コピーライティング基礎 説得力のある文章

コピーライティングとは、商品やサービスを販売するときに

メリットを説得力のある文章でアピールする文章のことを指します。

 

仕事をしていく中で、コピーライティングという言葉を

聞いたことのある方は多いと思いますが、

 

一般的な文章とコピーライティングの違いを

しっかりと区別することができていないのがほとんどです。

 

そこで、今回の記事ではコピーライティングの基礎的な知識から

一般的な文章との違い、メリット、そして学ぶための具体的な方法を解説します。

 

コピーライティングの基礎知識

それではまず、『コピーライティング』についての

基礎知識を確認していきましょう。

 

ビジネスを行っていく上では、『集客』『教育』『販売』という

大きく3つのステップに分けられます。

 

そして、最後の『販売』ステップにおいて

商品を購入してもらったり、サービスを利用してもらうために

コピーライティングを書いていくことになります。

 

ですから、会社に就職されてサラリーマンとして働かれている方々でも

会社業務の中の『販売』ステップを任されている場合は、

既にコピーライティングを学び、実践されています。

 

例えば、営業マンやセールスレディとして働いている場合には、

自分の頭のなかに用意しているコピーライティングを

取引先に江東で説明しているといった感じです。

 

コピーライティングと一般的な文章との違い

コピーライティングと一般的な文章の違いを区別できていない方が多いので、

この点についても分かりやすく解説しておきます。

 

まず、一般的な文章を書く際には なにか伝えたいメッセージがあって、

そのメッセージをいかに面白く、そして表現力豊かに伝えられるか

ということが『文章力』なのです。

 

その一方で、コピーライティングの場合は 販売する商品やサービスのメリットを

どれだけ説得力を持たせてアピールできるかという点がポイントになります。

 

つまり、コピーライティングを書く際には 一般的な文章を書く際に求められる

文章表現力といったものは全く必要ないわけです。

 

そんな訳で、人によっては一般的な文章と

コピーライティングのどちらも得意な人がいる一方で、

 

人によっては、コピーライティングを書くことは得意だけれど、

一般的な文章を書かせるとつまらない といった得手不得手もみられます。

 

ですから、『コピーライティングも他の文章とそんなに変わらないだろう。。』

と考えていると、せっかく販売をしても全く商品やサービスが

成約しないという状況にもなりかねないので 注意してください。

 

コピーライティング力とは
メリットを説得力のある文章で伝える力

さて、ここまでで コピーライティングと

一般的な文章の違いについて理解して頂けたかとは思います。

 

そこで、実際にどうすれば 説得力を持って商品やサービスの

メリットをアピールすることができるのかコツやポイントをご紹介していきます。

  • 権威性
  • 比較
  • 実績
  • 希少性
  • 新規性

コピーライティングを書き上げていく上で

説得力を高めていく方法は数えきれないほど多く存在しますが、

今回の記事では、以上の5つのポイントについて詳しく見ていきたいと思います。

 

コピーライティングに権威性を持たせる

販売する商品やサービスの業界において ある程度の知名度を誇っていたり、

客観的に信頼性の高い職業や肩書の方から紹介文を頂くといった方法になります。

 

例えば、歯磨き粉のCMで歯医者さんが『この歯磨き粉は歯周病予防に効果的です。』

といったコメントを出しているものがあります。

 

この場合は、デンタルケアという業界で権威を持っている歯医者さんに

推薦してもらうことで 歯磨き粉の『権威性』を高めているパターンになります。

 

他の類似している商品と比較してメリットを強調する

類似商品と比較して、

強烈にアピールした商品としてはペプシコーラが有名です。

[youtube-adds id=”https://www.youtube.com/watch?v=SicXpDHVZnY” style=”de-notepc” margin=”2%”]

この動画は、コピーライティングやマーケティングを学ばれている方なら

一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

自動販売機でペプシコーラを買うために、

コカ・コーラを二本買って踏み台にするという攻撃的な内容になっていますが、

 

このコマーシャルを見た多くの人々は

『ここまでするほどペプシコーラのほうが美味しいのか!』

とまでは素直に考えることはないでしょうが、

 

少なくともペプシコーラに対して強烈な印象が残って

一度は飲んでみたいなと強く心に刻まれたはずです。

 

