セルフプロデュース 方法

今回の記事では、『セルフプロデュース』の意味といった基本的なことから、実践するための具体的な方法などについて解説していきます。
謎の美女♡

『プロデュース』や『プロデューサー』という言葉はよく耳にしますが、『セルフプロデュース』という言葉はあまりに聞き慣れないのではないでしょうか。

『セルフプロデュース』を成功させることができれば、あなた自身のイメージを自由にコントロールできるので周りの人々の中に埋もれない唯一無二の存在になることができます。

ちなみに、『Hatena Keyword』の公式ページでは、以下のようにセルフプロデュースが定義されています。

自分をプロデュースすること。自己演出。
用法として「セルフプロデュース術」「セルフプロデュース能力」などがある。
またアーティストなどが、自身でプロデューサーを兼任することなども指す。

出典:セルフプロデュースとは | はてなキーワード
引用元URL:http://d.hatena.ne.jp/keyword/セルフプロデュース

こうした効果が有るため、特に『セルフプロデュース』は、ビジネスで起業されている方々や芸能人の間では頻繁に実践されています。

必ずしも起業家の方や芸能人として活躍されている方でなくとも、自分自身を魅力的かつ印象的にアピールすることができるので 周りとのコミュニケーションをより豊かに楽しめるようになるはずです。

セルフプロデュースの意味とは?

それではまず、『セルフプロデュース』とは、いったいどんなことを指すのかをあらかじめ確認しておきましょう。
謎の美女♡

セルフプロデュースとはズバリ、自分自身を思い通りのイメージで周りの人々に演出することです。

そして、セルフプロデュースは ブランディングという考え方ともとても密接に関わっています。

ブランディングとは何かというと、人や物に対して人々が何らかのイメージを持っていることを指します。

つまり、セルフプロデュースを通してブランディングを確立させることができるのです。

セルフプロデュースの実践方法

まずブランディングを構築したいと考えている方であればセルフプロデュースを地道に実践していく必要がありますが、セルフプロデュースを実践していく上で注意すべきポイントがあるので、その点について解説していきたいと思います。

4つの段階を意識する

謎の美女♡
セルフプロデュースを実践していく際には、あなた自身の哲学や価値感 そして実際の活動内容などを発信していきます。

その際に重要なポイントとしては、あなたの存在をまず知ってもらうということです。

そもそも周りの人々に興味を持ってもらうことができなければ、ひたすら壁に話しかけ続けているようなものです。

そのため、まずは人々に興味を持って貰う必要があるので、『興味を持ってもらうための4つのステップ』を1つずつクリアしていきます。

ステップを飛ばしたりすることはできないので、しっかりと4つのステップを確実に乗り越えていくことを意識しましょう。

興味を持ってもらう4つのステップは以下になります。

興味を持ってもらう4つのステップ
  • 露出
  • 認識
  • 共感
  • 傾聴

以上の4つの段階を踏まえた上で、情報を受け取る側がどの段階にいるのか把握しながら、適切な情報発信を心がけていくことが大切です。

ちなみに、この考え方は経済学者である『フィリップ・コトラー』が提唱している『購買意思決定モデル』を参考にしています。

購買意思決定モデルについては、『株式会社MAPS』では以下のように分かりやすく解説されていました。

消費者が、モノを買いたいというニーズを知覚してから、その目的を達成するために、情報を入手し、商品を比較することによって、より良い製品やサービスを入手するプロセスのこと。

フィリップ・コトラーが提唱する「5段階の購買プロセスのモデル」(「コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント」コトラー&ケラー著、08年Pearson Education Japan for JP刊)が有名。

出典:購買意思決定モデル(プロセス) | 株式会社MAPS
引用元URL:http://www.mapscom.co.jp/mwf.koubaiisiketteimoderu.html

