トレンドアフィリエイト,アクセスアップ

トレンドアフィリエイトアクセスアップをするには、

基本的にはYahoo!テレビ欄を活用して、

 

今後話題になりそうなキーワードを活用して

トレンド記事を更新していくことになりますが、

 

今回の記事では 私が実践して大きな効果があった

Yahoo!テレビ欄に依存しないアクセスアップ方法をご紹介します。

 

ツイッターでトレンドキーワードを先取りしてアクセスアップ

Yahoo!テレビ欄では今後話題になりそうな

トレンドキーワードを予測して記事を更新していきます。

 

その一方で、Twitterで

リアルタイムのツイートをチェックすることで、

 

その時点で実際に話題になっている

キーワードを確認することができます。

 

Twitterのアプリを起動させると、

タイムラインの左側に現在話題のキーワードが表示されます。

 

それらのキーワードを参考にしながら

トレンドキーワードを選定すれば、

 

確実に検索需要のあるキーワードで

記事を書いていくことができます。

 

それでは続いて、Twitterを活用した

キーワード選定のメリット・デメリットについて解説していきます。

 

 

Twitterを活用してキーワード選定するメリット

  • 確実に検索需要のあるキーワードで記事がかける
  • Yahoo!テレビ欄では予測できない
    実際に需要のある関連キーワードを確認できる

 

Twitterを活用してキーワード選定するデメリット

  • 既に同じキーワードで書かれた競合記事が数多く存在する可能性が高い
  • 記事を投稿して検索結果画面にインデックスするまでに
    検索需要が一気に下がってしまう可能性もある

 

Twitterを活用してキーワード選定する際の

メリット・デメリットは以上のようにまとめられますが、

 

トレンドアフィリエイトを実践している

ネットビジネス初心者の場合であれば、

 

まずは『Twitterによるキーワード選定』を実践しながら、

徐々にYahoo!テレビ欄でキーワードの予測並行すべきと考えます。

 

なぜなら、実際に私自身もそうでしたが

トレンドアフィリエイトを始めたばかりの頃は、

 

どういったキーワードが話題になるのか

Yahoo!テレビ欄を見ても全く判断することができずに、

とりあえず手当たり次第に記事を量産していました。

 

そうしていく中で、実際にアクセスが集まった

トレンドキーワードの共通点などを抽出し続けた結果、

 

感覚的にアクセスが集まりそうなキーワードを

Yahoo!テレビ欄から選定できるようになっていきました。

 

結果的には稼げるようになったので良かったですが、

あらかじめTwitterでキーワード選定して、

 

実際に話題になるキーワードの

傾向を把握することに努めていれば、

 

全く判断基準のない中でYahoo!テレビ欄から闇雲に

キーワードを選ぶ手間が省けたのではないかと感じています。

 

Twitterによるキーワード選定をし始めたばかりの頃は、

記事を書き終わる頃には検索需要が落ちているかもしれませんが、

 

少なくとも『実際に検索需要が伸びたキーワード』

とはどういうものなのかをケーススタディすることができます。

 

そのため、Twitterで話題になるキーワードを毎日見続けていれば

次第にYahoo!テレビ欄を見ただけでも、

 

ある特定のキーワードが他のキーワードよりも

話題になりそうだ といった感覚が身についてきます。

 

Twitter、FacebookなどのSNS拡散でアクセスアップ

基本的にトレンドアフィリエイトでは

ブログ記事をどれだけ上位表示できるかという点が重要ですが、

 

TwitterやFacebookを活用することで

Yahoo!JapanやGoogleなどの検索エンジンに頼らずとも

ブログ記事へのアクセスアップ効果を期待することができます。

 

Twitter・Facebookによるアクセスアップの際の注意点

しかしながら、この手法には注意点が有ります。

TwitterやFacebookで運営しているブログ記事をシェアすることは

フォロワーや友達からは『宣伝行為』として認識されてしまいます。

 

そして、日常的な投稿をせずに『宣伝行為』ばかりを行っていると

次第にSNSからのブログ記事への反応が低くなってしまいます。

 

そのため、SNS連携によるアクセスアップを実践する際には

フォロワーや友達から嫌がられない程度に、

 

プライベートな投稿と『宣伝行為』の

バランスを取るように気をつけていきましょう。

 

外部SEOを強化してアクセスアップ!

