Google XML Sitemapsは、Wordpressサイトで

記事を投稿した際に素早くGoogleに通知するために必要なプラグインです。

 

新しい記事をウェブサイトに投稿してから、

検索エンジン上に表示されるまでの速度を『インデックス速度』と言います。

 

そして、記事を投稿して早めにGoogleに通知することで

『インデックス速度』を早めることができるようになるのです。

 

このページでは、サイトマップについての基本的な知識と

『Google XML Sitemaps』の設定方法や効果を解説していきます。  

Google XML Sitemaps,サイトマップ

 

Google XML Sitemapsには一体どんな効果があるのか?

記事を投稿してからGoogleの検索エンジン上に表示されるまでの

『インデックス速度』を向上させる効果があります。

 

というのも、Googleにはクローラーというものがあって

インターネット上にあるウェブサイトを絶え間なく巡回しています。

 

そのクローラーに認識されれば検索結果のページに

インデックスさせることができるわけです。

 

そして、特にGoogleクローラーは階層が

しっかりと構築されているウェブサイトを好む傾向にあります。

 

階層が構築されているウェブサイトとは、

投稿されているそれぞれの記事が『カテゴリー』毎に分けられており、

ユーザーが読みたい記事に2回クリックするまでにたどり着ける構造をいいます。

 

サイトマップをあらかじめ作っておけば、

ユーザーはサイトマップからウェイサイト上のどの記事にでもアクセスできます。

 

そのため、構造上はGoogleに高評価を受ける

ウェブサイトを構築することができるということです。

 

Google XML Sitemaps の設定方法を解説

サイトマップを作成して送信するための下準備

続いて、Google XML Sitemapsの設定方法について書いていきます。

 

まずは、プラグイン『Google XML Sitemaps』を

WordPressサイトにインストールして有効化する必要があります。

 

まだプラグインのインストール方法が身についていない方は、

こちらの記事を参考にして『Google XML Sitemaps』を

インストールして有効化してください。

 

WordPressプラグインのブログへの導入方法

 

また、『Google XML Sitemaps』を導入するだけでなく、

サイトマップの送信先である『Google Search Console』と

ウェブサイトを関連付けておく必要があります。

 

ウェブサイトと Google Search Consoleをまだ関連付けられていない方は、

こちらの記事を参考にして関連付けを完了させてください。

 

Google Search Console のブログへの導入方法  

 

Google XML Sitemapsの設定方法

さて、Google XML Sitemaps を使うための下準備は整いましたでしょうか。

 

Google XML Sitemaps を活用してサイトマップを送信するためには、

このプラグインをインストールして有効化するだけでは不十分です。

 

ここから具体的な設定に移っていきます。

 

それではまず、Google Search Consoleへ移動して

サイトマップを送信したいウェブサイトのプロパティをクリックしてください。

 

そうすると以下のような画面に映りますので、

『サイトマップ』をクリックします。

サイトマップ

すると、赤いボタンで『サイトマップの追加/テスト』

というものが表示されるのでクリックします。

サイトマップ,追加,テスト

サイトマップが有効かチェックするためのダイアログボックスが表示されるので、

この空欄にサイトマップのURLを入力しますが、

 

ここに入力するURLをGoogle XML Sitemapsで確認する必要があります。

サイトマップ,URL入力

そこで、Wordpressサイトのダッシュボード画面へ戻り、

『設定』から『Google XML Sitemaps』へ移動します。

 

すると、画面上部に『あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL』

というものが表示されています。

 

この文章の右側に表示されているURLを先ほどの空欄に入力します。

Google XML Sitemaps

正しくサイトマップの送信が完了すると、

以下のような画面へ移動します。

 

右側でステータスを確認することができますが、

送信直後は『保留』となっています。

 

ある程度時間が経てばサイトマップの情報が反映されるので

基本的には放置で構いません。

サイトマップ,反映

以上で、Google XML Sitemapsを活用した

サイトマップの送信が完了です。

 

他にもおすすめなプラグインを紹介しているので、

是非こちらの記事を参考にしてインストールしてください。

 

『厳選プラグイン』インストールすべきプラグインを紹介