Lazy Loadは画像の読み込みを制限することで
ウェブページの表示速度を向上させられるプラグインです!

設定方法が若干難しいために正常に動かないこともあるので、
インストールから使い方までご紹介していきます!

謎の美女♡

画像や動画コンテンツをブログ記事に挿入して、

適切な設定をしておけばSEO効果が期待できるけど、

 

画像や動画のサイズがあまりにも大きすぎると

ページの読み込みに時間がかかってユーザビリティーが下がるから、

Lazy LoadやEWWW Image Optimizerとかを使って読み込みの負担を減らそう!

 

EWWW Image Optimizerを使って
画像サイズを圧縮する方法はコチラの記事を参考にしてね!☆

今回のページでは『Lazy Load』

設定方法と使い方といった基本的な方法についてご紹介していきます。

 

Lazy Loadの機能っていったいどんなもの?

Lazy LoadというWordpressプラグインをインストールすると、
ウェブページ上の画像を読み込む範囲を指定することができるようになります!

画像を読み込む範囲が狭くなれば、
それだけページの読み込みに掛かる負担が減って表示速度が向上します!

謎の美女♡

いくら記事タイトルが魅力的で

読んでみたいブログ記事が見つかっても、

 

ページの読み込みにあまりにも時間が掛かり過ぎると、

ユーザーがサイトから離脱してしまうリスクもあるから要注意!

『Lazy Load』とは、表示するウェブサイト上の

画像や動画の読み取りを制限するプラグインです。

 

読み込む情報を制限することによって、

ウェブページの表示速度を向上させて

ユーザービリティーを改善できます。

 

Lazy Loadのインストールから有効化までの手順

Lazy Load のインストール方法から基本的な設定方法をご紹介していきます!

Lazy Load の設定変更はダッシュボード上の『設定タブ』ではなく、
htmlコードを書き換える必要が有るため若干複雑になっています!

まずは Lazy Load 

インストールして有効化していきましょう。

 

プラグインカテゴリーから

『新規追加』を選択して、Lazy Load を検索します。

 

インストールしたら、

『有効化』することを忘れないでください。

 

有効化が完了すると、プラグインカテゴリーの

『インストール済みプラグイン』から Lazy Load を編集することができます。

 

Lazy Load は、有効化するだけで読み込み制限を

自動的に適用させることができます。

 

さらに、設定を変更することで

読み込み速度や読み込む範囲を選択することができます。

 

以下では、こういった詳細設定の方法について解説していきます。

LazyLoad,設定方法

Lazy Load の『編集』をクリックすると、

以下のような画面に移動します。

 

右側に表示されているプラグインファイルに

『lazy-load/jslazy-load.js』という項目があるのでクリックします。

ネットビジネス,月収10万

 

クリックすると、

以下のような画面に移動します。

LazyLoad,表示時間

 

この画像の中ほどにある『distance: 300』という項目の

数字を変更することで読み込みを開始する範囲を設定することができます。

 

数字は画像の読み込み対象の範囲を示しています。

 

そのため、数字が小さければ小さいほど

画像読み込み対象の範囲が狭まり、

 

大きければ大きいほど

画像読み込み対象範囲が広くなります。

 

 

Lazy Load は、読み込む対象範囲を制限することで

ウェブページの表示速度を向上させることができます。

 

さらに、画面のスクロールに合わせて

画像や動画を表示させるようなお洒落な演出も可能になります。

 

画面のスクロールに合わせて

お洒落に画像や動画を表示させたい場合は、

 

『distance』の数字を小さく変更して

適宜チェックしてみるようにしてください。

 

今回はWordpressプラグインの基本的なプラグイン

『Lazy Load』のインストールから設定する方法をご紹介しましたが、

 

このブログ記事を読まれているあなたは

ブログ初心者でトレンドアフィリエイトに挑戦しているのではないでしょうか?

謎の美女♡

トレンドアフィリエイトを基礎から学びたいなら、

コチラの記事がオススメだよ!☆

LazyLoadが動かない際の対処法!のまとめ

Lazy LoadをWordpressブログにインストールすれば、
画像の読み込み範囲を指定することでページ表示速度を改善することができます!

ユーザビリティーが改善されるので、
ページの読み込みに時間がかかってしまうために
ユーザーがウェブサイトから離脱してしまうリスクを減らすことが可能です!

それでは、今回の記事内容はこれで以上になります。

最後までお読み下さり、誠にありがとうございました!

 

Affiliate Business Community 運営者 守淳史