• キャビンアテンダントになるには身長が必要?
  • キャビンアテンダントに有利な大学・資格は?

キャビンアテンダントになるには、身長の制限や視力など、「外資系航空会社」へ就職、また、「国内航空会社」へ就職によって異なることをご存知でしょうか?

しかし、その視力や身長の制限については、業務を円滑に行う為に必要なことである為、様々な制限を設けているというのです。

キャラ

また、キャビンアテンダントになる為には、有利となる資格や能力もあるのです。

それに、「大学」や「専門学校」といったような、キャビンアテンダントを目指し頑張る方の中には、どちらが就職に有利であるかを自身の進路にしたいと思っています。

 

ここでは、キャビンアテンダントになる為には、身長の制限や有利となる資格、また、進むべき進路についてご紹介したいと思います。

キャビンアテンダントに身長制限はある?

キャビンアテンダントになる為には、身長が高くなければならない・・・といった固定概念を持つ方は少なくありません。

 

しかし、実際は、国内の航空会社では、キャビンアテンダントになる方に対し、身長制限は設けていません。平均的な身長があれば問題ないとされています。

 

一方で、身長制限に細かいのは「外資系航空会社」出あると言えます。外資系航空会社への就職を希望されている方は、身長が160cm以上であることが必須です。

 

これは、飛行機の上の棚に収納する取っ手に手が届かない身長だと業務がスムーズにこなせないことから、制限が設けられています。

 

キャビンアテンダントに視力は必要?

これは多くの方が気付いたことがあるかもしれませんが、キャビンアテンダントがメガネをかけているという、そんな人を見かけたことはありますか?

 

これは、フライト中の突然の揺れなど、お客様への適切な指示を行わなければならないという状況で、メガネをかけていることが本人にとっても危険となるからです。

 

その為、一部の外資系航空会社以外は、フライト中のメガネは禁止となっているのです。日本国内の航空会社は、コンタクトレンズであれば問題ないとしているところがほとんどです。

 

それでも、やはり外資系の航空会社については、裸眼である程度視力がしっかりとあることを条件としていることもあります。

 

就職にあたって有利となる資格は?

キャビンアテンダントになる為に有利となる資格という表現ではなく、実際には全ての資格が必須となります。それは英語力です。

 

国内航空会社は、TOEICを採用基準としています。大手の航空会社は、TOEIC最低600点としています

 

近年では多くの外国人の方が日本を訪れます。その際に最低限の英語力がなければ、お客様とコミュニケーションを取ることができません。

 

その為、英語力は必須であると言えます。外資系航空会社は、さらに高い英語力が求められる為、しっかりと英会話を習得しておく必要があると言えます。

 

どんな資格を取得すべきか

取得しておくべき資格

  • 第2外国語資格
  • 看護系資格
  • 手話検定
  • 秘書検定
  • パソコン技術

中国語や韓国語、ドイツ語、フランス語といったような国際化に対応可能な人材は必要とされています。また、赤十字救急法救急員資格といった医療看護系の資格を有していると、就職において有利に働きます。

 

その他にも、耳の聞こえない方に向けて手話でコミュニケーションを取れる方は、選考の際に注目を集める可能性が高いト言えます。高いコミュニケーションスキルを持ち、一般的なマナーが身に付いた方は、高い評価の対象となり得ます。

 

そして、キャビンアテンダントであれ、地上勤務の部署に配属される場合があり、その際は、パソコンを操作できることが必要です。最低限のワードやエクセルスキルは身に付けておくとよいでしょう。

 

キャビンアテンダントになる為に有利とされる進学先は?

一般企業に勤める際、日本ではどうしても学歴社会である為、卒業した大学名が非常に有利な状況に働くことは多々あるとされています。

実際にそのような状況が未だに尾を引いているのですから、多くの方は就職のことを考慮した上で大学を選んでいると言っても過言ではありません。

では、キャビンアテンダントになる為にも、やはり一般企業のようにある程度良いとされる大学に通っておかなければならないのでしょうか?実際には、キャビンアテンダントになる為には、就職に有利な大学などは存在しません

 

キャビンアテンダントになりたい!と小さい頃からの夢を叶えた方は尚更ご存知だと思いますが、キャビンアテンダントになるには、かなりの高倍率の中を勝ち抜かなければなりません。

 

その為、もしも就職に有利な大学が存在するのであれば、やっぱり多くの希望者はその大学を目指すはずです。しかし、現実的には、有名な大学を卒業したり、外国語大学を卒業していても、面接や筆記試験で落ちることは多々あります

 

一方で、何も4大を卒業しなければいけないということもなく、短大を卒業した方が採用されるといったこともあるのです。このようなことから、キャビンアテンダントになるために有利な学部や大学は存在しないと言えるのでしょう。

 

専門学校だとどうなの?

キャラ

キャビンアテンダントになる為に、専門学校へ入学しようと特にデメリットとなることはないとされます。

とは言え、日本の学歴社会の制度には勝てず、実際には大学と比べると、どうしてもその先の進路が限定されてしまう傾向にあります。これは一概には言えませんが、現実的にある問題でもあります。

 

また、キャビンアテンダントだけではなく、もしかすると自分には他に何かやってみたいと思うことがでてきそうな気がする・・・と思う方は、まずは大学へ進学する方向性を考えた方が良いと思います。

 

大学へ進学しておけば、もしも自分のやりたい事や将来の夢が変わった場合でも、学部を移動すれば在学中に取得できる資格などもある為、将来において安心です。

 

尚、国内の大手航空会社であるJALやANAといった航空会社については、新卒や既卒に関わらず、専門学校以上の学歴が必須条件となっています。

 

ですから、例え専門学校へ進学しようと、実際の就職の際は、学歴面はクリアできていることから、マイナスとして見られることはありません。安心してください。

 

専門学校が良いのはなぜ?

あなたがキャビンアテンダントになりたいと思った場合。そして、その夢が確実なものであり、その道に向いて進んでいきたいと思う場合は、実は専門学校が一番近道であると言われています。

 

専門学校は、その名の通り、その分野に精通した専門的知識やスキルを学びます。その為、キャビンアテンダント要請に特化した知識とスキルを直接的に指導を受け、それらを習得することができます。

 

キャビンアテンダント専門のコースやカリキュラムに基づいた勉強を日々行うことになります。本当の業務を実践的に行う上、航空業界の情報にも精通していることから、より良い環境で知識やスキルを得ることができると言えます。

 

特に、あたながリサーチした専門学校の就職率が高かったり、留学制度があったり。また、専門学校の設備が充実していたりといった学校であれば、将来、あなたが希望するキャビンアテンダントへの道を目指すには最も近道になると言えますね。

 

まとめ

いかがでしたか?キャビンアテンダントになる為には、ある程度、様々な条件があることが分かりました。

特に身長については、国内と海外の航空会社では条件も異なり、語学力についてもやはり海外の航空会社ともなれば非常に厳しい条件となるようですね。

日本国内では、未だ学歴社会の風潮が根強い中でも、学歴が全てではなく、その人の人柄や存在が高く評価される時代でもあります。

 

その為、あなたが本当にキャビンアテンダントになりたいと思っているのであれば、面接時に面接官へ向けてしっかりと自身をアピールできることも大切です。

 

大学に進学するか専門学校へ進学するかについては、あなた自身のキャビンアテンダントへの熱意によって決めると良いでしょう。夢を叶えて、素晴らしいキャビンアテンダントになってくださいね!!