PS Auto SitemapというWordpressプラグインを使えば、

ブログの固定ページサイトマップを表示させることができます。

 

PS Auto Sitemapを使って、ブログ固定ページ

サイトマップを表示させる方法を 今回の記事では解説していきます。

 

また、PS Auto Sitemapを活用してサイトマップを表示させる意義や

SEO上の効果などについても説明しているので、

 

サイトマップをブログ上で表示させることの重要性についても

納得した上で 設定作業を進めて頂ければと思いま

 

PS Auto SItemap を使ってブログ固定ページで
サイトマップを表示設定させるべき理由

運営しているブログ上でサイトマップを

表示させておくメリットは大きく分けて2点あります。 

  • ブログがGoogleから高評価されてSEOが強化される
  • 訪問したユーザーが読みたいブログ記事を探しやすくなる

 

ブログがGoogleから高評価されてSEOが強化される

まず一つ目のメリットは、サイトマップを表示させることで

Googleが理想としているブログに近づけることができるからです。

 

Googleは、望ましいブログの構造として

『全てのブログ記事に2クリック以内にたどり着けること』

ということを明確に掲げています。

 

そして、この条件はサイトマップを

ブログ上に表示させておくだけで簡単に満たすことができます。

 

サイトマップは具体的にどういったものかというと、

本でいうところの『目次』に似たものだと思って頂ければOKです。

 

サイトマップが表示されているページでは、

ブログに投稿されている記事全てが一覧で表示されています。

 

そのため、まず固定ページのサイトマップへ移動すれば、

2クリック目にはすべての記事へリンクすることができるのです。

 

さらに、ブログに投稿した記事はGoogleクローラーによって

クロール(確認)されることで初めて

検索結果画面に反映(インデックス)されます。

 

つまり、いくら頑張ってかいたブログ記事も

Googleクローラーにクロールされなければユーザーに読んでもらえる以前に、

そもそも検索結果画面上に表示されないという最悪な状態にもなりかねません。

 

Googleクローラーは 記事に貼り付けられているリンクを辿ることによって、

インターネット上に投稿されているウェブページをインデックスしていきます。

 

そのため、サイトマップを表示させることで

すべての記事へのリンクをGoogleクローラーに認識してもらえて、

ブログに投稿した記事がクロール漏れに遭うリスクを防ぐこともできます。

 

訪問したユーザーが読みたいブログ記事を探しやすくなる

固定ページにサイトマップを表示させることの2つ目のメリットは、

ブログに訪問したユーザーが 投稿された記事を一覧で確認できることで

ブログのユーザービリティーを向上させることもできることです。

 

ブログ内検索窓やカテゴリー表示をすることによっても、

ユーザーが読みたい記事を探しやすくする工夫をすることができますが、

サイトマップを活用してブログ全体の記事を一覧表示させることもオススメです。

 

せっかくブログ記事をかいても、

訪問してくれたユーザーに見つけてもらえなければ意味が無いので

 

ブログ記事を書くことだけに満足するのではなく、

しっかりと必要なブログ記事を検索する仕組みづくりも意識して行うべきです。

 

 

PS Auto Sitemapで固定ページに
サイトマップを表示させるための設定方法

それではさっそく、PS Auto Sitemapの設定について解説していきます。

 

ここからは、『PS Auto Sitemap』をインストールして

有効化したことを前提に話を進めていきます。

 

まだWordpressプラグインの導入の仕方があやふやな方は、

こちらの記事を参考にしてください。

 

WordPressプラグインのブログへの導入方法  

 

PS Auto Sitmapをインストールして有効化までできたら、

WordPressのダッシュボード画面から

『設定』→『PS Auto Sitemap』へ移動してください。

 

すると、以下のような画面に移動します。

 

画面下部に『HTMLモードで以下のコードを入力します。』

という文章が書かれており、

 

その下にコードが表示されています。

ひとまず、このコードをコピーしておいてください。

PS Auto SItemap,設定方法

つづいて、PS Auto Sitemapの設定画面の上部に

『サイトマップを表示する記事』という項目があります。

 

ここにサイトマップを表示させたいページのIDを入力します。

PS Auto SItemap,サイトマップ,表示

そこで、サイトマップを表示させたい記事のIDを確認します。

 

ダッシュボードの『投稿』→『投稿一覧』という方法で

サイトマップを表示させたい記事へ移動しましょう。

 

