GoogleSearchConsole 活用方法

GoogleSearchConsoleの使い方を紹介しているまとめページになります。

GoogleSearchConsoleのブログ運営への3大活用方法をご紹介します。

 

ブログ運営を始めたばかりの初心者の場合は、

とりあえずサーチコンソールにブログを登録して満足する傾向があります。

 

たしかに、ブログを登録するだけでも

Googleからのブログへの評価やSEO改善アドバイスをもらえるといった

さまざまなメリットを享受することができますが、

 

それだけでは、まだまだGoogleSearchConsoleの

本領を発揮しきれてないので とてももったいないです。

 

今回の記事で紹介されている方法を確認して、

日々のブログ運営でぜひ実践していってください。

 

アクセス解析機能『検索クエリ』の使い方

アクセス解析といえば、Googleアナリティクスが主流と考えられていますが、

GoogleSearchConsoleにも超高性能はアクセス解析機能が備わっています。

 

Googleアナリティクスとサーチコンソール

それぞれのアクセス解析機能にはどういった違いがあるかというと、

 

Googleアナリティクスは実際にブログにアクセスしてきた

ユーザーが検索していたキーワードを確認できる一方で、

 

Googleサーチコンソールの『検索クエリ』の場合は、

ブログアクセスに至らなかったユーザーが検索した

キーワードの組み合わせを確認することができます。

 

Googleの公式ホームページでもアクセス解析における

『検索クエリ』の重要性について以下のように書かれています。

検索アナリティクス レポートを見ると、サイトがどれくらいの頻度で Google の検索結果に表示されたかがわかります。レポートのデータは、カテゴリ(検索クエリ、日付、デバイスなど)でグループ化したり絞り込んだりできます。このレポートを以下のような方法で活用することで、検索結果へのサイトの表示頻度を上げることができます。

出典:検索アナリティクス レポート | Google公式ホームページ
引用元URL:https://support.google.com/webmasters/answer/6155685?hl=ja

 

謎の美女♡

GoogleSearchConsoleのアクセス解析機能

『検索クエリ』の使い方についてはこちらの記事を参考にしてください。

 

 

Fetch as Google で記事のインデックス速度を向上させる方法

GoogleSearchConsoleの2つの目活用方法は、

Fetch as Googleを使ったブログキジのインデックス速度を向上させる方法です。

 

いくら頑張って記事を書いても、Googleクローラーというロボットが

ブログ記事をクロールしなければ検索結果画面に反映されません。

 

そして、Fetch as Googleという機能を使って、

ブログに投稿した新しい記事のURLをクロールしてもらえるように申請しておけば、

 

ブログSEOが弱い段階だったとしても、

ほんの数分でブログ記事を検索結果画面にインデックスさせることができます。

 

Google公式ホームページでも Fetch as Googleを活用して、

クロールテストをすることの重要性について以下のように書かれています。

Fetch as Google ツールを使うと、サイト上で Google が行う URL のクロールまたはレンダリングの方法をテストすることができます。Fetch as Google を使用して Googlebot がサイト上のページにアクセスできるかどうか、ページのレンダリング方法、ページのリソース(画像やスクリプトなど)が Googlebot に対してブロックされているかどうかを確認できます。このツールは、Google の通常のクロールとレンダリング プロセスで行われるように、クロールとレンダリングの実行をシミュレーションし、サイト上のクロールに関する問題をデバッグする際に便利です。

出典:ウェブサイト用 Fetch as Googleを利用する | Google公式ホームページ
引用元URL:https://support.google.com/webmasters/answer/6066468?hl=ja

 

謎の美女♡

Fetch as Googleを活用して、記事のインデックス速度を向上させる方法は

こちらの記事を参考にしてください。

 

Google XMLサイトマップを送信して
Googleからの評価を高め、ブログ記事のクロール漏れも防ぐ

ブログに記事を投稿した場合には、

基本的にはその都度 Fetch as Googleでクロール申請を出すべきですが、

 

GoogleSearchConsoleに登録したブログのXMLサイトマップを

送信しておくことでGoogleにブログの構造を提示することで、

Googleからの評価を高めてブログSEOを強化することができます。

 

Googleは階層構造がしっかりと構築されている

ブログを高評価する傾向にあります。

 

そして、XMLサイトマップとは

サイト全体の構造を表示する目次のようなものなので、

これを送信することでGoogleのブログ評価基準を満たすことができます。

 

また、Googleクローラーはページに貼り付けられているリンク経由で

インターネット上のウェブページをクロールしていくので、

 

ブログのサイトマップを表示させて、

ブログに投稿されている記事全てのリンクを1つのページにまとめることで

Googleからのクロール漏れを防ぐことができます。

 

さらに、サイトマップを送信しておくことで

ブログ記事に関する情報をより詳細にGoogleに伝えることができます。

 

メタデータを活用してブログ記事の詳細情報を提供する

重要性についてもGoogle公式ページでは以下のように書かれています。

サイトマップとは、サイトのウェブページのリストを指定して、Google や他の検索エンジンにサイトのコンテンツの構成を伝えるファイルです。Googlebot などの検索エンジンのウェブクローラは、このファイルを読み込んで、より高度なクロールを行います。

また、サイトマップでは、そこに指定するページに関する有益なメタデータを提供することができます。メタデータとは、ウェブページの最終更新日、更新頻度、サイト内の他の URL と比較した相対的な重要度などの関連情報です。

出典:サイトマップについて | Google公式ホームページ
引用元URL:https://support.google.com/webmasters/answer/156184?hl=ja

 

謎の美女♡

GoogleSearchConsoleへのXMLサイトマップの送信方法は

こちらの記事を参考にしてください。

 

GoogleSearchConsoleの使い方!3大活用方法のまとめ

今回の記事では、GoogleSearchConsoleを

ブログ運営で活用するための使い方を3つご紹介しました。

 

ブログ運営を始めたばかりの初心者の場合は、

ブログをGoogleSearchConsoleに登録するだけで満足してしまうことが多いので、

 

是非今回の記事内容を参考にして、

日々のブログ運営でGoogleSearchConsoleを最大限に活用していってください。

 

それでは、今回の記事内容はこれで以上になります。

最後までお読み下さり、誠にありがとうございました。

 

Affiliate Business Community 運営者 守淳史

 

<参考サイト>

出典:検索アナリティクス レポート | Google公式ホームページ
引用元URL:https://support.google.com/webmasters/answer/6155685?hl=ja

出典:ウェブサイト用 Fetch as Googleを利用する | Google公式ホームページ
引用元URL:https://support.google.com/webmasters/answer/6066468?hl=ja

出典:サイトマップについて | Google公式ホームページ
引用元URL:https://support.google.com/webmasters/answer/156184?hl=ja