ネットビジネス,副業,ノマドワーカー

連休明け月曜日の朝仕事に出かける時に

憂鬱な気分になっている方が多いと思います。

 

そんな方のために、今回の記事では

憂鬱な気分を解消する方法をご紹介していきます。

 

まずは本題に入る前に、

この記事を書いている私自身について自己紹介させていただきます。

 

現在は大学4年生で 2016年9月に卒業した後は、

企業に就職せずに海外周遊旅行に出る予定です。

 

こんなことを書くと、

どこかの御曹司かと思われるかもしれませんが、

 

私の実家はシングルマザーで

母親はホームヘルパーとして働いている一般的な家庭です。

 

それでは、いったいどうして

企業に就職もしないで 好きなだけ海外旅行することができるんだ?

と疑問を持たれる方も多いと思います。

 

そこで、マイペースに楽しく

生きられるようになった経緯についてお話しながら、

 

月曜日の朝を憂鬱を感じずにイキイキとした気持ちで

迎えられるようになる解決策をご提案させていただきます。

 

就職しないことを決めた理由

私が大学3年生だった頃は、まずは一般的な就職をして

とりあえず社会人経験を積もうと考えていました。

 

運良く大手の財務コンサルティングファームにも就職が決まり、

頑張って働けば年収もそれなりに上がることが約束されていました。

 

大学3年生の就職活動が一段落したので、

友人と久しぶりに会って飲み会をすることになりました。

 

その友人も同じコンサルティング業界で既に働き始めていたので

今後どんな仕事をするのか話が聞ける良い機会だなとも思っていました。

 

しかしながら、久しぶりに会った友人に話を聞いてみると

『仕事のやりがいや楽しさ』よりも

 

朝から晩まで働き詰めの労働条件や

暗く張り詰めた職場環境などの話ばかりを聞かされました。

 

こうした仕事の実態を聞いていく中で、

本当にこのまま内定を頂いた財務コンサルに

就職していいものか考える始めるようになりました。

 

この当時に感じたことをストーリーズというサイトに

記事にして投稿したところ週間ランキング1位を獲得しました。

 

ネットビジネス,副業,ノマドワーカー

もし興味を持っていただけたら、

ぜひ以下のリンクからぜひお読みください。

 

大手財務コンサルティングの内定を取り消して、
年収やキャリア採用を捨てた理由

 

そして、内定先に就職すべきか否かを考え続けていく間に

次第に『何のために仕事をするのか?』という疑問を持つようになりました。

 

 

何のために仕事をするのか?

『何のために仕事をするのか?』といった疑問は

考えていて当たり前のような気もしますが、

 

大学3年生の頃の私は、大学を卒業したら

就職するということが常識となって頭の中にあったので

 

そもそもこうした根本的な理由まで

考える機会がありませんでした。

 

就職活動をしていた時期には、

面接官に気に入られるようなことを考えて

 

今まで考えたこともなかったような

『仕事へのやりがい』などを話していましたが、

 

そんなものは、面接官から高い評価を得るために

その場で考えたような薄っぺらいものでした。

 

だから私は、もう一度真剣に

『何のために働くのか』を考え始めました。

 

その結果、プライベートを充実させるために働くべきだ、

という考えに至りました。

 

そして、私は海外旅行が大好きだったので

海外旅行を好きなだけ楽しむために働くのだなと思ったわけです。

 

もし私がお金持ちの家に生まれて、

働かなくても、親のお金で好きなだけ海外旅行できる資金力があれば

私は絶対に働こうなどとは思いませんでした。(^^;)

 

でも、私の実家は一般家庭だったので

好きなだけ海外旅行するためには それだけのお金を稼ぐ必要があります。

 

こんなことを考えているうちに、

次第に財務コンサルに就職する気が失われていきました。

 

なぜなら、コンサルティング業界というのは

社会人1年目からかなりの金額の給料を稼ぐことができますが、

労働時間も長く プライベートを楽しむ時間的余裕がなかったからです。

 

そこで、私はプライベートを充実させるためには、

時間的・金銭的余裕が必要なんだという考えるようになりました。

 