外部SEO とは 基本的には自分自身が運営していない

ブログやウェブサイトから行われている必要があります。

 

つまり、自分自身の力では原則的にはどうすることもできないので、

可能な限り外部SEO対策を他のウェブサイトから行ってもらえるように

地道に努力・工夫をしていくことになります。

 

外部SEO対策は原則として、自分自身の力では

どうすることもできない外部要因として考えられています。

 

しかしながら、ある特定の方法であれば

外部SEO対策を自作自演することによってウェブサイトのSEOを強化できます。

 

そこで、今回の記事では外部SEO対策を自作自演する方法から

自作自演を実践していく上での注意するポイントについてまとめています。

 

他のウェブサイトやブログから被リンクを獲得する

運営しているメインサイト以外のブログやウェブサイトから

外部リンクを貼ってもらうことで外部SEOを強化することができます。

 

GoogleやYahoo!Japanは他のウェブサイトやブログから紹介されているものほど

それだけ価値のある情報を発信していると判断するためです。

 

しかしながら、ただまじめにブログ運営をしているだけでは

なかなか外部リンクを貼り付けてもらうことはできません。

 

そのため、外部リンクを効率的に増やしていくためには、

自分自身でサテライトサイトや無料ブログサービスでブログを立ち上げて

それらからメインのウェブサイトに対して外部リンクを飛ばす必要があります。

 

サテライトサイトから外部リンクを飛ばす

サテライトとは英語で『衛星』という意味ですが、

メインのウェブサイトを遠くから見守っているような存在なので

外部リンクを飛ばすための独自ブログのことをサテライトサイトと呼んでいます。

 

独自ブログを構築していくためには、

レンタルサーバーの契約や独自ドメインの習得が必要なので

無料ブログサービスを利用してブログを立ち上げるよりも手間がかかります。

 

しかしながら、サテライトサイトを敢えて立ち上げるメリットとしては、

もともとSEOパワーの強力な独自ドメインのリンクジュースを

メインウェブサイトに与えることができるからです。

 

Googleには、ページランクという機能があり、

インターネット上で公開されているウェブサイト毎にランク付けがされています。

 

Googleページランクは0〜10までの10段階評価があり、

数字が大きくなればなるほどGoogleからの評価が高いことを意味します。

 

さらに、Googleページランクが高いウェブサイトから外部リンクを貼られることで、

高ページランクのSEOパワーを立ち上げて間もないブログにも与えることができます。

この考え方が『リンクジュース』と呼ばれています。

 

独自ドメイン配給会社には、『ムームードメイン』や『お名前.com』、

そして『スタードメイン』などのものが存在しますが、

 

それぞれの独自ドメイン配給会社にメールアドレスを登録しておくと、

高ページランクのドメインオークションなどが開催された際に

メールで連絡を受け取ることができます。

 

ドメインオークションを上手く活用すれば 数万円程度で

Googleページランクが5〜7程度の独自ドメインを取得することができます。

 

こうした高ページランクのドメインを取得できた場合には、

独自ブログを立ち上げて そのドメインと関連付けて外部リンクを送ることで

メインで運営しているウェブサイトのSEOパワーを一気に強化できます。

 

無料ブログサービスのブログから被リンクを得る

無料ブログサービスには 有名なものであれば『アメーバブログ』、

他にも大企業が運営母体の『FC2ブログ』や『ライブドアブログ』などがあります。

 

これらの無料ブログサービスを活用すれば、

ほんの数分でブログを簡単に立ち上げることができます。

 

そして、サイドバーのブログパーツやフリースペースから

メインで運営しているウェブサイトに対して外部リンクを送ることができます。

 

特に、大企業が運営している無料ブログサービスであれば、

サイト運営歴が短かったとしても もともとのSEOパワーが強いので

手っ取り早くメインウェブサイトの外部SEOをパワーアップさせられます。

 

例えば、アメーバブログやFC2ブログ、そしてライブドアブログであれば

Googleページランクが7として評価されています。

 

他にもオススメな無料ブログサービスは数えきれないほどあるので、

無料ブログサービスを活用して外部SEOを強化したい場合は

こちらの記事を参考にして下さい。

無料ブログで被リンク獲得する方法!

