されて身動きが取れなくなることに
とても居心地の悪さも感じています。

 

その一方で、精神的な価値であれば色褪せること無く、
いつでも幸せな気持ちを感じさせてくれます。

例えば、僕は海外旅行が趣味だからこそ
現在は世界を周遊しながら生活していますが、

海外旅行先でできた思い出はいつだって心の中で
記憶として人生を豊かにし続けてくれます。

 

さて、少し話がそれましたが、
ユダヤ人の教典であるタルムードには
ユダヤ教の始祖であるアブラハムの教えはもちろんのこと、

それ以降の世代の人々によっても
加筆・修正され続けることで、

天文学や会計学といったさまざまな学問から、
ビジネス・商売のノウハウまで多種多様な
情報が盛り込まれるようになりました。

日本人にはこうした文化的・歴史的な背景はないですから、
どれだけビジネス・商売のセンスに長けた方や
家族経営を行っている家系であっても、

ユダヤ人が途方も無い年月をかけて集積してきた
ビジネス・商売のノウハウや知識の量には到底敵わないのです。

こちらのYoutube動画では、ユダヤ人の教典である
『タルムード』の教えについて短時間で分かりやすく解説されています。

この動画を視聴して頂ければ、
タルムードにはビジネスマンに必須のメンタリティーから

実際に商売をしていく上で必要なビジネス思考まで
かなり広範な内容が盛り込まれていることがご理解頂けると思います。

 

さて、今回は今後起業や開業をして
ビジネスや商売を軌道に乗せていきたいと思って、
このブログ記事を読んでくださっている方もいるでしょう。

ですから、今回はユダヤ人のビジネス・商売ノウハウの中でも
特に肝となる部分についてご紹介・解説していきます。

ユダヤ人の特徴:商売・ビジネスを始める上での2つのポイント

  • ビジネスは小さく始めて、チャンスを掴んで大きくする
  • 人の心理を読み、お金が儲かる仕組みを構築する

商売の初期投資は抑える

ビジネスと聞くと、巨額を投資して派手に
始めるようなイメージがあるかもしれません。

しかし、ユダヤ人でビジネスに成功している方のほとんどは
最初は投資を可能なかぎり抑えて、着実に少しずつ大きくしていっています。

例えば、初期投資を抑えたビジネスとしては以下のようなものがあります。

初期費用がほとんどかからないビジネスの具体例

  • 靴磨き
  • サンドウィッチ売り
  • 不動産の仲介

靴磨きであれば道端に腰掛けて、
靴を磨くために必要な道具さえ揃えれば今すぐにでもできます。

また、サンドウィッチ売りも自分が食べる以上に
余分に作っておけば、お腹が減っている人に買ってもらえます。

そして、不動産の仲介業であれば、
自分自身が不動産を所有する訳でも購入する訳でもなく、
ただ単に情報を横流しするだけでビジネスをすることができます。

このような手段を用いれば、ビジネス・商売を始めるために
巨額な初期費用を準備する必要もないですし、

やる気があれば、中学生の子供だったとしても
すぐに始めることができるものばかりだと分かって頂けたのではないでしょうか。

さらに、初期投資を押さえて商売を始めることには
ビジネスを始めやすいといったこと以外にも
さまざまなメリットがあります\(^o^)/

例えば、ぱっと思いつくだけでも これだけ多くあります。(^^)/

初期投資を抑えて商売を始めるメリット

  1. ビジネスが上手く行かずに巨額の借金が残るリスクがない。
  2. 何度もトライ&エラーを繰り返してビジネスノウハウを蓄積できる。
  3. お金をかけずに小さく始めるから細かい調整や軌道修正ができる。
  4. 小さいビジネスなら他者を介さずに個人規模でできるから意思決定が早い。

ビジネス・商売を小さく始めるだけで、
少なくともこれだけのメリットがあります。

そもそも巨額な資金を投資する必要がないですから、
お金を失うリスクすらないんですし、

小さいビジネスであるからこそ 小回りも効いて、
何度でもトライ・アンド・エラーを繰り返すことができます。

そして、基本的に靴磨きやサンドウィッチ売りなどの
極めて小規模な商売であれば個人で完結できるため、

ビジネスの方向性を変えたり、
商売を工夫してみたりする意思決定も迅速に行えます。

それでは続いて、2つ目のポイントである
人の心理を読み、お金が儲かる仕組みを構築する
ということについて解説していこうと思います。

 

人の心理を読み、お金が儲かる仕組みを構築する

小規模の商売から始めることには、大きなリスクを負わずに
着実に資金を貯めることができるメリットがありますが、
いつまでも小さなビジネスをしていても資産を増やすことはできません。
謎の美女♡
小さな商売を堅実に続けていって、貯めていった資金を最大限活用して、
お金が儲かる仕組みを構築することでユダヤ人は経済的に成功しています。

