友達,誘い,断る,罪悪感

友達からの誘い断るときに感じる罪悪感対処法に悩む人は多いのですが、

こうした悩みを表面的に出す人はなかなかいないのが実態です。

 

大学生であれば、春がやってくれば追いコン新入生歓迎会という名の

飲み会がもう嫌というほど開催されています。

 

また、こうした飲み会や食事会に参加することが

まるで生きがいのように感じている人も中には存在しますが、

 

この記事を読まれているあなたは私のように

1人でマイペースに余暇を過ごしたいと思われているのではないでしょうか。

 

そこで今回の記事では、友達からの誘いや追いコンなどを断る時に感じてしまう

罪悪感の対処法や考え方をご紹介していきたいと思います。

友達からの飲み会や食事の誘いを断るべきタイミングとは?

友達からの誘いを断る際に感じてしまう

罪悪感に対しての対処法について書いているわけではありますが、

 

時間的・金銭的に余裕がある場合なら、

友達や職場の同僚との信仰を深める良い機会なので誘いを断る必要はないでしょう。

 

では、友達からの食事や飲み会、そして追いコンなどの誘いを

断らなければならないタイミングとは いったいどういう時なのでしょうか?

 

それはズバリ、もしあなたが

何かしらの目標を達成するために頑張っている時期です。

 

どんな目標でも達成するためには、

時間やお金を集中的に目標達成のために投資する必要があるので、

友達からの飲み会や食事の誘いは断るべきです!

 

今回の記事では、こうしたタイミングできっぱりと誘いを断るべき理由

友達に対して罪悪感を感じる必要のない根拠を書いていきます。

 

何気なく生活していると気付きにくいですが、

少し意識するだけで毎日どれだけ多くの誘いを受けているかわかると思います。

 

『おっす、久しぶり!時間あったらご飯食べに行かない?』

『ねぇねぇ、今日の授業終わったら一緒に飲みに行こうよ!』

 

確かに、友達と一緒に食事をしに出かけたり、

大学の授業や会社の仕事帰りに飲みに出かければ、

とても楽しい時間が過ごせます。

 

また、職場や大学のサークル仲間たちとの

親交を深める良い機会であることは確かです。

 

しかし、私の場合は 大学の研究会の追いコンや

海外から一時的に帰国した友人との久しぶりの再開

 

といった、特別な理由がない限りは

友達からの飲み会や食事の誘いは受けないようにしています。

 

こんなことをすると、

相手のことを傷つけてしまうかもしれませんし、

 

付き合いが悪いということで

仲間はずれにされることもあるかもしれません。

 

私はこうしたリスクをしっかりと認識した上で、

それでも、友達からの飲み会や食事には殆どの場合生きません。

 

なぜなら、

いくら飲み会や食事を友人と楽しめたからといって、

 

それは人生において有限で貴重な『時間』と『お金』を

消費していることにしかならないからです。

『時間』と『お金』の使い方は

『消費』と『投資』の大きく2つに分けることができます。

 

消費とは、お金が生み出されない活動に時間とお金を使うことで、

投資とは、将来的にお金を生み出す活動に時間とお金を使うことです。

友人と楽しい時間を過ごすことは、

人生を豊かにしていく上で大変重要ではありますが、

 

そればかりに時間とお金を使ってしまっていると、

将来的にお金を生み出すために

投資すべき時間とお金がどんどん失われていきます。

 

『ビジネスで独立したい!』

『もう会社で働くのはコリゴリだ。。。』

などと思われているのであれば、

 

時間とお金の使い方をより一層意識して、

日々の行動を改善していきましょう。

 

また、一時期だけ

お金を稼ぐことのために時間とお金を集中的に投資すれば、

 

ある水準までお金が自動的に稼げるようになった時点で、

後は好きなだけ友人との交流に時間やお金を使えるようになります。

 