 

また、無料ブログサービスから

メインウェブサイトに外部リンクを送る際には、

 

必ずアンカーテキストを活用して、

メインウェブサイトで狙っているキーワードとの関連性を高めるようにしましょう。

 

無料メールマガジンを発行することで外部リンクを獲得する

メインで運営しているウェブサイト以外のブログやウェブサイトを立ち上げて

そこから外部リンクを送る方法は ほとんどの方が知っていたと思いますが、

 

無料メールマガジンを発行することで被リンクを

簡単に増やすことができる方法についてはあまり知られていません。

 

『まぐまぐ』や『メルモ』といった無料メールマガジンサイトに登録して、

無料メールマガジンの発行が承認されれば、

 

メールマガジン発行者が運営しているウェブサイトを

プロフィール情報に登録することができます。

 

こうすることによって、『まぐまぐ』や『メルモ』からも

メインウェブサイトに対して外部リンクを送ることができます。

 

特に『まぐまぐ』はメールマガジンサービスを

20年以上提供し続けている老舗サービスでGoogleからの評価もかなり高いです。

 

『まぐまぐ』で無料メールマガジンの配信申請をする際には

メールマガジンのサンプルを提出して承認される必要がありますが、

挑戦するだけの価値は大いにあります。

 

ソーシャルブックマークサイトから
個別記事にブックマークしてSEO強化!

GoogleやYahoo!Japanは 数多くのブックマークがなされているブログ記事も

高く評価して 上位表示させている傾向にあります。

 

基本的には、有益な情報がまとめられていて 

これからも参照したいと思った際にブログ記事はブックマークされるからです。

 

そして、ソーシャルブックマークサイトとは

もともと役に立つウェブページをブックマークして共有することで、

他の人々に紹介して交流することが主な目的のSNSです。

 

主なソーシャルブックマークサイトを以下で列挙してみます。

  • はてなブックマーク
  • 楽天ソーシャルニュース
  • Googleブックマーク
  • Google +
  • Naverまとめ
  • Pinterest

などなど、日本企業が運営母体のソーシャルブックマークサイトだけでも

これだけ多くのものが存在します。

 

これらのソーシャルブックマークサイトでアカウントを作成して、

SEOを強化させたいブログ記事をブックマークすることで

検索結果画面上で上位表示させることができます。

 

無料ブログやサテライトサイトを立ち上げるよりも

大分簡単に実践することができるので 是非試してみてください。

 

外部SEO対策を自作自演で実践する際の注意点

内部SEOを実践していく場合には、

ちょっとしたブログ記事の改善を地道に行っていくことになりますが、

GoogleやYahoo!Japanに自作自演がバレてペナルティーを受けるリスクはありません。

 

その一方で、外部SEOの場合は とても気軽に実践できて

内部SEOよりも目に見えて効果が出やすい反面、

 

外部SEOの自作自演がバレてしまった場合には、

Googleなどのサーチエンジンからペナルティを受けてしまうリスクが有ります。

 

そのため、外部SEO対策を自作自演していく際には

バレないように自然を装っていくことが大変重要です。

 
無料ブログやサテライトサイトから
被リンクを受ける際の注意点

サテライトサイトや無料ブログから外部リンクを飛ばす際にも、

不自然なリンク構造にならないように注意する必要があります。

 

例えば、10サイトを立ち上げて それら全てから

一方的にメインウェブサイトに対して 外部リンクを飛ばしていると

とても不自然なリンク構造になってしまいます。

 

外部リンクを飛ばしているサイトであるならば、

ほかのサイトにも外部リンクを飛ばすことが普通ですし、

外部リンクを飛ばすブログも他サイトから被リンクを受けている方が自然です。

 

