自立心 独立心 自律心

 

これからの時代を生き抜く力を高めるには、

強い独立心と自立心を鍛え、育てる必要があります。

 

高度経済成長期のように経済が上手く回って

日本全体が発展し続けている状態であれば、

 

就職した企業の言うとおりに働いていれば、

十分な給料が稼げましたし、毎年昇給を期待することもできました。

 

しかし、今現在の日本の状況を見れば、

成長段階はとうの昔に過ぎ去り、経済は停滞し落ち込み始めています。

 

こうした日本社会において仕事を得て収入を得ていくためには、

もはや企業に依存した考え方では話しにならない段階にまで来ています。

 

これからの時代には強い独立心と自律心が求められる

これからの時代は、IT技術の革新やそれに伴う人件費削減、

そして外国人労働者の増加によって、

 

企業に就職すれば安心して暮らせるという

定説はほとんど時代遅れな考え方・価値観になってきています。

 

私の家系は、家族から親戚一同まで

ほとんどが学校の教職員として働いており、

 

『学校の先生になれば、安定して暮らせるよ。』

と幼い頃から 何度も説かれながら生きてきました。

 

しかし、私にはどうしても

祖父や祖母の時代と全く同じ雇用条件で働けるとは思えませんでした。

 

祖父や祖母が働き始めた頃は、

第2次世界大戦が集結したばかりの頃で

その当時の日本経済は戦後における底辺だった状況でした。

 

そうした状況であれば、経済は成長するしかありませんし

それに伴って、公務員として学校の教職員として働いておけば、

申し分ない雇用条件が提示されてしかるべきでした。

 

しかしながら、今現在の日本経済を見てみると、

経済成長は既に過ぎ去り、年金制度すら存続が危ぶまれているような状況です。

 

これほどまでに国の経済状況が悪化している中で、

戦後から高度経済成長期に働いていた人々と同じ労働条件で

働くことができるなどとは到底考えることができませんでした。

 

こうした現状をトータルで考えると、

これからも企業に依存働いていく人々は

大きく2つのパターンに分けられることができます。

 

1つ目のパターンは、公務員として働くことで

少なくとも仕事にありつけるという

 

職業の安定を得る代わりに

収入が大幅に低下してしまうというパターン。

 

2つ目のパターンは、企業に就職して働き始めた結果、

人員削減の結果、何かしらの理由をつけられて退職させられるパターン。

 

もしくは、契約社員かアルバイトとして雇われることで

何の保証も提供されずに安い賃金で働かさせるというパターンです。

 

このように、これからの時代を生き抜いていく上で、

企業なり国家に依存して生きていこうという考え方では

何かしらの形でデメリットを被ることになってしまうのです。

 

そのため、今現在は企業で働かれている方も、

いつリストラされて職を失うことになったとしても

次の日から自分自身の力だけでお金を稼ぐ力を育てておく必要があります。

 

そして、個人の力でお金を稼いで

これからの時代を力強く生き抜いていくためには

強い自立心と独立心を鍛え、育てておかなければならないのです。

 

独立心・自立心の意味とは?独立心旺盛な人の特徴とは?

独立心と自立心は意味においてはほとんど一緒のものとして扱われています。

 

独立心・自立心とは他人に頼ることなく

自分自身の力で何かしらの行動をしていこうとする心のあり方を指しています。

 

人間には生まれつき、独立心・自立心が備わっています。

子育てを経験された方ならわかると思いますが、

 

発育過程の赤ちゃんは日々新しい行動を学んでは

自分の力でどんな行動もやり通そうと試行錯誤を繰り返します。

 

私には2016年の4月に中学校に入学するいとこがいますが、

彼も幼かった頃は、自分で食事をしようとして慣れない手つきで

フォークやスプーンを持とうと懸命に努力していた時期がありました。

 

ちなみに、その当時の彼の口癖は『自分で!』でした。(^^)

つまり、人間は基本的には生まれながらにして独立心旺盛な生き物なのです。

 

しかしながら、成長をしていく過程で

将来的に金銭的に豊かな生活を送りたいのであれば、

 

学校の勉強を頑張って、良い大学へ入学して

有名な大企業に就職すべきだと何度も繰り返し親や周りの大人から教育されます。

 

その結果、なんとか勉強を頑張ってさえいれば、

企業なり国が自分のことを守ってくれるだろうという

強い依存マインドが育て上げられることになります。

 

その一方で、子供の頃の

独立心旺盛なままで成長し続ける人も中にはいます。

 

そうした独立心旺盛な人の特徴としては、以下のようなものが見られます。

『他人からの評価ではなく、自分自身の価値観や判断基準を持っている』

『他人から指示を出されることを極端に嫌い、全て自分の判断で行動したがる』

 

これらの特徴は、人によっては

『単なるワガママな性格』として片付けられるかもしません。

 

また、こうした強い独立心を持っている人であっても、

正しい努力の方向性をいつまでも見つけることができなければ

独立心旺盛な性格を最大限に活かすことができません。

 

独立心や自立心が欠けている人の場合は、

意識的に企業や国に依存しない生き方を意識していくべきですし、

 

既に独立心旺盛な人の場合は、

正しい方向性でその独立心・自立心のエネルギーを使うようにしていきましょう。

それぞれの具体的な方法や対策は、記事の後半でご紹介していきます。

 

自立心と自律心の意味における違いとは?