それぞれのステップを詳しく見ていくと、まずは人々の目に触れて自分自身の存在を『露出』させていくことが重要です。

どれだけ価値のある情報を持っている人がいても『露出』しなければ、評価されるどころかそもそも『認識』されないのです。

『露出』を繰り返していくうちに 徐々に情報を発信している あなた自身や商品に対しての『認識』が高まっていくようになります。

やっと周りの人々に存在を認識してもらえるようになったら、次の段階は いかにして『共感』してもらえるか努力することです。

例えば、学習塾のコマーシャルなどで よく見かける手法としては『いくら頑張っても成績が伸びなかった僕が難関大学に合格!』といったものがあります。

こうしたコマーシャルを打つことによって、頑張っても成績が伸びずに悩んでいる学生や両親から共感が得られるのです。

人々から『共感』が得られるようになれば、次第にあなたの発信している情報に人々が耳を傾けるようになります。

これが『傾聴』という4つ目の最終段階になります。

個々の段階までステップを乗り越えることができれば、あなたの発信している情報はしっかりと人々の心に届きセルフプロデュースを実践していく下地が出来上がります。

また、こちらのYoutube動画では慶応義塾大学商学部での新しい形の意思決定プロセスの研究について紹介されています。


出典:商学部 清水聰 – 新時代のマーケティング 「循環型意思決定プロセス」の解明への挑戦
引用元URL:https://www.youtube.com/watch?v=XAg9_jCGVTk

セルフプロデュースと企業が行っているマーケティングにおいては数多くの共通点があり、露出して存在を知ってもらった上で行動を促すという流れをマーケティングの視点から考えることも大変重要です。

ミュージシャン・アーティスト・アイドルの
セルフプロデュース実践例

ここまではセルフプロデュースの基本的な考え方や実践方法をおおまかにご紹介してきたので、ここからは実際にセルフプロデュースに成功している芸能人やミュージシャン・アーティストなどの実例を一緒に見ていきましょう。

セルフ・プロデュースの達人!ももいろクローバーZ☆


出典:ももいろクローバー/行くぜっ!怪盗少女(MOMOIRO CLOVER/IKUZE! KAITOU SYOUJO)
引用元URL:https://www.youtube.com/watch?v=u7z9M0vFPbI

謎の美女♡

ももいろクローバーZの幅広い年齢層での人気の秘密は、セルフ・プロデュースによって確立させたブランディングにあります。

ももいろクローバーZのイメージとしては一般的にムチャ振りに近いほどのライブパフォーマンスというものがありますが、ももいろクローバーZはライブパフォーマンスだけではなく、さまざまな点においてセルフ・プロデュースを実践してきました。

謎の美女♡
こちらの記事を読んで頂ければ、
ももいろクローバーZのセルフ・プロデュースの裏側やそれによって確立されたブランディングについて分かって頂けるはずです。

壇蜜はセルフプロデュース美人


出典;壇蜜湯 未公開映像【ギルガメ公式】
引用元URL:https://www.youtube.com/watch?v=YYfbwLMHSYg

謎の美女♡

壇蜜さんは『色気のある30代女性』というブランディングで、芸能界でダイブレイクしましたが まさにセルフプロデュースの賜物です。

芸能人の場合ですので テレビに出ることで『露出』と『認識』はクリアしていましたが、そこからのテレビの視聴者に対して『色気のある30代女性』というブランディングを『共感』させることがとても上手かったように思います。

謎の美女♡
壇蜜さんのセルフプロデュースの実践例について詳しく知りたい場合はこちらの記事で詳しく書いていますので ぜひお読み下さい。

レディー・ガガのセルフプロデュース力


出典:Lady Gaga – Applause (Official)
引用元URL:https://www.youtube.com/watch?v=pco91kroVgQ

謎の美女♡

レディー・ガガさんは2008年にアルバム『ザ・フェイム』をリリースしてからというもの、超大型新人として一気に世界的に有名なアーティストとしてスターダムを駆け上りました。

そんなレディー・ガガさんもしっかりと戦略的にセルフプロデュースを実践されていました。

特にレディー・ガガさんの場合は ライブパフォーマンスの際の衣装・メインが独創的なイメージが強いのではないでしょうか。

まぶたの上に大きな目のメイクをしてみたり、『牛肉のドレス』といった炎上しそうなものまでさまざまなものがあります。

このようにファッションやメイクでも注目を集めたレディー・ガガさんですが、セクシャル・マイノリティや性的暴行などを受けた過去をさらけ出すことでも多くの人々から共感を得ました。

