No Index, 活用方法

記事によっては ブログに訪問するユーザーの利益にはなるけど、

Googleには認識されたくないようなページも存在します。

 

そんな場合には、ブログ編集画面で『No Index』に設定することで、

Googleの評価を受けずにユーザーに記事を読んでもらうことができます。

 

『No Index』を使うべきページとは?

例えば、『お問い合わせフォーム』などは

ユーザーとの遣り取りをする上で極めて重要なページですが、

 

記事の文字数という観点から考えると、

ブログ全体の平均文字数を少なくしてしまう要因にもなります。

 

他にも、サイトマップも『No Index』の設定をすべきです。

サイトマップはGoogleに対してブログ全体の階層構造を示す上で重要ですが、

 

Googleは100個以上の内部リンクを

1つのウェブページ上に表示させることをスパム行為として認識します。

 

サイトマップには ブログに投稿された記事に対して

内部リンクが自動的に生成されるため、

 

ブログ全体の記事数が100を超えた時点で、

サイトマップのページから100位上の内部リンクが飛ぶことになるからです。

 

記事ごとに『No Index』を設定する方法

ブログ記事の編集画面の右側を見ると、

『インデックス/フォロー』という項目があります。

no index,設定

 

こちらの『Index』をクリックして、

『No Index』を選択すれば ブログ記事毎に『No Index』の設定を行えます。

 

ぜひ、ユーザーのためにはなるけど

Googleには評価対象として認識されたくないページがあれば、

積極的に『No Index』の設定を活用していきましょう!