それでは続いて、『自立心』と『自律心』の

意味における違いについて説明します。

 

『自立心』とは、先ほど説明したように

他人に頼らずに自分の力でものごとを成し遂げようとする気持ちのあり方で、

 

『自律心』とは、感じで『自分を律する』と書くように

自分自身の行動をしっかりと律する心のあり方を指しています。

 

自立心と自律心の意味は微妙に異なりますが、

これからの時代を強く生き抜いていく力を育て上げていくためには

強い自立心と自律心を鍛えあげておく必要があります。

 

強い自立心があれば、あえて他人からやるべきことを支持されなくとも

現状を判断して自分自身が取るべき行動を考えることができます。

 

しかしながら、いくら頭を働かせて

今やるべきことを認識することができたとしても、

 

しっかりと有限な時間をコントロールして

作業に取り組む必要があります。

 

企業や国に依存する場合は、やるべき仕事内容が明確に提示されて

しっかりと仕事をこなしているか監視されるようになります。

 

そのため、企業や国への依存心が強い人は、

自分自身ではなく他人によって律せられるのです。

 

一方で、企業や国に頼らずに自分自身の力でお金を稼ぐためには、

自分自身で考えてビジネスをしなければなりません。

 

この場合は、誰から雇われているわけでもないので、

特に自分自身の行動を監視している人もいません。

 

こうした状況下では、

自分のことを自分で律して日々生活する必要があるのです。

 

例えば、受験勉強も同じです。

高校受験までは親に『勉強しろ、勉強しろ』と

言われている人は 頑張って良い高校には入学しますが、

 

良い高校に入学して親が安心して、

特に勉強に口を出さなくなると 高校ではたちまち学習意欲を失ってしまい、

それにともなって一気に学力を低下させてしまうような学生は数多くいます。

 

反対に、もともと自律心を持って学習に取り組んでいた学生であれば、

親や周りの人から『勉強するように』と注意されなくとも

自分で進んで学習を続け、学寮を高め続けていきます。

 

幼児期から思考力の粘り強さを鍛える育て方とは?

記事の冒頭で書きましたが、

人間にはもともと強い独立心が備わっています。

 

そのおかげで、幼児期には積極的にさまざまなことを

学び、吸収することで次第に大人へと成長していくのです。

 

それでは、幼児期からどのように関わることで、

強い自立心を構成する思考力や簡単には諦めない

粘り強さを鍛えられるのかお伝えしていきます。

 

方法はとても簡単です。

出来る限り基本的な情報やツールを身につけさせたら、

 

後は可能な限り試行錯誤しながら

自分の力で目標を達成差sるようにするだけです。

 

子育てをしていると、子供の可愛さから

どんな些細な事でもすぐにやってあげようとしてしまいがちです。

 

しかしながら、普段だったらやってあげてしまうようなものごとでも

少しずつ子ども自身の力でできるようにガイドするスタンスを取るべきなのです。

 

例えば、目玉焼きを調理する場合であれば、

大人にとってはとても簡単なことなので パパっとやってあげてしまいがちですが、

 

卵の割り方から フライパンの基本的な使い方を教えてあげて、

あとは実際に目玉焼きを調理させてみればいいのです。

 

そうすることで、子供は自分自身で考えながらどうしたら

上手く目玉焼きが作れるか頭の中で何度お考えることで思考力がつきますし、

 

何度か失敗しても、綺麗な目玉焼きを作り上げられるまで

何度も挑戦する過程で 目標を達成するまで諦めない粘り強さを鍛えられます。

 

独立心・自立心を高める
〜これからの時代を生き抜く力〜のまとめ

今回の記事では、独立心、自立心、そして自律心が

企業や国に頼らずに働いていく上で大変重要な力だということを書きました。

 

これからの時代においては、

今まで安定していた職業と思われていたものであっても

 

技術革新の影響やロボットの導入によって

従来のように仕事を確保することが難しくなっていくと考えられます。

 

こうした時代においては、

たとえ今現在は企業や国の仕事で生計を立てていたとしても

 

いずれ自律しなければならない時期を想定した上で、

今から少しずつ自分自身でお金を稼ぐ力を育てていくことが大切です。

 

そして、ビジネスで独立するために必要な

高い水準の思考力や目標を達成するまで諦めない粘り強さは

幼児期からの些細な関わり方で身につけさせていくこともできます。

 

現在でも、子供はまじめに学校の勉強をして

有名な大学へ入学できれば幸せな生活を実現できると思われていますが、

 

そうした迷信に近い考え方は、

戦後の高度経済成長期にしか通用しないものでした。

 

これからの時代を子供が力強く生き抜いて、

幸せな人生を送れるようになるためには

自分自身の力で稼ぐ力が必須なのです。

 

私は 就職を放棄して自由を追い求める!『創職男子』として

自分自身の力で稼ぐ具体的な方法やノウハウを

『創職ライフマガジン』を通してお伝えしています。

 

もし、私の価値観や生き方に共感してくださるようでしたら、

ぜひ読んでいただけると嬉しいです。

 

きっとあなたのお役にも立てると自信を持っています。

 

それでは、今回の記事の内容はこれで以上になります。

最後までお読み下さり、誠にありがとうございました。

 

Affiliate Business Community 運営者 守淳史