• 過度なストレスがうつ病をひきおこす
  • パソコンやスマホが危ない
  • うつ病をそのまま放置すると

うつ病とは過度のストレスや環境変化、精神的・肉体的バランスなどの理由から脳の機能障害が引き起こす病気といわれます。

うつ病は脳の機能がうまく働かないので何事も肯定的に考えることができず自分一人がダメ人間であると考えてしまい、ストレスが鬱積し重度のうつ病になる恐れがあります。

日々の生活のなかで、なんとなくしっくりしなかったり心が重く憂鬱な日々が長引く場合はうつ病のサインかもしれません。

 

多忙な日々を送っている現代人にとってうつ病は深刻な問題です。うつ病は現代人にとって誰でもかかる可能性のある病気です。

うつ病とはどんな病気?

うつ病は誰でもかかる可能性のある病気です。多忙な日々を送る現代人にとってはもはや他人事ではありません。

 

医療調査によると13人に1人が生涯のうちにうつ病を経験するといわれます。

 

しかし、うつ病は本人にとっては大変で深刻ですが、周りからすると気付きにくく放置されがちになります。

 

過度のストレスや環境の著しい変化、精神的・肉体的バランスの崩れなどがうつ病を引き起こす原因とされています。

キャラ

過度のストレスや環境の変化に注意

孤独感でうつ病になる独身が急増?

環境要因と身体的要因はうつ病を引き起こす2大要因といわれます。

 

環境要因は例えば、仕事でのストレスや人間関係でのトラブル、引っ越しや結婚、家庭内不和、家族や近親者の死亡からくるもので、身体的要因とは疲労やホルモンバランスの変化、血行障害や感染症、出産後や月経前、更年期などがあげられます。

キャラ

ただし、うつ病は1つの原因のみで発病するものではありません。

何事も自身の許容を超えて頑張りすぎる人、まじめで人一倍責任感が強く周囲からの評価が高く信頼されている人がかかりやすいといわれます。

 

うつ病を発症すると何事にも否定的な思考が働き、自分を責めたり過去を後悔したりする傾向があり一人の殻にとじこもりがちになります。

 

実際に、「うつ」を感じた人の大半は「孤独感」を感じており話相手もいない状態ではますます孤独感が高まります。

 

うつ病にかかると日没後には孤独感、焦燥感、自己憐憫、不安感などやるせない気分が急に貴方を襲うことがあり、自分一人が世の中から疎外されているような孤独感から最悪の場合は死にたいと感じることもあります。

 

このような孤独感はうつ病をさらに悪化さ深刻な状態に加速させる恐れがあります。うつ病が深刻な状態になった場合、貴方一人で考え込んでも何も解決はしません。

 

深刻な状態になる前に集団やグループに交わる努力と職場仲間や友人またはご家族間での会話を自ら積極的に行うようにしましょう。

キャラ

パソコンやスマホはほどほどに

パソコンやスマホがうつ病の原因になる?

貴方は楽しいことやや悲しいこと、感動したことや考えさせられたことなど日々自身が感じたことを伝えられる人が身近に居ますか?もし、そのような人が身近に居ないのならうつ病にかかる危険度はますます高くなります。

 

人は日々の出来事や感じたこと、自身の胸に溜まっている「思い」を他人に伝えることによって一種の爽快感を覚えるのです。いわばストレス解消ですね。しかし現代人はこのようなストレスがなかなか解消できません。

 

近年急速に普及したパソコンやスマホがうつ病発症率を高めているといわれます。パソコンやスマホの普及により、近年若年層の方々は集団やグループの交わりが年々減少し、コミュニケーションが乏しくなっています。

 

もちろん人は大なり小なりストレスがあります。このストレスを内に溜め込むのではなく適度に発散することにより心と体のバランスが保てるのです。ちょうどコップに注がれるお水を想像してください。コップにお水が一杯の状態では新たにお水を注ぐとあふれます。

 

