QR Redirector で QRコードをブログに簡単設置!

QR Redirector は、簡単にウェブサイトにアクセスするための

QRコードを生成することのできるプラグインです。

 

ウェブサイトを宣伝する際には、URLを入力するよりも

QRコードを読み取る方がだいぶ楽ですから、

気軽にウェブサイトに訪問してもらえるようになります。

 

QR Redirector の設定方法と使い方

それではまず、QR Redirector をインストールして有効化しましょう。

 

ダッシュボードのプラグインメニューから

『新規追加』をクリックします。

 

『QR Redirector』を検索すると、

以下のようなアイコンのプラグインがヒットします。

QR Redirector,インストール

プラグインをインストールしたら、

忘れずに有効化してください。

QR Redirector,有効化

QR Redirector をインストールして有効化が完了すると、

ダッシュボード上に『QR Redirects』というメニューが表示されます。

QR Redirector,設定方法

メニューには2つの項目があります。

  • QR Redirects    :既存QRコードの編集や削除、
              ショートコードの確認などの作業ができます。
  • Add QR Redirect      :新しくQRコードを作成することができます。

 

今回の記事では、新しくQRコードを作成するデモンストレーションを行いますが、

『QR Redirects』をクリックするとこのように既存のQRコードが表示されます。

QR Redirector,新規追加

それでは早速、新しいQRコードを生成するために

『Add QR Redirect』をクリックします。

 

すると、以下のようなQRコード生成画面が表示されます。

QR Redirector,生成画面

まず、『ここにタイトルを入力』と表示されている入力欄に

今から生成するQRコードの名前を入力してください。

 

QRコードが生成されて表示される際には表示されませんが、

『QR Redirects』で既存QRコードの一覧を確認する際に

識別しやすい名前をつけましょう。

QR Redirector,名前

次に、URLの入力欄には

QRコードからアクセスさせたいウェブページのURLを入力します。

また、『Error Correction Level』は設定を変更しなくて大丈夫です。

 

そして、『Size』では

表示するQRコードの大きさを変更することができます。

 

QRコードの設定変更が完了したら、

『公開』をクリックします。

 

記事が公開される代わりに、

QRコードの設定内容が『QR Redirects』に保存されます。

QR Redirector,設定内容

『公開』をクリックして設定内容が保存されると、

設定内容が反映されたQRコードのプレビューが画面下部に表示されます。

 

ちなみに、Size:1の場合のQRコードはこのくらいの大きさです。

QR Redirector,サイズ,大きさ

Size:6の場合は、このように

QRコードもかなり大きく表示されるようになります。

 

プレビューでは、ブログで表示される際の実寸大のQRコードが表示されるので、

ブログのデザインやイメージに合うものを考えてみてください。

QR Redirector,プレビュー

QRコードの設定が完了したら、

QRコードのプレビューの上部に表示されているショートコードをコピーします。

 

そして、表示させたい記事やサイドバーに貼り付ければ

QRコードを表示させることができます。

QR Redirector,表示,サイドバー

サイドバーのウィジェットにショートコードを貼り付けると、

QR Redirector,ウィジェット,ショートコード

以下のように表示されます。

QR Redirector,表示

そして、記事にショートコードを貼り付けると、

QR Redirector,記事,ショートコード

以下のようにQRコードが表示されます。

QR Redirector,表示

QR Redirector を活用したQRコードの生成、

そしてブログ上での表示の仕方については以上です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。