検索クエリ アクセス解析

GoogleSearchConsole(旧ウェブマスターツール)

『検索クエリ』の使い方を解説していきます。

 

検索クエリ』はアクセス解析機能の一つですが、

Googleアナリティクスの『検索キーワード』とは異なるアクセス解析が行えます。

 

今回の記事では、GoogleSearchConsoleの『検索クエリ』の使い方から

Googleアナリティクスの『検索キーワード』との違いについて解説します。

 

さらに、『検索クエリ』によって得られるアクセス解析データを

実際のブログ運営に活用する具体的な方法についてご紹介します。

 

今回ご紹介する『検索クエリ活用術』をマスターすることで、

無駄なく効率的にアクセスを集められる記事作成が可能になります。

 

ちなみに、GoogleSearchConsoleの『検索クエリ』を使うには、

あらかじめ運営しているサイトを登録しておく必要があります。

 

まだブログをGoogleSearchConsoleに登録していない場合は

こちらの記事を参考にして登録を完了させておいてください。

サーチコンソールへのブログ登録とXMLサイトマップ送信方法

 

GoogleSearchConsoleで
アクセス解析に活用できる『検索クエリ』とは?

『検索クエリ』はGoogleSearchConsoleから利用することのできる

ブログのアクセス解析をする機能になります。

 

インターネットユーザーが検索している

実際のキーワードの組み合わせを確認することができるので、

ブログ記事を投稿していく上でとても参考になる情報が得られます。

 

それではさっそく、GoogleSearchConsoleで『検索クエリ』の

アクセス解析情報を確認する方法をご紹介します。

 

まず、SearchConsoleでアクセス解析したいブログのプロパティへ移動したら、

『検索トラフィック』を選択して、『検索アナリティクス』をクリックします。

サーチコンソール 検索クエリ

 

そうすると、検索アナリティクスの画面に移動します。

検索アナリティクスとは表示されていますが、

この画面で検索クエリによるアクセス解析を確認することができます。

 

検索クエリのアクセス解析では、

『クリック数』『表示回数』『CTR(クリック率)』『掲載順位』の

4つの数値を確認することができるので 全てにチェックを入れましょう。

検索クエリ アクセス解析

 

そうすると、このように運営しているブログの

アクセス解析情報が表示されます。

 

このグラフでは、指定した期間での

それぞれの指標の動向を確認することができます。

 

また、具体的にアクセス解析情報をブログ運営に活かす場合には、

ページをスクロールしてブログ記事ごとの4つの数値から

次に取るべき行動を考えていきます。

 

これらのアクセス解析データのブログ運営への具体的な活用方法については、

記事の後半で3つのパターンに分けてご紹介しています。

検索クエリ 活用方法

 

GoogleAnaytics『検索キーワード』と『検索クエリ』の違い

今回は『検索クエリ』を活用したアクセス解析の方法をご紹介していますが、

アクセス解析においてはGoogleアナリティクスのほうが主流です。

 

そこで、Googleアナリティクスと検索クエリのそれぞれで

アクセス解析できる情報にはどういった違いがあるのか解説します。

 

GoogleAnalyticは訪れたユーザーの検索キーワード

Googleアナリティクスでは、実際にブログに訪れたユーザーが

どういったキーワードでブログへアクセスしてきたのかを確認することができます。

 

実際にブログアクセスに結びついているキーワードを確認することで

ブログ全体の中でもアクセスアップに貢献しているブログ記事を把握でき、

 

より一層 特定のブログ記事のコンテンツ量を増加させたり、

記事内にリンクを貼ることでさらなるアクセスアップに繋げることができます。

 

GoogleSearchConsoleは訪れなかったユーザーの検索キーワード

Googleアナリティクスの『検索キーワード』は、

実際に訪れたユーザーが検索したキーワードを確認できる一方で、

 

GoogleSearchConsoleの『検索クエリ』を使えば、

検索はされたがアクセスに結びつかなかったキーワードを確認できます。

 

ブログアクセスにまで至らなかったキーワードを把握した上で、

記事内のコンテンツを充実させたり、記事タイトルを変更することで

しっかりとアクセスを集められるブログ記事に修正することができます。

 

検索クエリのアクセス解析結果を活用する方法

なかなか江東で説明しても分かりにくいと思いますので、

大きく3つのパターンに分けて検索クエリの

アクセス解析結果を活用する方法をご紹介していきます。

 

・クリック率:低い ・順位;高い

まず1つ目のパターンは、検索結果画面上では上位表示されているにも関わらず

クリック率が低くアクセスに結びついていないブログ記事です。

 

こうした特徴が見られるブログ記事の場合は、

検索結果画面上で表示される記事タイトルやディスクリプションが

魅力的に感じられないためにクリックされないと考えられます。

 

そのため、これらの記事を見つけたら 検索キーワードは使い続けながら、

ブログタイトルやディスクリプションをもう一度考えなおしましょう。

 

検索結果画面上で表示される記事タイトルやディスクリプションが

より興味を引くものに変われば、クリック率が高まるはずです。

 

・クリック率:高い ・順位:低い

2つ目のパターンは、検索結果画面上では上位表示されていないにも関わらず

クリック率が高くアクセスアップに貢献しているブログ記事です。

 

こうした特徴が見られるブログ記事の場合は、

単純に検索結果画面上での順位を上昇させることで

順位の上昇に比例してクリック数も増えていくと考えられます。

 

そこで、これらの記事を見つけたら

とにかく文字数を増やしたり、動画コンテンツを盛り込むなどして

少しでも検索結果画面で上位表示されるように工夫しましょう。

 

掲載順位が低いにも関わらず、クリック率が高い記事なので

掲載順位が高まれば かなりのアクセスアップが期待できます。

 

・記事タイトルに使っていないキーワードで上位表示を確認

そして3つ目のパターンは、検索に使われているキーワードが

記事タイトルに含まれていないにも関わらず上位表示されているブログ記事です。

 

一般的には、記事タイトルに含められているキーワードが

SEO上は最も重要視されているはずなので、

 

そのキーワードの組み合わせは、検索需要があるにも関わらず

ライバルが少ない穴場だと考えることができます。

 

そのため、こうしたキーワードの組み合わせを見つけられた場合には

それらのキーワードを盛り込んだブログ記事を新しく投稿しましょう。

 

そうすれば、比較的簡単に検索結果画面で上位表示されて

ブログのアクセスアップに貢献するブログ記事を増やすことができます。

 

検索クエリの使ったアクセス解析のやり方
サーチコンソール・アナリティクスの活用術のまとめ

今回の記事では、GoogleSearchConsoleのアクセス解析機能『検索クエリ』の

基本的な使い方やGoogleアナリティクスの検索キーワードとの違いを解説し、

 

アクセス解析データを実際のブログ運営に活用する

具体的な方法についてもご紹介していきました。

 

GoogleSearchConsoleにブログを登録されている方のほとんどは、

『検索クエリ』を使いこなせていないことが多いので、

是非今回の記事の内容を身につけてブルグ運営に活かしていってください。

 

今回の記事の内容はこれで以上になります。

最後までお読み下さり、誠にありがとうございました。

 

Affiliate Business Community 運営者 守淳史