つまり一定量を外に出さないとバランスが保てません。人間の心と体も同じでストレスを一定量吐き出さず溜め込んでばかりいるといつかパンクします。

 

このように集団やグループに交わらず一人で居るのが好きな若年層が年々増えておりこれらがうつ病の発症を加速させる要因ともいわれています。

 

貴方は大丈夫ですか?もし、貴方が「うつ病?」と感じたのならスポーツジムや近所の散歩などの適度な運動、読書や音楽鑑賞あるいは映画鑑賞など自身に合ったストレス解消法に取り組み初期段階で対処することを心掛けてください。

キャラ

初期段階で適切な解消法を身につけることが大切です。

うつ病をそのまま放置すると?

症状が悪化するほど治りにくくなる

うつ病は他の病と同じく、放置すると次第に悪化していきます。

 

つ病は薬による治療法と心理的治療、自己の努力をバランスよく合わせた治療法が効果的といわれますが、一度悪化した状態で治療をしてもなかなか成果が上がらず治るまでの期間を要します。

キャラ

うつ病の初期段階では自己の努力と積極的な取り組みである程度回避することができます。

但し、何もする気がしない、楽しく感じないなど暗く落ち込んだ気持ちが2週間以上続いたり、夜眠れず昼間に睡魔が襲う日々が長く続く場合はうつ病だと疑い医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

 

早めに専門家に相談する

医学統計によればうつ病にかかった4人のうち3人は医師の治療や専門家への相談をしないとされています。うつ病の発症は本来、高齢者と女性の割合が高いとされましたが、近年は若年男性の発症率も高くなっているのが現状です。

 

特に会社勤めで多忙を極める独身男性がうつ病を発症するケースが現代の特徴ともいわれます。うつ病が悪化する前に自身の状態と向き合い、冷静に分析したうえで自身に合った解消法を考えましょう。

キャラ

趣味や楽しみを見い出すのも一つの解消法

うつ病の症状を解消するには?

定期的に息抜きしてストレスを溜め込まない

まずはストレスをためないことです。気分の落ち込みややる気が出ないときは人間誰でも多少は経験するものです。ちょっとした気分の落ち込みは数日もすれば回復するでしょうし、飲み会やカラオケなどで発散することができます。

 

しかし、気分の落ち込みややる気が出ない状態が長引く場合はうつ病初期段階の疑いがあります。このような場合の解消法として一番手っ取り早いのは趣味や自分の楽しみを見つけるのがいいですね。

 

週休2日制の会社勤めの方であれば2日間の小旅行なんかも気分転換になっていいのではないかと思います。うつ病初期症状を解消するには、まず物事を肯定的に捉え決して後ろ向きの発想をしないことです。

 

神経質に考えすぎない

また何事も突き詰めて考えるのではなく、柔軟な考えを持って物事の優先順位をアバウトに決めて対応することです。仮に自分のイメージ通りに事が進まなくてもイライラせず、楽しみながら物事の進捗具合を見ましょう。

 

一人になる時間が多い夜間は、孤独感を感じやすいので既婚者の方なら夫婦間の会話や家族の会話をなるべく多くすることです。

 

独身の方であれば飲み会やお付き合いに積極的に参加し1人になる時間がなるべく少なくなるような取組みを行ってみてはどうでしょうか。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。うつ病は誰にでもかかる病気ですが、初期段階では自身の努力と積極的な行動で解消することができます。

「うつ病?」と感じたら、まずは十分な休養をとって心と体をリラックスさせ冷静に要因を分析しましょう。

貴方の生活のリズムが速いのであればややスローに、物事の考えが几帳面であればややルーズさも取り入れたりする工夫をしてみましょう。

 

仕事面で常に完璧を求めるのではなく少々のミスや遅れは許し、決して自分を責めないことです。世の中には完璧な人はいませんしミスをしない人もいません

 

貴方1人が世の中から疎外されているような孤独感を感じる必要もありません。貴方なりの予防法と解消法を見つけどうかうつ病とは無縁の健康で穏やかな日々が続きますように。