海外旅行でのヒッチハイクの方法とコツ
〜場所によっては女性一人だと危険?〜

今回はノルウェーで海外旅行していた際に実践した

『ヒッチハイクの方法とコツ』をテーマに、

 

ネットビジネスと企業の営業活動の共通点や違いについて

お話ししていこうと思います。

 

私は大学3年生時にニューヨークへ交換留学へ行っていたのですが、

2014年5月に留学期間が終了すると同時に、

9月までの4ヶ月の間、奨学金を使いながらずっと海外旅行を楽しんでいました。

 

というのも、アメリカの大学と日本の大学では学期の開始・終了時期が異なっており、

留学先の大学の学期が5月に終わってから

慶應大学の学期が始まる9月までの4ヶ月間ずっとフリーだったからです。

 

そんなわけで、4ヶ月の海外旅行生活の中で

最初に訪れた国がノルウェーでした。

 

ノルウェー,海外旅行

なぜノルウェーに行くことになったかというと、

留学中に特に仲良くなったダリアスという友人に誘われたことがきっかけでした。

 

ダリアスとは、留学先のジムで

同じ時間帯に運動していたことがきっかけで話すようになりました。

 

ダリアスっていう名前を聞くと、

いかにもムキムキで男性ホルモンMAXなイメージなんですが、

 

最近日本でもブームになっているマツコ・デラックスを先取りしたような

まさにオネエ系のかなりキャラの立っている学生でした。

 

ダリアス,オネエキャラ

ちなみに、結構オネエ疑惑があったので、

私が『デンジャラス・ダリアス』というあだ名をつけたところ、

留学先の大学でバズりました。。。

 

大学の食堂でもよく一緒に食事していましたが、

かなり大柄なのにアイスクリームを小さなスプーンでちょびちょび食べたり、

 

大学のジムで一緒にランニングマシーンで走っていた際には、

『oh yes!』とか言いながら両手を広げてオネエ走りしていたり、

 

海外旅行をしていた際も自撮りがかなり好きで、

女子顔負けの上目遣いでセルフィーフォトをパシャパシャ撮ってました。

 

海外旅行先でヒッチハイクをすることになったキッカケ

そんなダリアスと一緒にノルウェーを旅行することになったのですが、

二人には『カウチサーフィンを極める』という共通の目的がありました。

 

カウチサーフィンとは、

あらかじめFacebookのようなコミュニティで友達を作り、

旅行中などに友人宅近くに来ることがあれば泊めてもらうことができるサービスです。

 

利用者がホスト(泊める側)とカウチサーファー(泊まる側)に分かれて、

旅行中にカウチサーファーとして泊めてもらったり、

ホストとして旅行者を受け入れたりすることができます。

 

そこで、ノルウェーのような北欧諸国だと物価がかなり高いので、

『カウチサーフィンのサービスを使って宿泊費を浮かそう!』

ということになりました。

 

ノルウェーには1週間滞在したのですが、

たった1週間の間になんと4人のホストにカウチサーフィンさせてもらいました。

 

あるホストの自宅は、ノルウェーの見所でもあるフィヨルドの近くにあり、

ホストのご好意でフィヨルドでカヤックを楽しむこともできました。

 

フィヨルド,カヤック

 

カヤック,ノルウェー

 

ダリアスとどっちが早く漕げるか勝負したんですが、

ダリアスはいつも両手を広げてオネエ走りしているだけあって、

 

進む時に左右に大きく揺れるので

バランスを崩して転覆していました。(^^)

 

転覆したカヤックから引っ張り上げる際に、

ダリアスが軽く上目遣いで見てきた時は正直気持ち悪かったです。(笑)

 

 

こういった感じで、

ノルウェー旅行中はホストに泊めてもらうために

いろんな地域を行ったり来たりしていました。

 

お互い学生ということもあり、

可能なかぎり宿泊費だけでなく様々な費用を節約していました。

 

例えば、食費を浮かすためにピザ食べ放題のお店に入って

テーブルに置いてあるティッシュで包んで持ち帰ったり。。。

 

ピザを持ってくるシェフたちも、

作ったばかりの大きな一枚のピザが

一瞬で消え失せて慌てふためいていました。。。

 

他にも、泊めてくださったホストから人参を恵んでもらい、

その人参をキッチンペーパーに包んで持ち運んでいました。

 

ノルウェー,観光地

観光地の撮影スポットで人参をカリカリしていたところ、

気の毒に思ってくださった方がポテチを数枚恵んでくださり、

ポテチをおかずに人参をポリポリしていました。

 

ポテチ,人参

このように、旅行費用を浮かせることを考え続けた結果、

移動費もヒッチハイクで浮かせてみようということになったのです!

 

 

少し前置きが長くなってしまったので、

今日はここで一旦記事を終わらせようと思います。

 

次回の記事では、

ヒッチハイク一発目でBMWに乗せて頂けた理由

企業の営業活動との共通点や違いについて言及しながらお話ししていこうと思います。

 

今日は脱線したまま記事が終わってしまいましたが、

明日投稿する記事ではしっかり本題をお伝えしていきますので乞うご期待ください!

 

今日も最後まで記事をご覧くださいまして、

誠にありがとうございました。(^^)

 

Affiliate Business Community 運営者 守淳史