謎の美女♡
レディー・ガガさんのファッションや言動から学ぶセルフプロデュースの実践例についてはこちらの記事を参考にして下さい。

ゴールデンボンバーのセルフプロデュース術


出典;「ゴールデンボンバー/水商売をやめてくれないか Full size(音声モノラル64kbps)」
引用元URL:https://www.youtube.com/watch?v=F2i41Roa_Qo

謎の美女♡

ビジュアル系ロックバンド『ゴールデンボンバー』はビジュアル系というニッチなジャンルであるにも関わらず、幅広い世代の方々にファンがいらっしゃいますし、熱狂的なファンもとても多いです。

ゴールデンボンバーがこれだけブレイクした理由もバンドに対する世間からのイメージを考えて見れば分かります。

私は個人的にGacktさんなど ビジュアル系アーティストの方でも価値感や哲学に共感している方が数多くいますが、ビジュアル系に興味のない方々にとっては、服装や話し方など なかなか受け入れられにくい点もあるかと思います。

その一方で ゴールデンボンバーはブレイクする以前からライブパフォーマンスでは笑いを取り入れた演出をしたり、ボーカルのキリショーさん以外は全てエアー演奏だったりとかなり突っ込みどころが多いメンバー構成になっています。

これもゴールデンボンバーが 他のビジュアル系バンドと差別化するための戦略的なセルフプロデュースだったと考えることができます。

笑って楽しめるライブパフォーマンスをしていたり、エアー演奏という事実を公にした結果 多くの方から親近感を勝ち取れたのです。

謎の美女♡
ゴールデンボンバーから学ぶセルフプロデュース術については、こちらの記事で詳細に解説しているので ぜひ読んでみてください。

TMRの西川貴教から学ぶ☆リブランディング戦略


出典:西川貴教のイエノミ!! 『BUCK-TICK 櫻井敦司✕今井寿』 2014.5.22
引用元URL:https://www.youtube.com/watch?v=hznapAIcCQY

TMR(TM Revolution)としてデビューした当時の西川貴教さんは中性的な顔立ちでイケメンキャラとしてダイブレイクされました。

しかし、現在では西川貴教さんもデビューしてから10年以上経過されており、いつまでも中性的なイケメンキャラクターを演じるには無理が出てきました。

そのため 最近では、面白いトークキャラクターとしてリブランディングされています。

その結果、現在では音楽活動だけではなくバラエティー番組『イエノミ』などのMCを任されるなど、多岐にわたる芸能活動で活躍されるようになりました。

謎の美女♡
TMRの西川貴教さんのリブランディング戦略については、こちらのブログ記事をチェックしてみてください。

セルフプロデュースの方法・意味とは?のまとめ

今回の記事では セルフプロデュースの基本的な意味から、実践していく上で重用な『興味を持ってもらう4つのステップ』を解説しました。
謎の美女♡
また、セルフプロデュースによって芸能人やミュージシャン、そしてアーティストとしてブレイクされた方々の事例もご紹介していきました。

特に、セルフプロデュースの詳細な実践例についてはリンクをご紹介しているので ぜひ詳しく読んで頂けたら嬉しいです。

『ホリエモンチャンネル』でもセルフプロデュースの重要性について話されていた回がありました。

私とは違った観点やセルフプロデュースの手法などを学べると思いますのでぜひ参考にしてみてください。

出典:ホリエモンのQ&A vol.200~セルフプロデュースが大事!?~
引用元URL:https://www.youtube.com/watch?v=c13vdBRtBV8

また、僕自身はこうしたブログ記事を書いていくことで生計を立てており、2016年7月には念願の海外移住を実現させることができました。

最初の海外移住先はマレーシアのランカウイ島になります。

謎の美女♡

マレーシアのランカウイ島での海外生活についての動画や旅行体験についてはコチラのページでまとめてご紹介しています。