URLを短くする方法はとても簡単で3分あればできます。

 

Pretty Link Liteという短縮URLプラグインを使えば、

WordPressブログの記事に限らずに、

 

YoutubeチャンネルやLine@など

基本的にどんなもののURLでも短縮することができます。

 

オリジナルのURLをそのまま使っていると

場合によっては文字化けしてしまう文字が混じっていたりしますし、

 

メールマガジン等にそうしたURLをそのまま貼り付けてしまうと、

メールマガジン読者の『迷惑メールフォルダ』に

振り分けられてしまうリスクすらあります。

 

こうしたリスクも短縮URLを生成することで防ぐことができるので、

ぜひPretty Link LiteでオリジナルURLを短縮しておきましょう。

 

今回の記事では、短縮URLを生成するに持ってこいのWordpressプラグイン

『Pretty Link Lite』の使い方と短縮URLの効果についてご紹介します。

 

URLを短くする方法はWordpressプラグイン
:Pretty Link Liteを使えば簡単!

ネットビジネス,副業,不労所得

URLを短くする方法はさまざまですが、

私はWordpressプラグインのPretty Link Liteを使うことをオススメしています。

 

なんといっても、Wordpressプラグインなので使いやすいですし、

インストールすればすぐに短縮URLを生成することができます。

 

他にも、サーバーにアクセスしたり、

WordPressサイトの設定変更をすることURL自体を変更することができますが、

 

そもそも短縮URLを生成したい目的は、

単純に見た目を改善したり、覚えてもらいやすくするためなので

Pretty Link Liteで、見た目上の文字列を変更するだけでも十分なのです。

 

それではまず、短縮URLを生成するメリットについてお話したいと思います。

 

Pretty Link Lite で短縮URLを生成するメリットとは?

短縮URLを生成するメリットとしては、

 

長いURLがスッキリ改善される、URLが覚えてもらいやすくなるといった

見た目上の利点ばかりが取り上げられていますが、

Googleからのスパム対策にもなるのです。

 

例えば、ネットビジネスを実践されている方であれば

メルマガの配信をされていると思いますが、

 

メールマガジンの中でYoutubeチャンネルや

Line@アカウントへの登録を促すとします。

 

このとき、もともと生成されたURLには %などの

Googleがスパム判定する要因になりかねない文字が含まれています。

 

そのため最悪の場合、YoutubeチャンネルやLine@の

オリジナルURLをそのままメールマガジンに載せて配信すると、

迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう可能性があります。

 

せっかく一生懸命考えて書き上げたメールマガジンが

メルマガ読者のもとに届かずに 迷惑メールフォルダに振り分けられて、

メルマガ読者が知らない間に削除してしまうなんてことになりかねません。

 

こうした自体を避けるためにも、Pretty Link Liteで短縮URLを生成して、

自然な文字列のURLをメルマガに記載することも大切です。

 

それでは続いて、Pretty Link Liteの設定方法について解説します。

 

WordPressプラグイン:Pretty Link Liteを使って短縮URLを作る方法

まずは他のWordpressプラグインと同様に、ダッシュボード画面の

『プラグイン』から『新規追加』を選択します。

ネットビジネス,副業,ノマドワーカー

 

プラグイン検索画面に移動したら、しっかりと大文字と小文字を間違えずに

『Pretty Link Lite』と入力して検索します。

ネットビジネス,副業,ノマドワーカー

 

すると、検索結果画面に星マークのPretty Link Lite が表示されるので、

こちらのプラグインをインストールして有効化してください。

ネットビジネス,副業,ノマドワーカー

 

Pretty Link Lite を有効化すると、ダッシュボード画面に
『Pretty Link』という項目が表示されるようになります。

ネットビジネス,副業,ノマドワーカー

 

『Pretty Link』を選択すると、メニューが表示されるので

その中から『Add New Link』を選択します。

 

Pretty Link Liteの設定画面はこのようになっています。

ネットビジネス,副業,ノマドワーカー

 

それぞれの欄に必要な情報を入力していきます。

  • Redirection Type  設定は『307(Temporary)』のままで大丈夫です。
  • Target URL      短く変更したいオリジナルのURLを入力します。
  • Pretty Link    変更したい短縮URL を入力します。
  • Title       今後設定変更をする際に参照する名前をつけます。

 

今回は例として、このような内容に設定しました。

ネットビジネス,副業,ノマドワーカー

 

『テスト』というタイトルの記事をブログに投稿し、

オリジナルURLである”perfectlifeproject.com/archives/3342″を

“perfectlifeproject.com/test”という短縮URLに変更しました。

 

その結果、Googleで設定したURLを検索すれば、

しっかりと『テスト記事』にリンクするようになりました。

ネットビジネス,副業,ノマドワーカー

 

WordPressプラグイン:Pretty Link Liteを使えば、

これだけ簡単に短縮URLを生成することができます。

 

URLが長すぎて困っていた方や 今までメールマガジンに

YoutubeチャンネルなどのオリジナルURLをそのまま記載していた方は

ぜひ、Pretty Link Liteを活用して短縮URLを使ってください。

 

3分でURLを短くする方法!
短縮URLプラグインならPretty Link Liteのまとめ

今回の記事では、お手軽にURLを短縮することのできる

WordPressプラグイン『Pretty Link Lite』の設定方法と使い方を解説しました。

 

YoutubeチャンネルやLine@などのオリジナルURL をそのまま使ってしまうと、

文字化けしてしまう文字が含まれていて、

 

メールマガジンにそのまま

オリジナルURL を貼り付けてしまうと、

 

Googleからスパム判定を受けて

迷惑メールフォルダに振り分けられるリスクがあります。

 

そのため、特に長かったり%や&などの文字が含まれている

URLの場合はWordpressプラグイン『Pretty Link Lite』を使って

短縮URLからリンクさせるように設定しておきましょう。

 

今回の記事の内容はこれで以上になります。

最後までお読み下さり、誠にありがとうございました。

 

Affiliate Business Community 運営者  守淳史