そのため、無料ブログやサテライトサイトを立ち上げた際には、

全てのウェブサイトからメインブログに外部リンクを飛ばすのではなく、

外部リンクのピラミッド構造を構築するようにします。

 

無料ブログやサテライトサイトによって被リンクを獲得する

詳しい方法や実践する際の注意点について詳細に確認したい場合には、

こちらの記事を参考にしてください。

 

ソーシャルブックマークサイトからの
ブックマークによって外部SEOを強化する際の注意点

ソーシャルブックマークサイトによる

外部SEO強化の効果はかなり大きくすぐに反映されるので、

 

外部SEO対策を自作自演したために

Googleからペナルティーを受けたことのない人は、

ソーシャルブックマークサイトの1つのアカウントだけで、

 

メインウェブサイトだけのブログ記事に対して

ブックマークを連発してしまう傾向にあります。

 

しかしながら、1つのアカウントから

ある特定のブログ・ウェブサイトのみにブックマークが集中していると、

すぐにサーチエンジンによって見つけられてしまいペナルティーを受けます。

 

そのため、ソーシャルブックマークサイトによる外部SEO強化を行う際には、

1つのソーシャルブックマークサイトでも 複数のアカウントを取得して、

 

かつ、ブックマークを行う際には メインウェブサイトに対してだけではなく

他にも関連しているウェブサイトなどをブックマークして

上手くカモフラージュするようにしましょう。

 

外部SEO対策を自作自演してバレないための基本的な考え方

被リンクの獲得やブックマークによる外部SEO対策を

バレないように実践していくためのコツをここまでご紹介してきましたが、

 

基本的な考え方としては、無料ブログやサテライトサイトを

ソーシャルブックマークによってSEO強化して、

 

より強力に育て上げたリンクジュースをメインで運営している

ウェブサイトに流すという方法をオススメしています。

 

確かに、メインウェブサイトに対しても

ソーシャルブックマークを活用することで短期間でのSEO強化が期待できますが、

万が一、Googleなどからペナルティーを受けてしまっては元も子もありません。

 

メインウェブサイトがペナルティーを受けてしまうという

最悪の状態を回避するために、

 

日常的には、サテライトサイトや無料ブログなどの外部SEOを

自作自演によって強化しておくことで もしペナルティーを受けても

 

また新しいブログを簡単に作ってしまえば良いので

Googleペナルティーによるダメージ・リスクを最低限に抑えられます。

 

 

ブックマークサイトからの外部リンク・アクセス流入

トレンドアフィリエイトブログで新しく更新した記事を

ブックマークサイトでブックマークすることでも、

 

外部リンクを得ることで外部SEOを強化できたり、

ブックマークサイトからのアクセス流入を期待できます。

 

日本企業が母体で運営しているブックマークサイトだけでも

『はてなブックマーク』や『楽天ソーシャルニュース』などがあります。

 

一般的にブログ記事はほかのサイトから紹介されて

被リンクを受けるとGoogleからかなり大きく評価されますが、

 

普通に記事を投稿しているだけでは、

なかなか被リンクは得られるものではありません。

 

しかしながら、ブックマークサイトに

自作自演でブログ記事をブックマークすることで、

とっても簡単に被リンクを得ることができます。

 

さらに、はてなブックマークや楽天ソーシャルニュースで

ブログ記事が短時間で一定回数以上ブックマークされると、

オススメ記事として多くの人の目に触れるようになります。

 

その結果、オススメ記事一覧から

運営しているブログへのアクセス流入も期待できます。

 

内部SEOを強化してアクセスアップ!