もし人が仕事で働く必要がなければ、

24時間365日という時間をすべて自由に使うことができます。

 

それでも、いくら時間が余っていても

お金がなければ 美味しいものを食べることができないし

大好きな海外旅行をたのしむこともできません。

 

だから、仕事でお金を稼ぐことを通して

時間的余裕と金銭的余裕のバランスを取ることが大事だと感じました。

 

そして、もう一度ゼロから

自分自身の働き方を見直すことにしたのです。

 

月曜日の朝に感じる憂鬱な気分を解消して、毎日を生き生きと過ごす方法

人は生まれながらにして生命が保証されている

地球上でかなり優越的な立場の動物です。

 

そんな立場の私たち人間だからこそ、

『生きる意味』を探求することができると思っています。

 

しかしながら、日本の社会では会社に努めて

プライベートよりも仕事を優先すべきだという常識が罷り通っているので

 

プライベートを仕事よりも優先して

『生きる意味』を追求しにくい環境になっているのです。

 

そんな状態では、仕事に対して

『やりがい』や『情熱』を感じることなんてできっこありません。

 

仕事はあくまで、

プライベートを充実させるための手段であるべきなんです。

 

『プライベートよりも仕事を優先』という考え方から

『仕事はプライベートを充実させるための手段』と考え方を変えるだけで、

きっと仕事へのモチベーションはかなり変わってくるはずです。

 

例えば私の場合であれば、

ビーチで参加費用2万円のウォータースポーツを楽しみたいとします。

 

その2万円を稼ぐためだったら、

いくらでも仕事を頑張ることができます。

 

しっかり仕事をこなして2万円分お金が稼げたら、

ウォータースポーツを楽しめるというご褒美が待っているからです。

 

だから、今この記事を読んでいるあなたも

人生を充実させるための手段として仕事をすることができれば、

 

きっと情熱を持って作業に取り組めますし、

人生をより良く充実させてい生きていくことができるはずです。

 

そして現在、私はパソコンで作業するだけで

インターネットを活用した広告収入を得るビジネスモデルを実践して

時間的余裕と金銭的余裕のバランスをとるようにしました。

 

パソコン作業だけで仕事が完結するので、

会社に通勤する必要はないですし、日本にいる必要すらないのです。

 

だから私は、大学を卒業したら

そのまま海外周遊旅行に出る計画が立てられているのです。

 

一般的な海外旅行ではなく、海外周遊旅行です。

旅行を楽しみながら、同時並行で旅の資金を稼ぐことができるので

特に日本に帰る予定がない限りはずっと海外旅行を楽しめます。

 

憂鬱な気分を感じずに、やりがいを感じて仕事をするためには、

必要な時間だけ働いて 必要な金額だけ稼ぐ、

 

つまり自分のペースで

1日あたりの働く時間を裁量できることが重要だと思います。

 

それでも、一般的な企業に就職すると

基本的に1日に8時間以上の労働が強いられますから、

自分のペースで働くことができなくなってしまうわけです。

 

この点、私が実践しているネットビジネスであれば

パソコン作業する時間や時間帯は完全に自分でコントロールできます。

 

日中から用事があるのであれば、

朝早起きしてそのひのぶんのしごとをおわらせることもできますし、

 

昼間から友人とランチをしたい場合であれば、

ランチを楽しんで 家に帰って少し昼寝してから

夜寝るまでの時間をパソコン作業に当てることもできます。

 

ネットビジネスだけでは、エリートサラリーマンのような

高額な給料を稼ぎだすことはなかなかできることではありませんが、

 

毎日を充実させて楽しく生きていくために必要な金額であれば

1日のスキマ時間を作業に当てるだけで十分に稼げます。

 

私はいくら高い給料が稼げても、

自由な時間がなければ意味が無いと思っているので、

今現在の働き方にとても満足しています。

 

この記事を読まれているあなたも、

もしネットビジネスに興味を持ってくださったら

私の配信している『創職ライフマガジン』をぜひ読んでみてください。

 

働き方を変えて、人生を充実させていくための

きっかけになれれば幸いです。

 

最後まで記事をお読み下さり、誠にありがとうございました。

 

Affiliate Business Community 運営者  守淳史