セルフプロデュース ツイッター 方法

ツイッターセルフプロデュースを通してブランディング

確立させていくためのツールとして最適です!

 

今回の記事では、ツイッターを活用したセルフ・プロデュースの方法

私の実践例をご紹介しながら解説していきます。

 

ぜひ、ビジネスに取り組む際にツイッターを活用したいと考えている方は

今回の記事を参考にして頂けたらと思います。

 

セルフプロデュースとは?

それではまず、『セルフプロデュース』とは

いったいどんなことを指すのかはっきりさせておきましょう!

 

セルフプロデュースとはズバリ、

自分自身を思い通りのイメージで周りの人々に演出することです。

 

そして、セルフプロデュースは

ブランディングという考え方ともとても密接に関わっています。

 

ブランディングとは何かというと、

人や物に対して人々が何らかのイメージを持っていることを指します。

 

つまり、セルフプロデュースを通して

ブランディングを確立させることができるのです。

 

今回の記事では、セルフ・プロデュースについての考え方はメインではなく

ツイッターを活用した実践例をメインでご紹介していきますので、

 

セルフ・プロデュースの基本的な考え方について

まず学んでおきたいという方はこちらの記事を参考にして下さい。

セルフプロデュースの方法・意味とは?

 

セルフプロデュースにツイッターが有効な理由

それではまず、いったいどうしてツイッターが

セルフ・プロデュースを実践していく上で効果的なのかという理由についてです。

 

SNSで利用者が多いものでは ツイッターの他にFacebookなどもありますが、

Facebookは既存の繋がりとの関係性が強く『パブリック性』がありません。

 

セルフ・プロデュースやブランディングというものは

まだ実際に会ったことのない人々から、

 

直接的な交流を持たずとも

特定のイメージを持ってもらうことが目的となっています。

 

そのため、Facebookのような既存の繋がりとの交流を促すSNSよりも

共通の趣味を持っている人々と気軽に繋がることができる

ツイッターの方が好ましいのです。

 

ツイッター活用したセルフプロデュースの実践例

それでは実際に、どのようにツイッターを使って

セルフ・プロデュースを実践していけばいいのかご紹介していきます。

 

自分の趣味や好きなものの中からテーマを設定

まずはツイッターで日々投稿するテーマに関して

いくつか候補を上げてみましょう。

 

そして、テーマを選ぶ際のポイントですが

可能な限り熱狂的なファンが多いテーマを選んでいきましょう。

 

例えば、ミュージシャンやアイドルといったテーマに関しては

有名ドコロであれば数えきれないほどの信者が存在しています。

 

彼らは四六時中、お気に入りのミュージシャンや

アイドルの情報について調べているので、

 

ツイッター上でそれらのテーマに関してツイートすると、

かなりの確率であなたのツイートを読んでもらうことができます。

 

また、テーマを決める際には 熱狂的なファンが多いからといって、

ファンを装ってツイートすることはあまりオススメしません。

 

ツイッターによるセルフ・プロデュースは短期間で達成できるものではなく、

毎日少しずつ継続していくことで初めて 効果が徐々に出てくるものです。

 

もし、全く興味のないミュージシャンのファンを装ってみても

もともと興味が無いので彼らの情報について調べることが苦痛になってきます。

 

その一方で、あなた自身が本当に好きなミュージシャンやアイドルがいれば、

暇な時間さえあれば 積極的に調べたり動画を見ているはずです。

 

その結果、ノンストレスかつ楽しみながらツイッターを活用した

セルフ・プロデュースを実践し続けていくことができます。

 

自分自身の活動と関連性のある本質をツイートする

『自分の趣味をツイートしているだけでいいの?』といった

疑問も持つ方がいらっしゃると思いますが、

 

もちろん、ただ単純に趣味に関するツイートをしているだけでは

セルフ・プロデュースを実践できているとは言えません。

 

熱狂的なファンが多いテーマに関してツイートすることで

あなたのツイートを見て貰える可能性を高めて、

 

最終的にはあなた自身について興味を持ってもらうことで

セルフ・プロデュースによるブランディングが確立していくからです。

 

では具体的に、どのようなツイートをしていけばいいかというと

お気に入りのミュージシャンやアイドルの言動から

学んだことや共感したことをツイートしていけばいいのです。

 

例えば、私のツイッターアカウントではこのようなツイートをしていました。

13023612_989096947844302_307813962_n

 

このツイートでは、Gacktさんの発言にとても共感したことを述べた上で、

私自身の価値観や哲学についても言及しています。

 

その結果、数多くの人々に共感して頂けて

リツイートやいいね!を伸ばすことができました。

 