内部SEOとは あなた自身が運営している

ブログやウェブサイトの中で実践することができるSEOのことを指します。

 

言い方を変えるのであれば、やる気があれば

自分自身の力でいくらでも実践していくことができる内容になっています。

 

それではまず、内部SEOの具体的な実践方法をご紹介していきます。

このページでは それぞれの実践方法を簡単にまとめているので、

 

より詳細な情報を知りたい場合は

内部リンクから該当ページを参照して下さい。

 

ウェブページのキーワード選定

ウェブページのタイトルに使われるキーワードは、

内部SEOの中で最も身近かつ かなり大きな効果を持っています。

 

記事タイトルに盛り込むキーワードには

大前提として検索需要がなければいけませんし、

その上でライバルが少なく上位表示されやすいものを選ばなければいけません。

 

ネットビジネス初心者のほとんどの方が 

まず最初に『トレンドアフィリエイト』に挑戦されるのですが、

 

トレンドアフィリエイトを実践していく上では、

ブログへのアクセス数は記事タイトルのキーワードでほぼ決まっています。

 

トレンドアフィリエイトのためのキーワード選定のコツについては

こちらの記事を参考にして下さい。

トレンドアフィリエイト 記事タイトルのつけ方のコツ・ポイント

 

内部SEO対策は『キーワード選定』意外にも数えきれないほどあるのですが、

トレンドアフィリエイトであればキーワード選定すらできていれば

十分にブログアクセスを集めてお金を稼ぐことができます。

 

だからこそ、他のSEO対策を学び 実践する手間がかからないので、

ネットビジネス初心者には まずトレンドアフィリエイトがオススメなのです。

 

H1・H2・H3タグの設定

ブログ記事を作成していく上では H1・H2・H3タグを

適切に設定していくことが大変重要になっています。

 

ブログ運営の初心者であったり、

SEOを意識せずにブログを楽しまれている方などの場合は、

 

『ブログ記事を更新すること=文章を書くこと』

だけといったように思われがちですが、

 

もし全く同じ文章のブログ記事が投稿されたとしても、

H1・H2・H3タグが適切に設定されているものとそうでないものであれば、

検索結果画面での表示順位が大きく変わっていってしまいます。

 

それぞれのHタグにはいったいどういった意味・効果があるのかというと

本をイメージしてもらえると分かりやすいかと思います。

 

本屋さんに出かけて行って 面白そうな本を探す場合は、

本のタイトルが趣味・興味関心に沿ったものをまず選んで手に取ります。

 

そして、本の最初の数ページをめくって 目次を確認して

具体的にどういったテーマの内容が書かれているのか確認します。

 

さらに、目次の中で特に興味を持った部分を実際に読んでみてから、

その本を購入しようかどうしようか考えるはずです。

 

このように、本のタイトル・目次・小見出しを確認することで、

本全体を読みきらなくとも内容のおおまかな内容を把握することができます。

 

そして、Hタグを設定することで、

ブログ記事内容の概要をサーチエンジンに適切に伝えることができるのです。

  • H1タグ:本のタイトル
  • H2タグ:目次
  • H3タグ:小見出し

 

具体的には、Hタグはそれぞれこのような役割を担っています。

しかしながら、ブログやウェブサイト運営に使っているテンプレートによっては、

サイトタイトルがすべての記事のH1タグとして設定されている場合もあります。

 

この設定のままブログ記事を書き続けていってしまうと

どれだけH2タグやH3タグを一生懸命に考えて設定していても、

 

そもそもほんのタイトル並みに重要なH1タグに

ブログ記事とは関係のない見当違いなキーワードになっていると

GoogleやYahoo!Japanの検索結果画面上で思うように上位表示できません。

 

そこで、ブログやウェブサイトに記事を投稿する際に

H1・H2・H3タグを適切に設定する方法についてはこちらを参考にして下さい。

見出しタグの使い分けと設定方法

 

ディスクリプション・抜粋の設定

ブログ記事を投稿する際に、ネットビジネス初心者の場合だと

記事本文にさえ文章を書き込んでおけばOKと思い込んでいることがほとんどです。

 

実際に、私自身もネットビジネスを始めてから半年以上経つまでは

記事本文以外の部分でブログ記事のSEO対策は ほとんど実践していませんでした。

 

しかし、今までブログ運営をしてきて実感として感じたことは

GoogleやYahoo!Japanなどのサーチエンジンはあらゆるテキスト情報を元に、

 