例えば、ホリエモンのようにさまざまなビジネスを立ち上げて

自分自身が四六時中働かなくても自動的にお金が稼げる仕組みができれば、

芸能人や美女たちと好きなだけ夜の街を遊びまわることだってできます。

 

しかしその一方で、ホリエモンですらビジネスを立ち上げる段階では、

全ての時間とお金をビジネスのために集中的に投資してきました。

 

その間の数年間は、

寝る間も惜しんでビジネスと真摯に向き合い続けていました。

 

中途半端に遊んで、中途半端に働き続けるのか

それとも一時期だけ死ぬほど努力して

残りの人生を自由に生きるかはあなたの選択です。

 

友達からの誘いを断ることに罪悪感なんて感じるな!

飲み会や食事の誘いを断るべき!なんて言われても、

大学の友人や仕事の同僚からの誘いはなかなか断りにくいのが普通です。

 

なぜなら、せっかくの誘いを断るということは、

誘ってくれた友人や同僚よりも自分自身のことを優先することになるので

やはり良い印象は持ってもらいにくくなるわけです。

 

また、いつも誘いを断るようになれば、

付き合いの悪い奴というイメージが定着して

大学や職場でも過ごしにくくなってしまうかもしれないからです。

 

そんなわけで、人によっては

誘ってくれた友人を傷つけたくないがために、

いつも誘いに乗って飲み会や食事に参加する人もいるでしょう。

 

しかし、ここで考えてもらいたいのは、

『あなたはいったい誰のために人生を生きているのか?』ということです。

 

あなたは、あなた自身が幸せになるために人生を送るべきです。

何も追いコンや食事会に参加するために生きているわけではないのです。

 

人間も地球上の動物ではありますが、

唯一生命が保証された優越的な立場にいます。

 

そんな地球上における特別な存在だからこそ、

『生きる意味』を追求することができるのです。

 

人間は自分自身の生きる意味を探求してこそ、

他の動物とは違った人間だからこその人生を送れると思っています。

 

また、自分よりも他人の子と幸せにしたいという人もいるかもしれませんが、

自分自身が幸せでない人に他人のことを幸せにすることなどできません。

 

まずは自分自身のことを大一優先で考えて、

ある程度の余裕ができてきてから周りを考え始めればいいのです。

 

確かに、友人からの誘いに可能な限り答えていれば、

相手を傷つけることなく、仲間外れにされることもなく、

無難に生活を送ることができます。

でも、あなたはそんな人生を送ることで

本当に幸せになれるのでしょうか?

 

周りの人々に有限で貴重な『時間』と『お金』を

奪われ続けていいのでしょうか?

 

『時間』と『お金』を投資してビジネスで成功し、

自分自身が本当に幸せを感じる人生を送るべきではないでしょうか?

つまり、他人のためではなく、
あなた自身のためにあなたの有限な『時間』と『お金』を使うべきなのです。

 

罪悪感なんて感じている場合ではありません!!

 

友達からの誘いを断る時に感じる罪悪感への対処法のまとめ

今回の記事では、友達からの誘いを断るときに感じてしまう

罪悪感への対処法というテーマについて、

 

有限な『お金』と『時間』を投資するのか、消費するのか?

という視点で私の考え方を書いていきました。

 

特に、何かしらの目標を達成するために努力している時期であれば、

それ以外の交友関係や無関係なイベント事への参加は控えるべきだと考えます。

 

この記事を読まれているあなたも 友達から誘いを受けた際には、

他にもっと重要ななやるべきことがあるのではないか?

 

と自問自答して、

物事の優先順位を考えるように意識するようにしましょう。

 

具体的な『お金』や『時間』使い方や優先順位についての考え方については、

以下のメルマガを読んで頂ければ分かるようになっています。

 

いつでも解除可能ですので

ぜひお気軽に無料で読んでみてくださいね!

 

それでは、今回も最後まで記事をお読み下さり、

誠にありがとうございました!

 

Affiliate Business Community 運営者  守淳史