記事にたどり着いたら、記事タイトルの下に表示されている

『短縮URLを取得』をクリックします。

PS Auto SItemap,短縮URL

そうすると、以下のようなダイアログボックスが表示されるので、

『p=□』の□に表示される数字を確認して、

 

先ほどの『サイトマップを表示する記事』という項目に入力し、

『変更を保存』をクリックします。 PS Auto SItemap,変更を保存

その後、もう一度サイトマップを表示させる記事に戻ります。

 

そして、記述モードを『テキストエディタ』に変更した上で、

PS Auto Sitemapでコピーしたコードをペーストした後に『更新』をクリックします。

PS Auto SItemap,更新

これでPS Auto Sitemapを利用したサイトマップの設定方法は完了です。

 

ブログ上にサイトマップの表示設定する際の注意点

さて、ここまではブログ上にサイトマップを表示させることのメリットや

PS Auto Sitemapを活用した表示設定のやり方について解説してきましたが、

 

サイトマップをブログ上に表示させる際には、注意すべき点もあります。

Googleから高い評価を得るためにサイトマップを表示させるわけですが、

 

無意識のうちにGoogleから低い評価を受けてしまうような

サイトマップが表示されてしまう場合もあります。

 

Googleが提示している望ましいブログの条件には、このようなものがあります。

『1つのブログ記事上には、100以上のリンクを貼るべきではない』

 

普通にブログ記事を更新している分には、

手動で1つのブログ記事に100以上ものリンクを貼り付けることはないですが、

 

ブログ上にサイトマップを表示させておくと、

ブログに投稿されているすべての記事リンクが一覧表示されることになるので

 

ブログ全体に登録された記事が100記事以上になると、

サイトマップが100位上の記事リンクを表示させてしまうせいで

ブログがGoogleから低評価を受けてしまうリスクが高くなります。

 

この対策としては、サイトマップを表示させているページを

『no index』かつ『follow』という設定に変更することが有効です。

 

具体的には、投稿編集画面の右側に

『インデックス/フォロー』という項目があるので、

 

その項目で、以下のように設定変更しておきましょう。

PS Auto Sitemap 設定

 

これで、サイトマップが100以上もの記事リンクを表示させているために

ブログがGoogleから低い評価を受けてしまうリスクを回避することができます。

 

この設定変更によって、どういった効果があるかというと、

『no index』という項目を選択をすることでサイトマップが

検索結果画面上に表示(インデックス)されないようになります。

 

その結果、ブログ上ではサイトマップは表示されていますが、

Googleはインターネット上に存在しないページとして扱うようになります。

 

しかし、そうなると サイトマップ上で表示されている記事リンクを

Googleクローラーが正常にクロールしてくれないようになるのでは?

という疑問を持つ方もいらっしゃると思いますが、

 

その点は、『follow』によってカバーすることができます。

followという項目を選択することで、

 

そのページ上に貼り付けられている記事リンクを

Googleクローラーに辿ってもらうことができるようになります。

 

そのため、『no index』と「follow」を選択することで、

サイトマップがインターネット上には存在しないページとして扱われる一方で、

 

一覧表示されている記事リンクには

Googleクローラーがしっかりとクロールしてくれるようになります。

 

こうすることによって、サイトマップが100以上のリンクを表示させることで

Googleからの評価を下げることなく、クロール漏れを防ぐことができます。

 

固定ページにサイトマップを表示させる方法!
PS Auto Sitemapの設定のまとめ

今回の記事では、ブログの固定ページにサイトマップを表示させるメリットから

PS Auto Sitemapを活用してサイトマップを表示させる設定について解説しました。

 

さらに、サイトマップで一覧表示される

ブログ記事が100以上になった場合には、

 

投稿編集画面で『no index』と『follow』を選択することで

Googleからのブログへの評価が下げられるリスクを回避する方法もご紹介しました。

 

特に、最後の方法は ブログを長年運営されている方でも

気づいていない方はかなり多いので、

 

この記事を見られたら、

すぐに設定変更しておくことをオススメします。

 

 他にもおすすめのプラグインがあるので、

是非こちらの記事を参考にしてインストールしてみてください。

 

『厳選プラグイン』インストールすべきプラグインを紹介

 

今回の記事の内容はこれで以上になります。

最後までお読み下さり、誠にありがとうございました。

 

Affiliate Business Community 運営者 守淳史