今回の記事では、ワードプレスSEOに最適な

パーマリンク設定変更する方法を解説します。 

 

パーマリンクの設定した種類によってSEOの強さが変わってきますので、

ブログを立ち上げたらすぐにパーマリンクを設定するようにしてください。

 

そして、もう一つ気をつけておいてもらいたいポイントは、

ブログ内で記事を投稿する前にパーマリンクを設定するということです。

 

もし、記事を投稿してしまってから

パーマリンクを変更すると投稿された記事のURLと

検索エンジン上で表示されるURLに違いが生じてしまいます。

 

この場合どういった弊害があるかというと、

検索エンジン上でせっかく上位表示されてクリックされたとしても

ユーザーが投稿された記事にアクセスできなくなってしまいます。

 

ユーザーやアクセスアップを狙うブログにとっても不利益ですよね。

 

ですので、しっかりと記事を投稿する前に

パーマリンクを設定するということを覚えておいてくださいね。  

 

パーマリンクの設定方法

まずはダッシュボードの『設定』から

『パーマリンク設定』をクリックしてください。

パーマリンク,設定方法

そうすると、『日付と投稿名』や『数字ベース』、そして

『カスタム構造』などのパーマリンクの設定方式を選択することができます。

 

この中で最もSEO上最適なものは『カスタム構造』と言われています。

 

しかし、実際にこの方式でパーマリンクを設定すると

URLが表示される際に文字化けしているような感じになります。

 

こうなると、他のサイトから

被リンクをもらいにくくなったりと機会損失を招くことになります。

 

そのため、『数字ベース』での

パーマリンク方式を強くオススメしています。

 

記事投稿によって数字が割り当てられるシンプルな方式で

とてもシンプルな見た目でユーザーに覚えてもらいやすいです。

 

また、Google Analyticsの解析結果から

記事のページにも飛びやすいという点もメリットです。  

 

記事を書き始めてからパーマリンクを変更してしまった場合の対処法

もし万が一記事をある書き始めてから

パーマリンクを変更してしまった場合は、

 

それまで投稿し続けた記事のURLが全て無効になってしまいます。

 

それ以降投稿される記事のURLは

新しいパーマリンク方式を採用するのでSEO上強くなりますが、

 

今までの努力が水の泡になるのはさすがに凹みますよね。。。。汗

 

さらに悪いことに、それまでに設定した

全ての内部リンクURLにも変更が生じてしまうため、

 

全ての内部リンクを一から変更する必要が出てきます。

 

したがって、記事をある程度投稿してからの

パーマリンク方式の設定はしないようにしましょう。

 

もし記事をある程度投稿した段階で

パーマリンクの設定を変更してしまった場合には、

すぐに今まで設定していたパーマリンク方式に戻してください。

 

そうすれば、最悪の事態を回避することができます。  

 

パーマリンク設定のまとめ

パーマリンクの方式は様々あるが、

メリットとデメリットをトータルで考えると『数字ベース』が一番おすすめ。

 

もし記事をある程度投稿してしまった場合には、

パーマリンクの設定を諦める。

 

万が一その段階でパーマリンク方式を変更してしまった場合には、

すぐに前に使っていた方式に設定し直す。  

 

続いて、Google Analytics とGoogle Search Console を

ブログへ導入しましょう。

 

Google Analytics の設定とブログへの導入方法は

こちらの記事を参考にしてください。

 

Google Analytics の設定とブログへの導入方法

Google Search Console のブログへの導入方法