コピーライティングする商品やサービスの実績を紹介する

実績を示すことでも、

コピーライティングに圧倒的な説得力をもたせることができます。

[youtube-adds id=”https://www.youtube.com/watch?v=7G9xDGyHU9o” style=”de-notepc” margin=”2%”]

実績を示すことで、ビジネスに大成功した例としては

『ライザップ』が考えられます。

 

こちらは経済評論家でタレントとしても活躍されている

森永卓郎さんバージョンのライザップCMです。

 

贅肉でブヨブヨに太って猫背だった森永卓郎さんが

ライザップのパーソナルトレーニングを受けたことで

すっきりスリムにモテ男に返信している動画になっています。

 

これだけを実績を見せた上で、『結果にコミットする』という

コピーライティングを出せば かなりの説得力があります。

 

コピーライティングに希少性を持たせることで購買意欲を高める

コピーライティングで希少性をアピールすることでも、

商品やサービスに対する購買意欲を高めることができます。

 

例えば、ブランド品でシリアル番号が振られている商品などがあります。

100点のみの限定生産品でそれぞれの商品には製造された際に

1〜100の番号が振られているといった形です。

 

こうした希少性をコピーライティングに盛り込むことでも、

商品やサービスに対してプレミアム感を演出することができます。

 

コピーラインティングに新規性を盛り込むことで購買意欲を高める

今までに販売、提供されてきた商品やサービスとは全く違うということを

アピールすることによっても購買意欲を高めることができます。

 

例えば、ニキビケア商品として有名なプロアクティブですが、

人によっては肌質に合わず ニキビが解消されない場合もあります。

 

このように、ニキビケア商品を使っても

肌に関する悩みが解消されなかった経験のある人の場合は、

 

他のニキビケア商品が発売されても、普通であれば

どうせこの商品だって効果が期待できないだろうと諦めてしまいます。

 

しかしながら、『新商品には今までに配合されていなかった

新しい美容成分を配合させることに成功しました!』というフレーズを入れれば、

 

今までに思うような結果が出なかった人であっても、

『もしかしたら、この商品なら悩みを解消できるかも!』と考えて

商品やサービスを購入してくれるようになります。

 

コピーライティングの基礎から学ぶ方法

さて、ここまではコピーライティングとはいったいどういうものなのか

そして 説得力のある文章を書く具体的なポイントについて解説しました。

 

しかし、ただ言葉だけで理解していても

誰もが購入したくなるようなコピーライティングを掛けるようにはなりません。

 

実際に、何度もコピーライティングを書き続けることで、

少しずつハイセンスなコピーライティングを生み出せるようになります。

 

そこで今回は、日常生活の中でも気軽に実践できる

コピーライティングの学び方をご紹介していきます。

 

日常生活の中でもコピーライティングは

さまざまな場所で見受けられます。

  • 営業マンのセールストーク
  • 商品やサービスのパンフレット
  • 郵便受けに入れられているチラシ
  • 街頭販売をしている店員のセールストーク

こういった さまざまな場面で

実際に使われているコピーライティングを学んでいくことができます。

 

個人が発行している折込チラシなどの場合は

コピーライティングのクオリティーが低い場合がありますが、

 

大企業が配布しているパンフレットやチラシであれば、

大金をはたいてコピーライターを雇って作らせているはずなので

ある程度高い水準のコピーライティングを確認することができます。

 

コピーライティングとは、見込み顧客に対して

商品やサービスを購入してもらうためのツールなので、

身の回りのさまざまなところで確認することができます。

 

電車に乗っている時も、つり革広告などを見て

意識的にコピーライティングを学んで見るように意識していきましょう。

 

コピーライティング基礎
〜説得力のある文章の書き方〜のまとめ

今回の記事では、コピーライティングの基礎的な知識や

一般的な文章との違いについて解説していきました。

 

そして、コピーライティングに説得力を持たせるためには、

『権威性』『新規性』『希少性』『比較』『実勢』といった

5つのポイントを意識することが重要だということを具体例を通して学びました。

 

また、日常生活においても

コピーライティングはさまざまな場面で目にする機会が多いので、

 

ぜひこれからは意識的にコピーライティングを見つけて、

室の高いコピーライティングの書き方を常に考えて実践していきましょう。

 

それでは、今回の記事の内容はこれで以上になります。

最後までお読み下さり誠にありがとうございました。

 

Affiliate Business Community 運営者 守淳史