学校 奴隷

日本の学校教育は戦後に作り上げられ高度経済成長期においては効果的に機能しましたが、

当時から続いている画一主義・奴隷体質の学校教育はこれからの時代では通用しません!

謎の美女♡

日本には義務教育という制度があり、

すべての日本人が学校教育を受ける機会を持っているけど、

 

既存の学校教育では、真剣に勉学に励む学生を

奴隷体質にしてしまいかねないという問題点があると守くんは考えてるの。

そこで今回の記事では、

現在の学校教育における問題点や、

 

戦後直後から高度経済成長期までは通用していた

奴隷体質の学校教育がこれからの時代においては

通用しないという私なりの考え方について書いていきます。

 

学校で評価される人物像は奴隷体質?

日本の学校教育では、自分で考えて行動する学生よりも
先生や教授の言うことを忠実に実行する奴隷的な思考を持った学生が高い評価をえていきます!
謎の美女♡

学校教育は小学校から中学校、

高等学校そして大学まで続くわけだけど、

 

学校教育においては、

どういった人物像が評価されているのか考えてみよう!☆

一言で表現すると、

学校の先生から言われたことを忠実に守り

先生から指示された内容を正確に実行できる人が高く評価されています。

 

小学生によっては、

最初の頃は先生の言うことを聞かずに

問題ばかり起こすようなやんちゃ坊主もいます。

 

そうした生徒たちは、

先生にきっちり叱られることで、

 

徐々に『言われたことを忠実にこなす』

といったように長い時間を掛けてしつけられていきます。

 

そして、その中でも

わざわざ先生に怒られなくても

素直に言われたことをきちんとこなす生徒が

 

学校のテストや全国模試でも優秀な成績を残して、

偏差値の高い高等学校や大学に進学していくことになります。

 

こうした『指示→行動→評価』という行動パターンを

何度も繰り返すことによって、

 

学校教育において 高い評価を受ける生徒・学生は

自分で考えて行動することよりも 先生や教授に指示された内容を

忠実にこなすことを何よりも優先するように意識改革・洗脳されていきます。

 

これからの時代 企業で働くことは奴隷と大して変わらない

これからの時代はたとえ大企業に就職したからといって
行動経済成長期のように順調に給料が上がることは期待できないですし、
今から就職する世代は終身雇用を企業には期待できない時代になってきています!

学校教育において優秀な成果を残し続けた学生は、

世間的に高く評価されている大学を卒業して、

 

世間一般から一流企業と考えられている会社に就職していきますが、

これからの時代においては 安易に企業に就職することが

決して正しい選択肢ではないと私は考えています。

 

大学を卒業する際には 働き方の選択肢を可能なかぎり広げた上で、

それぞれの選択肢のメリット・デメリットを勘案して

あなたにとって最良なものを選びとるべきです。

 

一般的な大学生の行動を見ていると、

大学を卒業したら 企業に就職して『安定した生活』を送ることが

人生を送っていく上での唯一の絶対解のように考えられているように感じますが、、

 

これからの時代において、企業に就職してサラリーマンとして働く場合の

メリット・デメリットをそれぞれ考えていきたいと思います。

 

サラリーマンとして企業に就職するメリットとは?

 

これからの時代において

サラリーマンとして企業に就職することのメリットとしては、

 

上司から指示された内容を忠実にこなすだけで

手っ取り早く確実にお金を稼ぐことができるということがあります。

 

指示された内容をこなすだけで、職場では高く評価される

お金を稼ぐためには価値提供の3つのステップを
順番にクリアしていく必要がありますが、

企業に就職して言われたとおりに仕事内容をこなすことで、
3つのステップの一部を担当するだけで簡単にお金が稼げます。

生活するためにお金を稼ぐには、

それ相応の価値を顧客に提供する必要があり、

 

この価値提供を実践するためには

大きく3つのステップを踏む必要があります。

 

基本的にどんなビジネスであっても、

『集客』→『教育』→『販売』という流れを持っています。

 

ただ言葉を並べただけでは分かりにくいと思うので、

実生活からイメージできるように『プロアクティブ』を例にとって解説します。

 

ちなみに、『プロアクティブ』とは

ニキビなどの肌荒れを治すための高価格帯のお肌ケア商品です。

 

例えば、テレビやYoutube動画を見ていたときに

プロアクティブのコマーシャル動画を見たことがあると思います。

 

そのコマーシャルはビジネスモデルの

第1段階『集客』に相当します。

 

