目次作成プラグインなら Table of Contents Plus!

Table of Contents Plus は、

記事内に目次を自動生成してくれるプラグインです。

 

文章量が多い記事などの場合、

ユーザーが読みたい部分を探すのは大変ですよね。

 

そんなときに記事の冒頭に目次があれば、ユーザーは読みたい部分に

瞬時に移動することができユーザービリティーが向上します。

 

Table of Contents Plus のカスタマイズ設定方法と使い方

それではまず、Table of Contents Plus を

インストールして有効化させましょう。

 

ここまでは他のプラグインと同様の手順です。

 

ダッシュボードのプラグインメニューから『新規追加』をクリックして、

『Table of Contents Plus』と検索すると以下のようなプラグインがヒットします。

table of contents,インストール

問題なくインストールから有効化まで完了すると、

ダッシュボードの設定メニューに『TOC+』という項目が表示されます。

 

これが Table of Contents Plus の略称になりますので、

設定をする際にはこの項目をクリックします。

table of contents,設定方法

こちらが Table of Contents Plus の設定画面になります。

この設定画面から、

  • 目次を表示させる場所
  • 目次を表示させる条件
  • 目次を表示させるブログの部分

などの項目を設定することができます。

table of contents,目次,表示

それではまず、『目次を表示させる場所』を設定します。

 

『表示する場所』という項目の右に

表示されているブロックをクリックすると、

  • 最初の見出しの前
  • 最初の見出しの後
  • トップ
  • ボトム

以上のような選択肢が表示されます。

表示位置,選択

『最初の見出しの前』の場合は、このように表示されます。

最初の見出しの前

『最初の見出しの後』の場合は、

このように表示されます。

最初の見出しの後

『ボトム』の場合には、このように表示されます。

表示位置,ボトム

次に、『目次を表示させる条件』を設定します。

 

見出しが一つしかない場合は、目次を表示させる必要がないので、

『2つ以上見出しがあるとき』に設定してけば問題ありません。

 

また、『目次を表示させるブログの部分』を選択する際には、

『次の投稿タイプのときに表示』という項目で設定します。

 

『次の投稿タイプのときに表示』の右側に表示されている表示箇所の中から、

目次を表示させたいブログの部分にチェックします。

 

  • post             :投稿された記事ページに目次が表示されます。
  • page               :固定ページに目次が表示されます。
  • wpcf7_contact_form   :チェック不要
  • qrcode           :チェック不要

table of contents,表示条件

さらに、『階層表示』や『番号振り』、

そして『スムーススクロール』を有効化させるかどうかも選択することができます。

table of contents,スムーススクロール

『階層表示』と『番号振り』を有効化すると、このように表示されます。

table of contents,番号振り

『階層表示』と『番号振り』のチェックを外すと、このように表示されます。

table of contents,階層表示

設定画面の最下部では、

目次のデザインを選択することもできます。

 

ブログデザインに合うものを選択するようにしてください。

table of contents,ブログデザイン

目次作成プラグイン Table of Contents Plus の

設定方法と使い方については以上になります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。