人生を楽しむコツって考えたことありますか?

人生がつまらない。。。と嘆く社会人や主婦、大学生

ぜひ私が日頃から実践している人生を楽しむコツをお伝えしたいと思います。

 

日本では、小学生の頃から学校の勉強ばかり一生懸命にさせられますが、

充実した人生を送るためのコツについて 学ぶ機会は殆どありません。

 

強いてあるとすれば、小学校時代の『道徳』の時間帯に

人としてあるべき姿や幸せを形を学ぶことくらいではないのでしょうか。

 

そこで今回は、人生がつまらないと感じる社会人、主婦、

そして大学生に向けて記事を書いていきたいと思います。

 

人生を楽しむコツ〜人生がつまらない社会人や主婦、大学生へ〜

人生がつまらない,社会人

『人生がつまらない。。。』と感じている

社会人や主婦、大学生が増えてきているようですが、

私はマイペースに楽しく充実した人生を送ることができています。

 

『お前、いつも笑ってんな〜。』

『悩みなさそうだな。鬱陶しいぞ。。。』

といった言葉を仲の良い友人からはよく投げかけられます。

 

そこで、どうして私は人生を楽しめているのかについて、

真剣に自己分析してみたところ、いくつかポイントが見えてきました。

 

経験や記憶に投資する

まず1つ目のポイントとして日々の行動基準が

大きく関係しているのかな?と感じました。

 

私は毎日行動を選択する際に、

『経験や記憶に投資する』ということを基準に行動しています。

 

というのも、

『人生を振り返った時にどれだけ楽しかったり、

 嬉しかったり、感動した記憶を思い起こせるか』

ということが、幸せな人生を送る上で重要なことだと考えているからです。

 

どんな方にでも大切な思い出があると思いますが、

そうした思い出はいつでも、いつまでも、

何度だって思い返して幸せな気分になれますよね。

 

私は子供の頃はおじいちゃんっ子だったので、

毎日夕方になると一緒に散歩に出かけていました。

社会人,大学生,主婦

 

夕日が暮れかけて、オレンジ色に染まった空を眺めながら

その日1日の出来事を話しながら歩く時間が堪らなく好きでした。

 

おじいちゃんと一緒に散歩していた当時は、

10年も前のことになりますが、今でも思い返すだけで温かい気持ちになれます。

 

他にも、面白おかしくて

思い返すだけでも声を上げて笑ってしまうような記憶もあります。

 

私には今年の3月に中学生になる従兄弟がいるんですが、

従兄弟の家に遊びに行った時に事件は起こりました。

 

その当時は従兄弟がハイハイからやっと両足立ちできるようになった頃で、

彼の両親(叔母さんと旦那さん)がもともと飼っていた犬のベル君を

従兄弟は四六時中ハイハイしながら追い回していました。

 

するとある日、ベル君は我慢の限界に達したのか

従兄弟が家の中を何のけなしに歩いていたところ

いきなりジャンプして従兄弟のソーセージに噛み付いたのです!?

幸せ,コツ

 

その時の従兄弟の叫び声といったらありませんでした。(笑)

 

『あ〜〜〜〜〜!!!』と

ウィーン少年合唱団顔負けの声量が家中に響き渡り、

その直後、石のように硬直して彼は力なくその場に崩れ去りました。。。

 

その様子を見て、

『へぇ〜年齢問わず、男の股間が弱点っていうのは変わらないんだな〜』と

従兄弟を抱きかかえて避難させつつ、爆笑しながら考えたことを覚えています。

 

今この記事をカフェでコーヒーを飲みながら書いているのですが、

危うくコーヒーを吹き出してしまいそうになりました。。。(笑)

 

このように、楽しかったり、嬉しかった記憶を思い出すことができれば、

いつでも、いつまでも、何度だって思い返して幸せになるわけです。

 

だから私は、『経験にお金を使う』ようにしています。

その一方で、住む場所や服装には全くお金を使わないようになりました。

 

今現在は1Kのマンションに住んでいますが、

これからビジネスが大規模化・自動化して収入が増えていっても

1Kから引っ越すつもりはありません。

 

