見出しタグ 使い分け

ブログ記事の見出しタグ(H1・H2など)を適切に使い分け設定することで、

ブログのユーザビリティを向上させたり、SEO効果を期待できます。

 

ブログ運営初心者の場合は

知らず知らずのうちに見出しタグを不適切に使ってしまって、

 

ブログ記事の文章を読みにくくしてしまったり、

Googleからの評価を低めてSEOに逆効果になってしまう場合もあります。

 

そこで、今回の記事で しっかりと見出しタグの使い方をマスターしてもらい、

これからのブログ運営にしっかりと実践していって頂けたらと思います。

 

見出しタグとは?

今までブログ記事を読んでいく中で、

大きめの装飾がなされた分を見たことがあると思います。

 

私のブログの場合であれば、

以下のような装飾が施されたものが見出しタグになります。

Screen Shot 2016-04-15 at 15.34.53Screen Shot 2016-04-15 at 15.35.10

 

 

 

 

基本的に、見出しタグで囲われた部分は

周りの文よりも大きく表示されるようになります。

 

見出しタグのhtmlコード

htmlコードでは、以下のコードで囲うことで

見出しタグを設定することができます。

・<h1>….</h1>

・<h2>….</h2>

・<h3>….</h3>

 

テキストエディタを使ってブログ記事を書く場合には、

見出しタグとして使いたい文を上記のタグで囲んでいくことになります

 

また、ビジュアルエディタで見出しタグを設定していく場合には、

ブログ編集メニューの『段落』をクリックして設定したい見出しタグを選択します。

 

もし、ブログ編集メニュー上に『段落』がなければ、

Tiny MCE Advancedを使って編集メニューをカスタマイズしましょう。

 

Tiny MCE Advancedの設定方法はこちらからご確認下さい。

ビジュアル・テキストエディタのメニュー編集ならTiny MCE Advanced!

 

見出しタグを設定する効果

見出しタグを設定することで 大きく2つの効果を期待することができます。

  • ブログ記事の重要キーワードをGoogleに認識させられる
  • ブログ記事が読みやすくなる

 

それではまず、1つ目のメリットから詳しく解説していきます。

Googleはブログ記事のタイトルや記事内で使われているキーワードから

ブログ記事と特定のキーワードとの関連性を見定めています。

 

そして、関連性が高く 記事内容も良質だと判断されたブログ記事は

検索結果画面でのブログ記事の表示順位が高まっていく傾向にあります。

 

ブログ記事の中で最も重要視されているポイントはタイトルになりますが、

見出しタグの選択部分も ブログ記事における重要なポイントとして認識されます。

 

そのため、見出しタグで選択する部分に重要なキーワードを盛り込むことで、

より一層 特定のキーワードとブログ記事との関連性を高めていくことができます。

 

また、Googleは階層構造がしっかりと構築されている

ブログ記事を高く評価する傾向にあります。

 

これはブログ記事毎にだけではなく、

ウェブサイト全体でも言えることです。

 

例えば、ウェブサイトの中でも 特にサイトマップを表示することで

ウェブサイト全体の階層構造が示されている方が評価されます。

 

見出しタグをブログ記事内で適切に活用することで、

ブログタイトル・見出し・小見出しといった階層構造を作ることができます。

 

続いて、ブログ記事が純粋に読みやすくなるというメリットがあります。

ブログ記事に限らず 文章を書く際には基本的にテーマごとに段落分けをします。

 

見出しタグを活用することで、

視覚的に文章を意味のまとまり毎に分けることができます。

 

さらに、階層構造出すことで

段落ごとの意味の繋がりも明確に示すことができます。

 

見出しタグを設定する際の注意点

見出しタグを適切に設定することで、

ユーザビリティーを向上させたり SEO効果が期待できますが、

 

Googleの評価基準を念頭に置きながら活用しないと、

SEO効果が期待できるどころが逆効果になってしまうこともあります。

 

見出しタグをブログ記事で活用していく上では

大きく3つ注意するポイントがあるのでチェックしておきましょう。

 

階層構造を意識して見出しタグを活用する

見出しタグを設定すると、設定された部分が

CSSで装飾されて大きく表示されるようになります。

 

そのため、ブログ運営初心者の場合は

SEOやユーザビリティーという観点ではなく、

 

単純に文章を装飾する方法として

見出しタグを使ってしまうことが多々あります。

 

見出しタグの使い方によっては

表面的には綺麗に表示されるかもしれませんが、

 

そもそも見出しタグは Googleにブログ記事の階層構造を示し、

重要なキーワードを示すためのものですので、

 

