嫌われる勇気,目標達成

目標設定して管理し、達成させるためには

周りの友人や知人から嫌われる勇気が必要不可欠です。

 

私が中学生・高校生時代には第一志望港に合格するために

受験勉強目標管理をしていましたが、

 

その過程でさまざまな要因が重なり、

周りの友人から嫌われることがありました。

 

そんな状況でも 嫌われる勇気を持ったことで、

周囲のネガティブな反応を払いのけて第一志望の大学に合格できました。

 

今回の記事では、私の受験勉強の経験をお話しながら

嫌われる勇気の重要性についてお伝えしていきます。

 

なぜ目標管理・達成のためには嫌われる勇気が必要なのか?

それではまず、どうして目標管理・達成のためには

嫌われる勇気が必要なのかお話していきます。

 

目標を達成するためには、

やるべきことに集中して 不必要な物を捨てる、

ないしは一時期は諦めなければなりません。

 

これが原因で周りの人から嫌われてしまうのです。

 

日本の社会では周りの人々と同調することが求められ、

変わったことをしている人は目立ってしまい叩かれることになります。

 

わたしが中学生や高校生の頃は

休み時間中に同級生が友達と会話を楽しんだりしている間も

少しでも英単語を覚えようと必死になって受験勉強していました。

 

休み時間中は好きなことをすればいいですし、

会話を楽しんでいる同級生は不真面目だといった考えもありませんでした。

 

 

それでも、毎日こういう行動をしていると、

次第に同じクラスの同級生との付き合いが悪くなり、

 

クラスメイトの中から自分に対して

陰口を叩いてくるものも出てくるようになりました。

 

休み時間に勉強している間も

『こんなふうに勉強やっている奴ほど受験で失敗するんだよ。』

といった心ない発言をするクラスメイトもいました。

 

 

このように、日本社会では

周りから目立つことが良しとされていないので、

 

目標管理・達成に取り組んだ結果、

周りから目立ってしまい、叩かれるということがよくあります。

 

こうした状況になると、嫌われることに耐えられずに

人によっては目標を諦めて、周りと同調するようになってしまいます。

 

だからこそ、目標を管理・達成するためには

『嫌われる勇気』が必要不可欠なのです。

 

受験勉強に真剣に取り組むほど、周りから目立つ

目標を設定して達成するということは

自分の周りにいる人よりも高いステージへ移動することになります。

 

高いステージにたどり着くためには、

ステージの高さに応じた基準で行動・思考をしていくことになります。

 

例えば、大学ならどこにでも入学できればいいやと考えている人と

最難関大学にどうしても入学したいと考えている人であれば、

求められる勉強時間や知識の深さに違いが生まれてきます。

 

最難関と言われる大学は

同学年の3%しか入学することができません。

 

だから、最難関大学への合格を目指すということは

その他大勢の同級生にとって目立つ存在になるということなのです。

 

ですから、受験勉強にかぎらずとも

なにかしらの目標を達成したいと思うのであれば、

 

同じ目標を持たないその他大勢から目立つことになり、

嫌われる可能性が高いということをあらかじめ認識しておきましょう。

 

 

目標管理・達成のために嫌われる勇気を持つ方法

嫌われる勇気を保つ方法はとても簡単です。

 

それは、現在自分が所属しているコミュニティの多数派の意見が

必ずしも他のコミュニティでの多数派ではないことを認識するだけです。

 

例えば、工業高校や商業高校の学生であれば、

高校卒業後に就職することが多数派の選択です。

 

その一方で、進学校に通う学生の間では

とりあえず大学に進学することが多数派なわけです。

 

高等学校というかなり狭い枠でも、

所属するコミュニティによって当たり前が異なります。

 

他にも、住んでいる地域などによっても

マジョリティーの意見は変わってきます。

 

私の地元は福島県でしたが、

福島県では私立よりも公立の高校に進学するほうが

授業料が安く済むので良しとされていました。

 

その一方で、都内や関東圏内には 有名私立高校がたくさんあるので、

必ずしも公立の高等学校に行くことが正しい選択とは限りません。

 

このように、自分が所属しているコミュニティの

多数派意見が必ずしも絶対解ではないということを意識するだけでも

きっと気持ちが楽になってくるはずです。

 

 

嫌われる勇気を持つメリット

嫌われる勇気を保つ方法についてお話しましたが、

人によっては、周りの意見に流されて目立たないように

気楽に生きていきたいと考えている人もいます。

 

 

周りの多数派意見に同調するなとは言いませんが

もしなにか目標や夢があるのであれば、

 

周りからどれだけ批判されようとも

嫌われる勇気を持って努力すべきだと思っています。

 

なぜなら、周りの意見に流されて生きていくことと

自分の信じる道を進み続けることでは

 

将来的に受けるストレスを考えれば、

後者のほうが圧倒的に楽だからです。

 

所属するコミュニティの意見に流されずに

自分が正しいと信じる価値観や判断基準に基づいて行動していけば、

 

いずれは同じ価値観を持つ人々と巡りあい、

自分の思った通りに行動しても 周りからストレスを与えられることなく、

メンバーとの交流も楽しめるコミュニティを作り上げられるからです。

 

その一方で、周りの意見ばかりを気にして生きていくと

既存のコミュニティに依存するようになります。

 

コミュニティごとに多数派の意見や

当たり前の基準といったものが設定されているので、

 

そうした価値観や判断基準を無理やり押し付けられながら

人生を生きていくことになるのです。

 

『なんでこんなことをしないといけないんだ?』

『こんなこと間違ってるだろ?』

といった疑問や葛藤を感じながら生活することになります。

 

だからこそ、同じ志や価値観に

素直に共感できる人々と楽しく生きていくためには、

 

最初の段階では、周りの人々から批判されたとしても

諦めずに自分の信じる道を貫き通す『嫌われる勇気』が必要なのです。

 

もし、今現在 受験勉強に取り組んでいて

周りから白い目で見られて辛い思いをしている人に

少しでも力になれたらと思って記事を書かせてもらいました。

謎の美女♡

また、守君が浪人をして受験勉強に取り組んだ経験から

人生という長いスパンで考えた際の成功・失敗する人の特徴については

コチラのブログ記事で詳しく解説しています。