『お問い合わせフォーム』の効果とは?

WordPressでブログを運営するようになったら、

必ず『お問い合わせフォーム』を作っておきましょう。

 

私の場合は、スパムコメントがほとんどだったために

コメント欄は非表示にしていました。

 

しかし、ユーザーがブログに投稿されている記事に

なんらかの問題点を見つけ出した場合には、

それを私に伝える手段が必要になります。

 

そんな時に『お問い合わせフォーム』を使ってもらえるんです。

 

例えば、ある芸能人について記事を書いていた場合に

記事の中で間違った情報を書いてしまったとします。

 

そんな記事を見たら、

その芸能人の大ファンは頭にきてしまいますよね。

 

そういった苦情のメールなども来るようになるので、

すぐに記事内容を修正するようにしていました。

 

さらに深刻な問題になると、芸能人の所属事務所から

『この情報は後悔しないでくれ』といった抗議のメールが届くこともあります。

 

もしこのメールを送る手段がなければ、

芸能事務所は警察やGoogleに通告するかもしれません。

そんな状況になったらブログの運営が最悪できなくなってしまいます。

 

『お問い合わせフォーム』を設置しておくことが

どれだけ重要かわかってもらえましたか?

 

それではさっそく設定方法を見ていきましょう。  

 

『お問い合わせフォーム』の設定方法を解説!

『Contact Form 7』をインストールして有効化する

まずはContact Form 7 を

WordPressサイトにインストールして有効化しましょう。

 

プラグインのインストール方法は

こちらの記事で解説していますので、参考にしてください。

 

WordPressプラグインのブログへの導入方法

 

Contact Form 7 をインストールして有効化した後に、

ダッシュボードに『お問い合わせ』というメニューが表示されます。

contact form7,お問い合わせフォーム  

『お問い合わせフォーム』の作成方法

それでは続いて、『お問い合わせフォーム』を作成していく方法を解説しています。

 

『お問い合わせ』から『コンタクトフォーム』へ移動すると

以下のような画面が表示されます。

 

そうしたら、画像の中で赤ワクで囲われているコードをコピーしてください。

contact form7,コード

それでは次に、『お問い合わせフォーム』を表示させるページを作っていきます。

 

『お問い合わせフォーム』は基本的にサイトの

どこにでも設置することができますが、

 

ウィジェットかグローバルエリアが目に付きやすいのでオススメです。

 

今回はグローバルエリアに

『お問い合わせフォーム』を作成する方法をご紹介します。

 

グローバルエリアに表示されている記事は、

『固定ページ』として投稿されている記事なので、

 

『固定ページ』から『新規作成』へ移動して

『お問い合わせフォーム』を設置する記事のタイトルを決定しましょう。

 

『お問いあわせ』か『Contact』が無難ではないかと思います。

contact form7,お問い合わせ

『お問い合わせフォーム』を設置する記事のタイトルを決定したら、

続いて記事本文に先ほどコピーしたコンタクトフォームのコードをペーストします。

 

ただし、コードを貼り付ける際には『テキストエディタ』に

記述方式を変更していることをしっかり確認してくださいね。  

contact form7,テキストエディタ

『お問い合わせフォーム』の設置は以上で完了です。

 

『お問い合わせフォーム』を設置した記事を表示させると、

このようなお問い合わせフォームが表示されるようになっています。

お問い合わせフォーム

他にもおすすめなプラグインを紹介しているので、

是非こちらの記事を参考にしてインストールしてみてください。

 

『厳選プラグイン』インストールすべきプラグインを紹介