Googleは見出しタグによるスパムだと判断して、

ブログ記事、もしくはウェブサイト全体の評価をさせてしまいかねません。

 

そのため、もしブログ記事の文章を装飾したい場合には、

太字やイタリック体、そして蛍光ペンなどの機能を使って装飾しましょう。

 

見出し1は1ページあたり1つしか設定しない

基本的に見出しタグはブログ記事内で何個でも設定することができますが、

『見出し1』は記事内に1つだけ設定するようにしましょう。

 

見出し1は、本で例えるならば タイトルのような役割を持っています。

1つの本に2つ以上タイトルがあると読者は混乱してしまうはずです。

 

基本的に、Wordpressの有料テンプレート『賢威』を使われている場合であれば、

記事タイトルが『見出し1:H1タグ』として設定されるようになっているはずです。

 

さらに、記事タイトルの中でも特に検索される

キーワードに特化してH1タグを設定したい場合には、

 

ページ編集画面の『<h1>の文字』という部分にキーワードを設定することで

自由に『見出し1:H1タグ』を設定することが可能です。

 

記事タイトルをそのまま見出し1として使うよりも、

実際にアクセスに結びついているキーワードの組み合わせをH1タグにした方が

より一層ブログアクセスを高めることができます。

 

ブログアクセスに結びつくキーワードの組み合わせを確認するには、

ウェブマスターツールの『検索クエリ』機能がオススメです。

 

『検索クエリ』の使い方についてはこちらの記事を参考にして下さい。

検索クエリの使い方!サーチコンソールを活用したアクセス解析

 

順番通りに見出しタグを設定する

見出しタグをブログ記事内で設定していく際には、

見出し番号が小さい順から設定していくようにします。

 

見出し1

 見出し2

  見出し3

  見出し3

 見出し2

  見出し3

  見出し3

 見出し2

  見出し3

  見出し3

 

例えば、上記のような形で見出しタグを設定していくことが望ましいです。

1つのブログ記事を書き上げて見出し一覧を確認した際に、

綺麗に本の目次のようになっていることを意識しましょう。

 

見出しタグを付ける際のポイント

さて、続いては効果的な見出しをつけるコツについてご紹介していきます。

 

見出し内容が分かりやすい

見出しタグで設定する部分は、

可能な限り内容を分かりやすく表現するようにします。

 

長い文章のまとまりの上に見出しタグを設定することで、

文章全体で何を伝えたいのか大まかなメッセージを伝えることができます

 

しかしながら、長々とした文を見出しタグとして設定してしまうと、

せっかくの文章内容を簡潔に伝える役割が果たせなくなってしまいます。

 

可能な限り体言止めで分かりやすくする

分かりやすい見出しタグを設定する際のコツとしては、

体言止めで書くということがあります。

 

例えば、『見出しタグを活用するコツとは?』という見出しよりも、

『見出しタグを活用するコツ』という風に体言止めで表現するほうが

簡潔にメッセージを伝えることが可能です。

 

しかし、内容によっては体言止めにすることで

表現が不自然になったり分かりにくくなることもあるので、

伝わりやすい表現を念頭に置きながら 試行錯誤していきましょう。

 

キーワードを見出しに盛り込む

見出しタグに上位表示を狙っているキーワードを盛り込むことによって、

ブログ記事と特定のキーワードとの関連性を高めることができます。

 

例えば、この記事では『見出しタグ』について書いているので、

記事タイトルにはもちろんのこと 見出しにも数多く

『見出し』というキーワードを含めています。

 

ブログ記事の関連キーワードで最重要視される部分は記事タイトルになりますが、

見出しタグも記事タイトルの次に重要なポイントとなっているので、

ぜひ積極的にキーワードを盛り込むように工夫するようにしましょう。

 

見出しタグの使い分けと設定方法のまとめ

今回の記事では、ブログ記事における『見出しタグ』の設定方法から

SEOやユーザビリティーにおける効果についてご紹介しました。

 

見出しタグを設定する上では、

不適切な活用をしてGoogleから低評価を受けないよう注意が必要ですし、

 

ブログ記事の意味のまとまり毎に

分かりやすい見出しをつけることも大変重要です。

 

ぜひ、今回の記事を何度も読んで頂いて、

『見出しタグ』をユーザビリティー向上・SEO強化に最大限活用して下さい。

 

今回ご紹介した方法以外にも ブログのSEO強化ノウハウをまとめていますので、

ぜひこちらのページもチェックしてみてください。

【内部・外部SEOの決定版】SEOを極める!

 

今回の記事内容はこれで以上になります。

最後までお読み下さり、誠にありがとうございました。

 

Affiliate Business Community 運営者 守淳史