ユダヤ人が構築したビジネスの仕組みは
現代の日本人であっても每日利用しているものも数多くあります。

プラットフォームビジネス(儲かる仕組み)の具体例

謎の美女♡
ユダヤ人はどんな価値感・文化的背景を持っているいる人々であっても
社会生活を送っていくためには必要不可欠となるプラットフォームを作ることで、
お金が儲かる仕組みを確実に構築していくことに長けています。

例えば、ユダヤ人が構築したプラットフォームとして
一番有名なものには銀行による賃金業があります。

銀行業によって成功を収めた家計としては、
ユダヤ人のロスチャイルド家が特に有名です。

ウィキペディアでも、以下のように銀行業を世界各国で担ったことで
世界的に経済力を持つ家系として隆盛することになりました。

18世紀後半にフランクフルトのゲットー(ユダヤ人隔離居住区)出身のマイアー・アムシェル・ロートシルトが銀行家として成功し宮廷ユダヤ人となった。彼の五人の息子がフランクフルト(長男アムシェル)、ウィーン(二男ザロモン)、ロンドン(三男ネイサン)、ナポリ(四男カール)、パリ(五男ジェームス)の五か所に分かれて銀行業を拡大させた。

銀行であれば、子供でもない限り原則誰でも口座を持っているはずですし、
会社員の給料の振り込みやビジネスにおける金銭のやり取りにおいては
どこの国のどこの会社であっても必要不可欠になっています。

このように、ユダヤ人はどんな人々であっても
確実に必要となってくるサービスを押さえてしまうことで、
放っておいてもお金が入ってくる仕組みを構築しているのです。

他には、銀行ほどの必要性はありませんが、
ダイヤモンドカットや映画業界などのサービスも
ユダヤ人が経営する巨大な企業によって運営されています。

 

映画好きでなくとも、少なくとも一度は
以下のYoutube動画で確認できるオープニングカットを
見たことがあるのではないでしょうか?

こちらは映画配給会社のMGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)が
配給している映画の冒頭で見られるオープニングカットになります。

このMGM(Metro Goldwin Mayor)を創設した
サミュエル・ゴールドウィン(Samuel Goldwin)もユダヤ人です。

このように、国籍や宗教、性別に関係なく
人々が利用するサービスの根幹を押さえてしまうことで、
一定以上のお金を継続的に儲け続けられる仕組みを作っているのです。

また、アントワープでのダイヤモンドカット業もユダヤ系ベルギー人である
ローデウィク・ファン・ベルケン (Lodewyk van Berken)が発明し、
現在においてもユダヤ系起業が支配しています。

アントワープではユダヤ人がダイヤモンドカット業を支配していることが
ウィキペディアでも以下のように記載されています。

アントウェルペンには大きな正統派ユダヤ人(ハレーディー)のコミュニティがあり、そこから「西のイェルサレム」との綽名がある。ダイヤモンド研磨用の円盤 (Scaif) を発明したローデウィク・ファン・ベルケン (Lodewyk van Berken) もユダヤ系ベルギー人であり、この発明によってユダヤ人のダイヤモンドカット職人が多くなり、町もダイヤモンド取引およびカット・研磨の中心として著名になった。

最後に

今回のブログ記事では、ユダヤ人の文化的・歴史的特徴から
失敗しないビジネス・商売の始め方についてご紹介していきました。
謎の美女♡

起業するとなると、最初から
大金を準備しなければならないイメージが有りますが、

必ずしも巨額を投資する必要はなく、
小さな商売から始めることが堅実だということが

ユダヤ人のビジネスの特徴から
分かって頂けたのではないでしょうか。

今回はユダヤ人の特徴をご紹介しながら
商売の始め方について解説していきましたが、

私が現在やっているブログ運営によって
アフィリエイト報酬を稼ぐというビジネスも
リスク無く堅実に稼ぐことができる商売の1つです。

現在私は、このブログとは別に
特化型ブログというものでサービスや商品を紹介して
アフィリエイト報酬(成約料)で生計を立てていますが、

 

もし、今からブログ運営をしたいと感がているのであれば、
まずはトレンドアフィリエイトから初められることをオススメします。

トレンドアフィリエイトでは、
継続的に安定した収益を期待することはできませんが、

ブログ初心者の方であってもすぐに、
アフィリエイト報酬を発生させることができます。

謎の美女♡
トレンドアフィリエイトの
始め方・稼ぎ方に関するまとめページはこちらです。

また、既にトレンドアフィリエイトで
月5万円から10万円ほど稼げるようになった方であれば、

次の段階として特化型ブログによる
制約型のブログアフィリエイトに挑戦してみましょう。

謎の美女♡
特化型ブログによる制約型アフィリエイトに関する
稼ぎ方やネタ選定方法などのまとめページはこちらです。