ブログ記事やウェブサイト全体を評価して

検索されたキーワードとの関連性を調べているということでした。

 

そして、ブログ記事を投稿する際に 記事本文以外の部分で

特に多くの文字情報を入力できるポイントが ディスクリプションと抜粋なのです。

 

それでは続いて、ディスクリプションと抜粋の

役割・期待できる効果についてそれぞれご紹介していきます。

 

ディスクリプションの役割・効果

ディスクリプションは、ブログ記事が検索結果画面に表示された際に

ブログ記事の内容を要約した文章として表示されます。

 

また、検索結果画面上では ディスクリプション内で使われている検索キーワードが

太文字で強調されるため ユーザーに対して視覚的にアピールすることもできます。

 

ディスクリプションは110文字まで入力することができるので

制限字数になるまで 上位表示を狙っているキーワードを可能な限り盛り込みます。

 

そして、もしディスクリプションを設定しないで

空白のままでブログ記事を投稿するとどうなるかというと、

 

記事本文の中からGoogleが検索されたキーワードと

関連性が深いと考える部分が自動的に抜粋されて表示されるようになります。

 

しかしながら、htmlコードなどの不必要な文字列が表示されて

文字数が圧迫されたり、不自然な文章になることがほとんどです。

 

そのため、ブログ記事を書き上げた際には

上位表示させたいキーワードを意識しながら110文字以内で

ブログ記事内容の要約文をディスクリプションに入力しておきましょう。

 

抜粋の役割・効果

抜粋もディスクリプションと同様に110文字以内で

ブログ記事の要約文を入力することができます。

 

抜粋とディスクリプションとの違いは、

検索結果画面上ではなく ブログ内で記事が表示された際に

抜粋に設定しておいた文章が要約文として表示されるようになります。

 

例えば、『ブログ内検索』での検索結果画面であったり、

トップページ上に表示されている最新記事一覧などで確認できます。

 

抜粋に設定した文章は検索結果画面に表示されないので

SEOに直接的な影響力はありませんが、

 

GoogleやYahoo!Japanなどのサーチエンジンは、

基本的にブログ記事の転用や転載を禁止しています。

 

どういうことかというと、全く同じ文章をコピーアンドペーストで

使いまわしているようなウェブサイトの評価を下げる傾向になるのです。

 

そのため、ディスクリプションに設定した要約文をコピーして

抜粋の部分に直接ペーストしてしまうと、

 

全く同じテキストを転用したと見なされて

ウェブサイトの評価を下げられてしまうリスクがあります。

 

かといって、抜粋に何もテキストを設定していないと

ブログ内で記事が表示される際に 不自然な要約文が表示されてしまいますし、

 

しっかりと文字情報を入力できる部分には除法を入力しておいた方が

GoogleやYahoo!Japanからの評価は高まる傾向にあるので、

 

面倒臭がらずに ディスクリプションに入力しておいた文章とは違う形で、

狙っているキーワードを盛り込みながら110文字以内で要約文を書きましょう。

 

ディスクリプションと抜粋の設定方法や

表示方法についてはこちらの記事を参考にして下さい。

 

具体的な事例を紹介しながら、分かりやすく解説しています。

ディスクリプションと抜粋の書き方と設定方法

 

ブログ記事に挿入する画像に代替テキスト(alt属性)を設定する

それでは続いて、ブログ記事を書く際に

画像などのメディアファイルを使い際のポイントをご紹介していきます。

 

画像やYoutube動画などをブログ記事に貼り付ける際には、

さまざまな設定項目が存在します。

 

その中でも、絶対に忘れてはいけないことは

画像に代替テキスト(alt属性)を設定しておくということです。

 

これはもともとどういった理由で使われているかというと、

ブログ記事閲覧者のネット環境の影響で画像がどうしても表示できない場合などに

画像情報の代わりとしてテキスト情報を表示させることができるというものです。

 

この記事を読まれているあなたも、インターネットの通信状態が悪くて

なかなか画像が表示されなかった経験があるのではないでしょうか。

 

