ゲーム理論 例

『囚人のジレンマ』や『ナッシュ均衡』といった言葉でお馴染みのゲーム理論ですが、
今回のブログ記事では『中国人の割り込み行為の理由』をゲーム理論の観点から考えていきます。
謎の美女♡

中区人の方は日本にもたくさん住んでいますが、
仲良くなって話してみると、

世間一般で言われているようにズル抜かしなどの
モラルに反する行為をするようには思えませんが、
このことについてゲーム理論を使って解説していきます。

こんにちは。創職男子☆の守淳史です。

 

僕は今現在、ランカウイ島にある

Tubotelというホステルで生活しているのですが、

 

4日間ほどスイスからやってきた

バックパッカー3人組とシェアルームをしていました。

ゲーム理論 ナッシュ均衡

ゲーム理論 囚人のジレンマ

その中でも特に、

中国系スイス人のNickとはよく話をしたのですが、

 

以前から気になっていた

中国人の考え方に関する質問をしてみました。

 

ちなみにNickは、

スイス生まれのため国籍はスイス人なのですが、

 

中国人の方はどこの国へ移住しようと、

どこの国で生まれようと自分自身のことは

中国人だと認識しているそうです。

 

『もし、Nickの子供がスイス人だ』

って言い張ったらどうするの?

 

と聞いてみたところ、

何が何でも中国人として自己認識させると意気込んでいました笑

 

という訳で、Nickは国籍上は

スイス生まれのスイス人ではありますが、

精神的なアイデンティティーは中国人であるそうです。

 

そこで、そんなNickにこんな質問をしてみました。

 

中国人のモラルに反した行為の根本にある思考とは?

儒教的な思考だからこそ他人よりも家族を優先する

(以下、質問内容)
————————————————————

中国は古代から世界的に

著名な思想家や哲学者を輩出してきたけど、

 

ほとんどの中国の方は空港とかでもズル抜かししたりして、

モラルに欠ける部分がよく見られるじゃん?

 

これはいったいどうしてなんだろう?

 

中国は今でも貧富の差が拡大し続けていることから考えると

そもそも思想家や哲学者は上流階級の人々のためだけに

思考のエッセンスとかを提供していたのかな?

——————————————————————

ちなみに、中国思想家として孔子が最も有名ですが、

Youtubeでも孔子の名言集などの動画が多数投稿されています。

出典:孔子の名言はすばらしいです
引用元URL:https://www.youtube.com/watch?v=F8KmXytsS2w

 

この質問に対して、NickはGame Theoryの

考え方を用いて分かりやすく応えてくれました

 

(以下、Nickの回答)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まず、中国人の根本には儒教的な考え方があるんだよね。

儒教では社会全体よりもまず、家族を大切にするんだ。

 

だから、列の前方に並んでいる他人よりも

列の後方にいる家族の方を絶対的に優先すべき

っていう考えの下割り込み行為とかが行われてるんだよね。

 

つまり、こういった現象は

家族間同士の利益のせめぎ合いとも捉えられるかな。

 

あと、中国人の中にだってできれば

静かに並んで順番を待ちたい人もいるんだけど、

 

そんなことをしていたら、

いつまでも順番が回ってこないんだよね。

 

ゲーム理論って考え方があるんだけど知ってる?

ある集団の中で20%以上の人間がルールを破って

ルールを守っている人よりも有利な立場になることがあれば、

 

残り80%の人々も不平等に耐え切れずにルールを無視して、

行動をするようになるって理論なんだ。

 

そして、中国であれば明らかに20%以上の人が
他人よりも家族を優先しているから、

 

一般的な社会常識とも考えられるような
ルールを無視して行動しているよね。

 

だから、他の人々も自分の権利を守るために
モラルに反した行動をしなきゃならなくなるんだ。

———————————————————

ちなみに、Wikipediaでは、
以下のように『ゲーム理論』が説明されています。

ゲーム理論(ゲームりろん、英: Game theory)は戦略的意思決定に関する理論であり、より一般的には「合理的な意思決定者間の紛争と協力の数理モデル」を研究する応用数学の一分野である。

出典:ゲーム理論 | Wikipedia
引用元URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/ゲーム理論

このウィキペディアの説明では なんだか分かりにくいですが、

要するに、集団の20%がルールを破って利益を搾取するようなことがあれば、

 

残りの80%の人々もルールを破るようになってしまう

ということを抑えておいてもらえれば大丈夫です。

 

ちなみに、ゲーム理論(Game Theory)において重要な概念である

『囚人のジレンマ(Prisoner’s Dilemma)』については

こちらのYoutubu動画で分かりやすく解説されています。

出典:囚人のジレンマ・ゲーム理論(Prisoner’s Dilemma, Game Theory)
引用元URL:https://www.youtube.com/watch?v=4dsG9GFI0Uk

また、日本語で『ナッシュ均衡』について

分かりやすく解説している動画は見つからなかったので、

 

『ナッシュ均衡(Nash Equilibrium )』についての

海外の動画をご紹介しておきます。

出典:Why do competitors open their stores next to one another? – Jac de Haan
引用元URL:https://www.youtube.com/watch?v=jILgxeNBK_8

というわけで、今までいろいろ
考えてきたことがやっとスッキリしました!

 

ちなみに、Nicも中国に滞在している時には
ズル抜かしといった行動を取ったりするの?と聞いてみたところ、

 

『そりゃもちろん。そうしなきゃやってられないからね。(^O^;)』
と言っていました。

 

たしかに僕も、他の大多数がルールを破ることで
有利な立場になることがあれば、迷わず応戦すると思いました。笑

 

『ゲーム理論の事例として考える!
中国人の割り込み行為』の最後に

さて、今回はシェアルームした中国系スイス人Nickから教えてもらった
中国人割り込み行為についてゲーム理論の視点から内容を記事にまとめました。
謎の美女♡

海外旅行をしていると、日本にいるだけでは

知り得ないようなことを教えてもらえたりできて、

知的好奇心が刺激されてとても楽しいですよね。\(^o^)/

今後も、世界周遊を楽しみながら

旅先で出会った人々との興味深い話についてもご紹介していきますね。

 

ちなみに、中国の方の

最終的な行動についてはともかくとして、

 

まず、社会全体よりも家族などの近い存在の人々を大切にする

という考え方にはとても共感しました。

 

『社会を変えたい!世界の人々を救いたい!』と

主張している方の家庭環境が円満でなければ、

主張には全く説得力を感じませんし、

 

世界的に知られている慈善活動家なども

『裕福な家庭出身』という条件が大前提のような気がします。

 

つまり、まずは自分自身が完全に満たされた上で

家族とも良好な関係を築けていて初めて、

 

第三者である他人や社会に対して奉仕することが

順当な考え方なのではないかと感じています。

 

今回はマレーシアのホステルTubotelで

ルームシェアしたNickとのエピソードについてご紹介しました。

謎の美女♡

守君が2016年8月現在滞在しているホステルTubotelの

詳細情報についてはこちらのブログ記事で詳しくご紹介しています。

<参考サイト>

出典:ゲーム理論 | Wikipedia
引用元URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/ゲーム理論

出典:孔子の名言はすばらしいです
引用元URL:https://www.youtube.com/watch?v=F8KmXytsS2w

出典:囚人のジレンマ・ゲーム理論(Prisoner’s Dilemma, Game Theory)
引用元URL:https://www.youtube.com/watch?v=4dsG9GFI0Uk

出典:Why do competitors open their stores next to one another? – Jac de Haan
引用元URL:https://www.youtube.com/watch?v=jILgxeNBK_8