浪人 予備校 バイト

大学受験のために浪人する人は数多くいますが、その中には予備校での勉強とバイトを平行して行っている浪人生もいます。そこで、今回のブログ記事では、浪人生活中は予備校とバイトを並行すべきなのかどうか?といったことについて考えていきます。
謎の美女♡

浪人生活を1年間送ると生活費や予備校への授業料などで
少なくとも100万円から200万円ほどはかかることになります。

そのため、金銭的に厳しいながらも
どうしても希望の大学に行きたいと願う学生の中には、
予備校での授業とアルバイトを平行して行っていく人々もいます。

今回のブログ記事で得られる情報
  • 予備校の勉強とバイトを両立した成功・失敗パターン
  • 浪人生活中に優先すべきこと・心がけるべきこと

それではまず、浪人しながらバイトをしていた予備校の友人について紹介しつつ、
予備校とアルバイトを両立させて成功&失敗したパターンと理由を解説していきます。

浪人しながらバイトをしていた予備校の友人

僕自身も1年間の浪人生活を経験していますが、
予備校時代にはバイトを勉強と平行していた友人が何人かいました。
謎の美女♡

その中でも、浪人生活の間に学力を伸ばして私立の最難関大学である
慶応義塾大学や早稲田大学に合格した友人がいる一方で、

バイトと勉強を上手く両立させることができずに、
一年間の浪人生活をしても大学受験で失敗する友人もいました。

今思い返してみると、予備校での勉強とバイトを両立させることで
大学受験において成功した友人と失敗した友人には
以下のような特徴が見受けられました。

成功パターン
  • 浪人生活中の運動不足をバイトによって解消することができていた
  • 浪人生活を規則正しく保つペースメーカーとして機能していた

浪人生活中に予備校の授業とバイトを両立させていた友人の中には、
毎朝早起きして新聞配達のアルバイトしていた人もいました。

彼の場合には、運動不足になりがちな浪人生活の中で
早朝に起きて運動するという規則正しい生活習慣を維持できていました。

そのため、その友人と予備校であった際には
每日頭がリフレッシュしていて活き活きとしていたことを覚えています。

失敗パターン
  • バイトのために予備校での勉強時間が圧迫されてしまっていた
  • バイトで疲れてしまい、集中して受験勉強できなかった

予備校での大学受験勉強とアルバイトを
上手く両立させることができていなかった友人の場合は、

アルバイトのために時間を割いてしまったために
肝心な大学受験のための勉強時間が少なくなってしまったり、

肉体労働のアルバイトのために疲れてしまい、
予備校の授業中にも居眠りしたりと集中できていない日もありました。

浪人生活中に優先すべきこと・心がけるべきこと

浪人生活とは大学受験対策のためにご両親からの支援のおかげで得られた
1年間という貴重な時間だということを自覚することが大変重要です。
謎の美女♡

浪人生活は誰でも望めば得られるようなものではありません。
実際に、守くんの友人の中には現役でMARCHに合格したものの、

第一志望港である慶應義塾大学に行きたいために、
両親に浪人したいと相談していた友人がいました。

その友人のご両親は二人とも銀行で働かれていて 比較的裕福な家庭でしたが、
一年間浪人したとしても最難関大学に受かる保証がないことや

MARCHでも十分に素晴らしい大学だから満足するべきと説得されて、
結局、浪人することを許してもらえませんでした。

このブログ記事を読まれているということは、
今現在、浪人生活をしている、もしくは数カ月後から
浪人生活を始めようとされている方なんだろうと思いますが、

以上のような境遇で、浪人したくてもできなかった人々も数多くいます。
ですから、特別に与えられた1年間という時間は、

あなたのことを信じてくれているご両親のためにも、
浪人したくてもできなかった同級生のためにも、
最大限有効に活用していきたいですね。

予備校での浪人生活する上でのポイント

謎の美女♡
予備校で浪人生活をしているとアルバイトを両立させている学生や
予備校で知り合った異性と恋愛を楽しみながら勉強をする学生もいます。

僕個人の意見としては 必ずしも浪人生活の間に
アルバイトや恋愛を禁止すべきではないと思いますし、

自分で考えて行動できる年齢には達しているはずですから、
自己責任でタイム・マネジメントしながら大学受験に取り組むべきと考えています。

ただし、予備校で浪人するからには、
以下のポイントをしっかりと抑えておく必要があります。

予備校で大学受験浪人する際のポイント
  • 大学受験対策の勉強を一番に優先する
  • バイトや恋愛は大学受験勉強の息抜きとして活用する
大学受験対策の勉強を一番に優先する
謎の美女♡
ただし、ここで勘違いすべきではないことは、
定期的にリフレッシュして息抜きをする時間も意識的に作ることです。

浪人生活の1年間という長丁場での挑戦になりますから、
計画的に学習して、途中で息切れしないように注意することが大切です。

そのため、僕の場合にはアルバイトはしていませんでしたが、
1周間に1回はゲームセンターで1時間ほど思いっきり遊んで
ストレスを発散することを意識的に行っていました。

そのおかげで、1年間という長い間
朝から晩まで勉強漬けの日々を送ったにも関わらず、
ストレスで体調を崩すようなこともありませんでした。

バイトや恋愛は大学受験勉強の息抜きとして活用する
謎の美女♡

バイトや恋愛にのめり込んでしまうのではなく、
受験勉強の息抜きとして活用するのであれば有効だと思います。

僕の場合には、週に1回ゲームセンターで
遊ぶことでストレスを発散するようにしていましたが、

友人の中には毎朝早起きして新聞配達のアルバイトをすることを
受験勉強の息抜きとして活用することができていました。

また、人によっては彼氏や彼女といった大切な人々と時間を過ごすことで
大学受験による精神的な疲れを癒やすことができると思います。

ただし、ここで注意すべきポイントとしては、
できる限り個人で完結する方法でリフレッシュするということです。

なぜなら、自分以外の人間が関与してくると
応援してもらえたりといったプラスの側面もありますが、

例えば、浪人生活中に彼氏や彼女と分かれるようなことになれば、
感情的に大きな負担がかかることになり勉強にも支障が出るはずです。

ですから、浪人生活中のリフレッシュ方法は
できる限りゲームセンターで1人で遊ぶといったように
1人で完結する方法を模索すべきだと考えています。

最後に

今回のブログ記事では、浪人生活中に予備校とバイトを両立するのはアリか?といった内容について考えていきました。
謎の美女♡
浪人生活しているからといって
全ての時間を勉強だけに注ぐことはできませんし、
どれだけストイックな人であっても定期的な息抜きは重要です。

例えば、浪人生活の息抜きや生活のペースメーカーとして
早朝の新聞配達のバイトをするといったことは効果的だと思います。

ただし、もし金銭的に厳しいといった どうしてもバイトで
家計を支えなければならないといった事情がないのであれば、

できれば、受験勉強の合間に
軽い運動などをするに留めておくべきと思います。

アルバイトをすることになると
お金を稼ぐことができるといったプラスの側面もありますが、

その分、出勤して働かなければならないといった責任が生じてしまい、
予備校での勉強に支障をきたしてしまう場合もあるからです。

今回のブログ記事では
浪人生活中に予備校とバイトの掛け持ちはありか?
という内容について考えていきました。

謎の美女♡
また、コチラのブログ記事では浪人生活中に
確保すべき勉強時間の考え方について解説しています。

また、河合塾の公式Youtubeチャンネルでは、
【正しい呼び王生活の送り方】というテーマで動画が公開されています。