ニキビや肌質の改善に興味の有りそうな人々に対して

コマーシャルを打つことでプロアクティブの存在を知ってもらう段階です。

 

こうしたコマーシャル動画を見た人々の中には、

プロアクティブの詳細な情報や具体的な効果について興味をもつ人がいます。

 

そうした人々には、プロアクティブの公式ホームページや

Youtubeチャンネルなどで商品紹介動画を視聴してもらうことで、

 

コマーシャルのような短時間では紹介しきれないような

プロアクアクティブに関する深く詳細な情報を学んでいってもらいます。

 

これがビジネスモデルにおける

『教育』の段階になります。

 

そして最終的に、

プロアクティブの詳細を把握した上で、

 

購入したい人々に対して

プロアクティブの商品を購入してもらいます。

 

これがビジネスモデルの

最終段階である『販売』になります。

 

どんなビジネスでも、

こうした『集客』→『教育』→『販売』という一連の流れによって、

 

商品の販売・サービスの提供といった形で

価値提供することでお金を稼いでいます。

 

しかしながら、企業に就職して働くことになると

3つの段階のうちの1つの段階における小さな仕事しか任せられません。

 

なぜなら、そもそも大学を卒業するまで一般的な教育を

受けただけではビジネスモデルを理解している人は少ないですし、

 

ビジネスモデルの仕組みを少し話したところで

一朝一夕で実践できるようなスキル・知識ではないからです。

 

だからこそ、企業はビジネスモデルの

3つの段階をそれぞれ細分化して、

 

どんな人であってもすぐに実践できるような

小さく簡単な仕事から与えていきます。

 

企業でサラリーマンとして働くことで、

企業が収益を上げる大きな仕組みの中の

ごく一部分を担当するだけで給料を得ることができます。

 

そのため、自分一人で一から

ビジネスモデルを作り上げる手間が省けます。

 

だからこそ、企業に就職することには

『指示された内容をこなすだけで 手っ取り早く稼げる』

というメリットがあるわけです。

 

これからの時代において 企業でサラリーマンとして働くデメリット

これからの時代においてサラリーマンとして働いていく上では、
以下のように大きく2つのデメリットが考えられます!

  • 自分一人でお金を稼ぐ力を身につけることができない
  • 給料は今後なかなか上がらずに、
    仕事によっては実質的に減額されていく

サラリーマンとして働くことによって

少なくともこれらのデメリットを抱えることになるので、

 

これから就職や転職を考えられている方には、

ぜひそれぞれのデメリットを把握しておいていただきたいと思います。

 

自分一人でお金を稼ぐ力を身につけることができない

企業に就職すると自分自身で
価値生み出して提供する方法を学ぶことができず、

企業に依存しなければお金が稼げないため、
給料や勤務条件に不満があっても我慢して働き続けなければなりません!

さきほども解説しましたが、お金を稼ぐためには基本的に

『集客』→『教育』→『販売』という3つのステップを

段階的にこなしていく必要があります。

 

しかし、企業に就職してサラリーマンとして働くことになると、

そのうちの一部分のステップしか担当させてもらうことができません。

 

そのため、いくら仕事内容を頑張って覚えても、

あなた一人の力では1円すらお金を稼ぐことはできません。

 

こうした働き方を続けていくことで、

あなたはより一層 企業でサラリーマンとして働かずには、

 

お金を稼ぐことができなくなってしまい

企業に依存する奴隷体質になっていきます。

 

給料は今後なかなか上がらずに、
仕事によっては実質的に減額されていく

企業に依存しなければお金が働けない状況が続くと、
どれだけ企業から過酷な労働条件や給料体系が押し付けられて
不満を抱えたとしても企業に奴隷のように扱われるしか生計を立てる術が無くなります!

企業に依存し続けなければ

お金が稼げないとなると、

 

いくら労働条件や給料に対して

不満があっても それらの条件に耐えながら、

働き続ける選択肢しかなくなっていってしまいます。

 

私の家族・親戚一同は

ほとんどが私立学校の教職員として働いていますが、

 

特に、戦後直後に働き始めていた祖父母は私に教員になることを

いつも強く薦めてきていました。

 

そこで、祖父母が学校の教職員として働くことで

得ていた給料の金額について聞いてみたところ、

 

初任給はなんとたったの8000円だったそうです。

しかしながら、定年退職する頃には祖父は毎月50万円以上稼いでいました。

 

話を聞いてみたところ、祖父母が働き始めた頃は

半年ごとに給料が2倍ほどに増え続けていったそうです。

 

