WordPressに限らず、ブログを立ち上げたら

サーチコンソール(Google Search Console)への

ブログの登録XMLサイトマップの送信は必要不可欠です。

 

WordPressブログを立ち上げた初期の段階で

Google Search Console 上でWordPressブログの所有権の確認

 

XML Auto Sitemaps というプラグインを活用して

XMLサイトマップの送信を完了させましょう。

 

ネットビジネス初心者の方にしてみれば、

いったい何のことを言っているか分からないかもしれませんが、

 

今回の記事で一つ一つ

詳しく解説していきますので、ご安心ください。

 

簡単に一言で説明すると、

運営しているブログがGoogleからどのように認識されて評価されているか

ということを確認することができるようになります。

 

Googleにどのように認識・評価されているかを確認することができれば、

 

もう少しここをこのように変更すれば

検索エンジン上で上位表示されやすくなるはず!

 

といった考え方ができるようになってきて、

運営しているブログのSEOをさまざまな観点から

改善することができるようになります。

 

ブログを運営していく上で必須のツールになってくるので、

このページを参考にして しっかりと作業を完了させておきましょう。  

 

サーチコンソール(Google Search Console)にブログを登録する方法

運営しているブログをサーチコンソール(Google Search Console)に

登録する際には、大きく2つやるべき作業があります。

 

  • Google Search Console上でブログの所有権を証明する
  • XMLサイトマップをGoogle Search Consoleに送信する

 

ブログのURLならブログの運営者でなくとも確認することができます。

だからこそ、しっかりとブログ運営者であることを証明する手続きが必要です。

 

さらに、XMLサイトマップとは サーチコンソールに登録した

ブログに投稿されている1つ1つの記事の関連性や構造を示すものです。

 

例えば、ブログを運営していく過程で投稿していく記事に

カテゴリーを設定したり、リンクを付け加えたりします。

 

こうした記事それぞれの他の記事との関係性を明確にGoogleに示すことで

ブログの評価を高めてSEOを強化することができます。

 

それでは、それぞれの作業内容毎に詳しい方法を見ていきましょう。  

 

Google Search Console(サーチコンソール)上で
ブログの所有権を証明する

Google Search Console の公式ホームページはこちら

 

ここでは、Wordpressブログでの所有権確認の方法を解説します。

 

無料ブログサービスの場合は手順が若干異なるので、

こちらの記事を参考にしてください。

 

 

はてなブログをウェブマスターツールへ登録する方法

gooブログをウェブマスターツールへ登録する方法

SeeSaaブログをウェブマスターツールへ登録する方法

 

 

まずはGoogle Search Console 公式ホームページへ移動して、

Googleアカウントでログインしてください。

 

まだGoogleアカウントを取得していない場合は、

こちらの記事を参考にしてアカウントを取得してください。

 

Google Adsense アカウントの取得方法

googleアドセンス,登録方法

 

Google Search Console の画面にログインすることができたら、

画面右側にある『プロパティを追加』をクリックします。

プロパティを追加

 

そうすると、画面が移動して

ウェブサイトのURLを入力する画面になりますので、

 

そこにGoogle Search Consoleに登録したい

ウェブサイトのURLを入力してください。

 

入力し終わったら、『続行』をクリックします。

続行

 

『続行』をクリックすると、

登録しようとしているウェブサイトの所有権を確認する手続きに移ります。

 

所有権を確認する方法は様々ですが、

個人的に一番簡単な方法をご紹介します。

 

まず、画面が移動したら『別の方法』をクリックします。

 

そうすると、『HTMLタグ』という項目があるので、

それを選択して『確認』をクリックします。


そうすると、所有権を確認するための

『metaタグ』というものが生成されます。

 

この『metaタグ』をウェブサイトの所定の位置に

コピペすることで所有権を証明することができます。

メタタグ

 

『metaタグ』をコピーしたら、

WordPressサイトのダッシュボードに戻ってください。

 

そして、『外観』→『テーマの編集』→『ヘッダー』と移動してください。

ヘッダーphp

 

『ヘッダー』のhtmlを見ていくと、

以下のような</head>という記述を見つけることができます。

 

この記述の真上に先ほどコピーした『metaタグ』をペーストします。

 

ペーストした後に『更新』をクリックしたら、

Google Search Consoleのページへ戻ります。

googlesearchconsole

 

Google Search Console のページ最下部にある

『確認』をクリックします。

確認

 

そうすると、以下のような確認画面が表示されて

 Google Search Console でのウェブサイトの所有権の確認を完了します。

所有権,確認

 

Google Search Console にブログを登録するためには
所有権を確認するという作業が必要な理由とは?

さて、ここまででサーチコンソールへの

ブログ登録を完了させることができましたが、

 

なぜこんな面倒くさい作業が必要だったかというと、

サーチコンソールで取得したhtmlタグをブログのheader.php に貼り付けることで

 

ブログのダッシュボードにログインする

権限があることを証明することができるからです。

 

私がネットビジネスを始めたばかりの頃は、

いったいなぜこんな無意味な作業をしなければならないのか

全く意味がわかりませんでした。(^^;)

 

しかも、この作業で行き詰まって

これだけのために丸一日かけることになってしまいました。

 

そんな私でも、今ならこうして

記事で説明することもできるようになったので、

 

今ここで躓いてしまっていた方も

諦めずに実践し続ければ絶対にできるようになります!

 

ブログのXMLサイトマップを
Google Search Console(サーチコンソール)に送信する

続いて、ブログのXMLサイトマップを

Google Search Console(サーチコンソール) に送信する作業に移っていきます。

 

せっかくGoogle Search Consoleにウェブサイトを登録しても

サイトマップを送信しなければ意味がないので、

しっかりとここまで完了させましょう。

 

まずは、登録したウェブサイトのプロパティ画面に進んでください。

 

そうすると、以下のような画面になりますので、

画面右側にある『サイトマップ』をクリックします。

サイトマップ

 

そうすると、以下の画面に移動するので

『サイトマップを送信する』をクリックします。

サイトマップ,送信

 

そして、ウェブサイトのURL右側にある空欄に

『sitemap.xml』と入力して『サイトマップを送信』をクリックします。

xmlサイトマップ

 

画面が移動した後に、

『ページを更新する』をクリックすると、

ページを更新する

 

送信したサイトマップの状態が表示されて、

右側に『保留』と表示されています。

 

送信した直後は『保留』というステータスでなんら問題ありません。

保留

 

時間が経過すれば、以下の画面のように

送信されたサイトマップが認識されて情報が表示されるようになります。

サイトマップ,表示確認

 

以上でXMLサイトマップの送信は完了です。  

 

Google Search ConsoleとXMLサイトマップのまとめ

Google Search Consoleでの所有権の確認方法は

さまざまなものがありますが、

 

『HTMLタグ』がもっと簡単な方法なので、

ぜひこのページで解説されている方法で設定することをオススメします。

 

また、XMLサイトマップを送信しても

すぐには情報が反映されないことも頭に入れておいてください。

 

まだGoogle Analytics をブログへ導入できていない場合は、

こちらの記事を参考にして設定を完了させてください。

 

Google Analytics のブログへの導入方法

 

Google Search Consoleと Google Analytics の設定が完了したら、

WordPress上にプラグインをインストールしていきましょう。

 

プラグインについての解説やインストール方法については

こちらの記事を参考にしてください。

 

WordPressプラグインのブログへのインストール方法

『厳選プラグイン!』インストールすべきプラグインを紹介!