ネットビジネス初心者の方が

独自ドメイン名前決める際には、

 

『どんなドメインだって関係ないだろう!』と

あまり深く考えずに設定してしまうことがほとんどです。

 

私もネットビジネスを始めた頃はそう考えていましたが、

ドメインを深く知れば知るほど後悔しました。。。

 

そこで、この記事では

ネットビジネス初心者の方であっても決めてしまってから後悔しない

 

ドメインを取得する方法を

4つのチェックポイントに分けてご紹介していこうと思います。  

 

パターン1:名前から考える

1つ目のパターンは、

名前やニックネームからドメイン名を考える方法です。

 

これは、特に個人事業主としてビジネスを行っていく人にとっては

とてもおすすめな方法となっています。

 

自分自身の名前やニックネームを

覚えてもらいやすくなります

 

ちなみに、私の本名は『守淳史』なので、

  • moriatsushi.com
  • moriatsushi.jp

なども覚えてもらいやすいかと思います。

 

だけど、本名だとなんだか面白みが全くないですよね(笑) 

 

そんな場合はニックネームや

親しみやすいビジネスネームを考えてみましょう。

 

例えば、『あつし』から『あっちゃん』にビジネスネームを変更すれば

  • a-chan.com
  • a-chan.info

本名よりも少しはオシャレで、

覚えてもらいやすくもなったと思います。  

 

パターン2:ブログタイトルや会社名から考える

次におすすめな方法がブログタイトルや

会社の名前からドメイン名を考える方法です。

 

複数人でサイトを運営している場合には

個人名を使うことは難しいですから、この方法がおすすめですね。

 

また、ほとんどの企業も

会社名をドメインに取り入れていますよね。

 

しかしながら、私のブログタイトルは

『』なので会社名が含まれておらずNGでした。

 

もし、ブログタイトルや会社名をブランディングしたい場合には

ドメイン名に反映させることもおすすめです。  

 

パターン3:商品名からドメイン名を考える

トレンドアフィリエイトサイトには当てはまりませんが、

『特化型サイト』を運営するようになると

ある特定の商品をアフィリエイトするようになる場合があります。

 

例えば、愛媛みかんに特化して

アフィリエイトサイトを運営するようでしたら、

  • ehime-mikan.com
  • mikan-ehime.com

などと商品名をドメインに取り入れれば

覚えてもらいやすくなりますし、

 

もし商品を気に入った人がいれば

ドメインを友人に紹介してくれる可能性も高まります。  

 

パターン4:ドメイン名を可能な限り短くする

そして、最後のパターンは

単純にドメイン名を可能な限り短くする方法です。

 

例えば、 abc.com というドメイン名なら、

一周見ただけで覚えてもらうことができますよね。

 

さらに、視覚的なメリットだけでなく

実際に見た目の印象が向上することでクリック率も高まるといわれています。

 

しかしながら、なかなか3文字以内のドメインで

未だに取得されていないのを見つけるのは至難の技です。

 

もしこのタイプのドメインを取得したい場合は

腰を据えて探し続ける覚悟が必要ですね。  

 

ドメイン名設定のまとめ

今回の記事では、ドメイン名を決める4つの方法をご紹介しましたが、

どれか気に入った方法は見つけることができたでしょうか。

 

ぜひ、ドメイン名を決める際にも

ブランディングやクリック率を考慮して最善の選択をしていきましょう。  

 

ドメイン販売会社は様々なものがあるので、

どのドメイン販売会社からドメインを取得しようか迷っている場合は

こちらの記事を参考にしてください。

 

『独自ドメイン』の販売会社の徹底比較

 

もし、レンタルサーバーの取得がまだの場合は

こちらの記事を参考にしてください。

 

エックスサーバーの機能を紹介!レンタルサーバーを徹底比較!