このような形で、まずは共通の趣味というキッカケで

あなた自身の存在を知ってもらった上で、

 

その次の段階として あなた自身についても

興味を持ってもらえるように工夫しながらツイートを行っていきましょう。

 

ツイッターでセルフプロデュースする際の注意点

ビジネスの一環としてツイッターを使っている方は数多くいますが、

客観的な視点を意識しながらツイートできている人はとても少ないです。

 

どういうことかというと、あまりにもビジネスの宣伝としてしか

ツイッターを使えていない方々が多いのです。

 

例えば、私のようにブログ運営している方のツイッターアカウントであれば

ツイート内容の全てにブログ記事のリンクが貼り付けられていたりします。

 

ビジネスの見込み顧客を得るためにFacebookやTwitterを

活用している方々にぜひ注意していただきたいことは、

『業者感を可能なかぎり抑える』ということです。

 

例えば、あるテレビ番組を見ている場合

番組内容の途中途中でテレビコマーシャルが挟まれます。

 

FacebookやTwitterで毎回ビジネスの宣伝をしているということは、

テレビを付けてもずっとテレビコマーシャルしか流れていないような状態です。

 

そんなテレビ番組は誰も興味を持ちませんし、

コマーシャル内容に嫌悪感を感じるかもしれません。

 

その一方で、テレビ番組の内容がとても面白く

コマーシャル後の番組内容の続きも気になるからこそ

テレビ視聴者にコマーシャルもついでに視聴してもらえるのです。

 

したがって、Facebookやツイッター上でビジネスの宣伝をしようとする場合は、

『ビジネスの宣伝:魅力的なプライベート=3:7』

以上のような割合で投稿内容を考えていくべきです。

 

ツイッター独特の感覚を掴む

FacebookやTwitterは同じSNSとして一括りにされていますが、

それぞれのSNS利用者の特徴を掴んだ上で口調や投稿内容を修正していきます。

 

Facebookであれば、既存の友人の中でも特に仲の良い友人の投稿であれば、

ある程度長めのものでも しっかりと読み込もうと思うかもしれません。

 

その一方で、Twitterの場合は不特定多数の人々のツイート内容が

引っ切り無しに流れてくる状態なので、

 

暇な時間帯に気軽にさくっと読み流せるような

軽めの投稿内容がツイートには合っているのです。

 

それにも関わらずに、Facebook並に

がっつりした暑苦しい内容をツイートでも流してしまうと

フォロワーの方々からそこまで反応してもらえることができません。

 

ツイートする際には、

さくっと気軽に読み流せるような内容を意識していきましょう。

 

表面的なことばかりツイートしない

さくっと気軽に読み流せるような内容をツイートすると言いましたが、

表面的な内容ばかりツイートしないようにしましょう。

 

例えば、『今日は〜〜で買い物をした♡』、『今日は友だちと遊んだ☆』

といったプライベートなツイート内容も業者感を出さずに

プライベートなアカウントであることを演出する上で大切ですが、

 

反対にそうした内容ばかりのツイートをしていても、

フォロワーからの反応は次第に減っていってしまいます。

 

なぜなら、基本的にあなたに対して他者はそれほど興味を持っていないからです。

あなたがプライベートをどのように過ごしていようが気にならないのです。

 

カリスマ的な芸能人やミュージシャンなどであれば、

日頃はどんな生活をしているのか?などと興味を持たれるかもしれませんが、

 

ビジネスで起業しようと考えられている方々のほとんどは一般人ですので、

そこまで一般大衆から日常生活が注目されることはありません。

 

ですから、プライベートな投稿は時々する程度にして

基本的には共通の趣味の人々に認識してもらえるようなツイートをしていきます。

 

ツイッターを活用してセルフプロデュースする方法!のまとめ

今回の記事では、Twitterを活用したセルフ・プロデュースの方法を

私の実践例をご紹介しながら解説していきました。

 

Twitterは共通の趣味を持っている人々と気軽に繋がることのできるSNSなので、

まだ会ったことのない人々に対してブランディングを確立させるための

セルフ・プロデュースと大変親和性の高いSNSと言えます。

 

また、ツイッターでセルフプロデュースしていく際の

注意点もいくつかご紹介していきました。

 

ビジネスの宣伝内容一色といったつまらないアカウントにするのではなく、

フォロワーの方々から数多くのリツイートやいいね!を頂けるような

魅力的なツイートをしていくように心がけましょう。

 

今回の記事内容はこれで以上になります。

最後までお読み下さり、誠にありがとうございました!

 

Affiliate Business Community 運営者 守淳史