福島から東京に上京したばかりの頃は おしゃれな服にも興味を持っていたり、

将来はどデカい高級住宅を立ててやるぞ!と思っていた時期もありましたが、

今では全くそうしたものごとに対して興味を失ってしまいました。

 

というのも、記憶や経験であれば 自分が死ぬまで一生心の糧として残り続け、

その価値が色あせることはありません。

 

一方で、居住空間や服といった物質的なものは、

購入した時点から価値が下がり続けてしまいますし、

最終的には失われてしまいます。

 

だから、人生における有限なお金と時間を投資するのであれば、

時間とともに価値が失われることのない

『記憶・経験』に対して投資したいと考えるようになりました。

 

自分のやりたくない仕事はせずに、
興味ややりがいを感じられる仕事だけする

また、もう一つのポイントは

自分のやりたくないことややらないことを徹底しているということです。

 

自発的にやりたい!と感じることや

興味を持てる仕事だけ選んで 働くことを意識しています。

 

例えば、私は大学3年生の頃に行った就職活動で

大手財務コンサルティングファームから内定をいただくことができました。

 

コンサルティングという業界全体が給料が高いというイメージですが、

内定を得た企業でも30代まで働き続ければ年収1000万円が狙えました。

 

コンサルティング業界に就職すれば、

年収1000万円以上の給料が手に入るだけでなく

 

私立文系学生にとって憧れの

エリート街道を突き進んでいくことができました。

 

しかしながら、内定を得てから実際の仕事内容を知った結果、

内定先のしごと内容にやりがいを見いだせずにやる気を失ってしまい

内定を辞退して他の働き方を模索するようになりました。

 

お金と時間のバランスを取れる働き方をする

コンサルティング業界は、給料が高額というメリットがあったのですが、

勤務時間が早朝から夜遅くまで続く かなり過酷な労働条件でした。

 

私は海外旅行が趣味だったので、いくら給料が稼げても

海外旅行へ旅立つ時間的自由がなければ しょうがないと考えて、

内定を辞退する決意をしたのです。

 

そして私は、色々なビジネスに挑戦し続けて、

今現在取り組んでいるネットビジネスにたどり着きました。

 

ネットビジネスであれば、パソコン1代を持ち歩いて作業さえできれば

仕事をする場所や時間帯は全く制限を受けることがありません。

 

こういう働き方であれば、海外旅行と平行して仕事ができるぞ!

ということで即決したことがネットビジネスに挑戦するキッカケでした。

 

私は大学4年制ということもあり、

周りに就職活動であくせくしている大学生が数多くいますが、

 

彼らはどれだけ有名で大きな企業に入社できるか

ということばかり考えているような気がします。

 

しかし、世間体ばかりを気にして 

就職先を選んで働くことになっても

 

他人からは評価されるかもしませんが、

あなた自身の心は満たされないままになってしまいます。

 

幸せな人生を送れるようになるために重要なポイントは、

実際にその企業に就職して働いた時に どんな仕事内容をこなして、

どんな感情を抱くかということを認識することです。

 

人生を楽しむコツ
〜人生がつまらない社会人や主婦、大学生へ〜のまとめ

さて、今回の記事では

人生を自由かつ豊かに生きるためのコツをご紹介していきました。

 

まず、私が日々の生活で心がけていることは、

ものよりも経験や記憶にお金を投資するということです。

 

ものは購入した時点から徐々に価値が失われていってしまいますが、

経験や記憶は一生の心の中に貴重なものとして残ってくれます。

 

そして、人生がつまらないと感じてしまう社会人や主婦、

そして大学生のほとんどは 他社の評価基準に合わせて生きているからこそ

日々の仕事内容や学校での勉強にやりがいを感じられないのだと考えています。

 

もっと自分の気持に正直になって、自発的に学びたい!詳しく知りたい!

と思ったことを学んだり、仕事にすることができれば、

 

今まで会社員として評価されなかった人だって、

格段にビジネスで結果を出すことができるようになるはずです。

 

それでは、今回の記事内容はこれで以上になります。

最後までお読み下さり、誠にありがとうございました!

 

Affiliate Business Community 運営者 守淳史