私立の学校で働いていたということもあると思いますが、

およそ40年余り働き続ける中で、

 

これほどまで給料が上がるということは

これからの時代においてはほとんど考えることができません。

 

例えば、日本の電化製品は

世界一だと言われていた頃もありましたが、

近年では中国や韓国のブランドに取って代わられ始めています。

 

大手電化製品メーカーに

就職された先輩から話を聞いたところ、

 

年に2回のボーナスは

売れ残った液晶テレビ1台だけだったそうです。

 

このように、日本経済の栄枯盛衰は

企業の給料形態に対して大きな影響を与えています。

 

現在の日本経済の状況を鑑みると、

これから一流企業と考えられているような大企業に就職することができても、

 

戦後直後のように日本経済が成長していた頃のように、

半年ごとにバンバン給料が上がるようなことはほとんど期待できません。

 

実際に、私が主催している

コミュニティメンバーの方から話を聞いてみると、

 

2年間しっかりと働き続けることで

やっと月給が1万円上がる程度だそうです。

 

さらに、これからの時代においては、

単純に給料がなかなか上がらないことに耐えるだけではありません。

 

この記事を書いている2016年3月時点では、

消費税は8%となっていますが、

 

今後近いうちに10パーセントに

消費税が引き上げられることが予想されますし、

消費税を引き上げる流れは今後も高まっていくはずです。

 

ということは、毎日ひたすら

与えられた仕事を真面目にこなし続けていったとしても、

実質的には給料が減額されていくといった状況も起こりかねないのです。

 

こんな状況に瀕したとしても、

自分一人でお金を稼ぐための知識やスキルは

学校教育や企業での勤務内容からでは学びようがないので、

 

実質的に減額され続けていく給料に不満を抱えながらも

サラリーマンとして働き続ける奴隷のような生活を送ることになります。

 

学校は奴隷養成所?学校教育の問題点とは?のまとめ

謎の美女♡

今回の記事では 現在の学校教育の問題点から

これからの時代において企業に就職して、

 

サラリーマンとして働いていくことの

メリットとデメリットに対しての守君の意見をご紹介したよ!☆

学校教育においては、どれだけ優秀な成績を収めて 

先生や教授からかわいがられるような生徒・学生であったとしても

 

大学を卒業してサラリーマンとして働くことになれば、

給料がなかなか上がらない一方で、

 

消費税などのさまざまな税率が高められていき、

実質的には給料が減額されながらも奴隷のように働き続けるしかなくなります。

 

戦後直後のように、

日本経済が成長し続けていた頃であれば、

 

企業や公務員として働くことでも

どんどん給料が昇給していき、

 

金銭的・物質的に

豊かな生活をおくることができました。

 

こうした状況の中で働いていた

高齢者や退職間近のサラリーマンたちは、

 

これから働き始める学生に対しても

企業に就職することを進めますが、

 

現在の高齢者が働き盛りだった頃とは

日本経済状況は大きく変化してきており

その頃の経験や常識は何の宛にもなりません。

 

しっかりと自分なりに考えて、

どういった選択を取っていくべきなのか考えていく必要があります。

 

自らの力で仕事を生み出す『創職男子』としての生き方

私は学校教育において高い評価を得ることができ、

私立の名門である慶應義塾大学に幸運にも入学することができました。

 

そして、大学3年制になると就職活動で

一流企業と言われる大手財務コンサルからも内定を頂けました。

 

しかし、これからの時代の流れを考えて

企業に就職する道ではなく、

 

自分自信の力で、

お金を稼ぐ生き方を選択しました。

 

そして現在は、就職せずに自由を追い求める!創職男子☆として

ブログ運営によるアフィリエイトの成果報酬によって生計を立てています。

 

これからの時代においては、

自分の力で稼いでいくことがとても重要になっていきますし、

 

稼ぐ力を持たない人々は企業に奴隷のように働かされながら

給料の減額に苦しむことになっていくと考えています。

 

もし、私の生き方や価値観に共感して頂けたら

無料で配信している『創職ライフマガジン』をぜひお読みください。

 

私が実際にどのように

パソコン作業だけでお金を稼いでいるのか、

 

そして、これからの時代を生き抜くために

必要な稼ぐ力を身につけるための方法などをご紹介していきます。

 

また、同じく学校教育の問題点についてこちらの記事でも

お金に対する罪悪感という観点から書いています。

それでは、今回の記事の内容はこれで以上になります。

最後までお読み下さり、誠にありがとうございました。

 

Affiliate Business Community 運営者 守淳史