その際に、画像の代わりに文字情報が表示されていたことがあるはずです。

それらの文字情報は画像ファイルの代替テキストとして設定されていたものです。

 

そして、ウェブサイトを評価しているGoogleは

画像を視覚的に認識することができません。

 

そのため、画像ファイルをブログ記事に貼り付けた際には、

代替テキスト(alt属性)によってのみ情報を取得することができます。

 

この際に、ブログ記事で狙っているキーワードを設定しておけば、

Googleに対して ブログ記事とキーワードとの関係性をアピールできます。

 

画像ファイルをブログ記事に貼り付ける際に 代替テキスト(alt属性)を設定する

具体的な方法についてはこちらの記事を参考にして下さい。

WordPressでの画像ファイルへの代替テキスト(alt属性)の設定方法!

 

内部リンクを貼る際には、アンカーテキストを設定する

内部リングを貼ることで、ブログ記事の中で

関連性のある他のブログ記事を紹介してリンクを飛ばすことができます。

 

内部リンクが貼られることで、それぞれのブログ記事との

関連性をGoogleにアピールすることができますし、

 

内部リンクが数多く集まっているブログ記事は

それだけ重要な内容が書かれていると判断されるので SEO対策としても有効です。

 

さらに、内部リンクを記事内に貼り付ける際にアンカーテキストを設定すれば、

ブログ記事と特定のキーワードの関連性の高さをGoogleにアピールして

より一層のSEO効果を期待できるようになります。

 

ブログ記事間で内部リンクを貼る方法や

アンカーテキストを設定方法についてはこちらの記事を参考にして下さい。

内部・外部リンクのアンカーテキスト設定方法とSEO効果!

 

SEO上 不利なページは『No Index』に設定しておく

サーチエンジンからの評価を下げてしまいかねないページは、

GoogleやYahoo!Japanなどからの評価対象から外すことで

ウェブサイト全体の評価を底上げすることができます。

 

では、具体的にどのような点について気をつけておくべきかというと、

  • 内部リンクが100個以上貼り付けられているページ
  • 文字数が極端に少なく、Hタグで改装が構築されていないページ

 

このような特徴が見受けられるページは、『No Index』に設定しておくことで

ウェブサイト全体の評価が下げられてしまうリスクを防ぐことができます。

 

例えば、ブログを構築したら まずはサイトマップを表示させることになりますが

ブログやウェブサイトに記事が投稿される度に、

 

自動的にサイトマップ上から

ブログ記事に対して内部リンクが貼り付けられるようになっています。

 

そのため、ブログ全体での総記事数が100記事を超えてしまうと、

その段階でサイトマップ上の内部リンクが100個を超えてしまいます。

 

その結果、もともとGoogleからの評価を高めるために

サイトマップを表示させていたにも関わらず、

 

サイトマップ上で100個以上の内部リンクが表示されてしまった結果、

Googleからの評価が下げられてしまうことになります。

 

文字数が極端に少ないウェブページとしては、

『お問い合わせフォーム』などが考えられます。

 

トレンドアフィリエイトであっても

少なくとも1記事あたり1200文字以上は書いておくことが望ましいですし、

 

特化型アフィリエイトブログなどであれば

1記事あたり3000〜4000字以上のボリュームで書くこともあります。

 

しかしながら、お問い合わせフォームでは

どのように頑張っても文字数を増やすことは不可能なので、

 

お問い合わせフォームの存在によって、

ウェブサイト全体の平均文字数が減ってしまうことになります。

 

そのため、お問い合わせフォーム用のページも

『No Index』に設定しておくことが望ましいです。

 

また、ここで注意しておきたいところは

GoogleやYahoo!Japanからの評価対象からは外したいけど、

ブログに訪れてくれたユーザーにはしっかり読んでもらえるようにすることです。

 

『No Index』を活用して、ウェブサイトに対するGoogleからの評価を高めながら

ユーザビリティの高めていく方法についてはこちらを参考にして下さい。

『No Index』のGoogleでの活用方法とは?

 

まとめページを作成し、ユーザー1人あたりの
『サイト内巡回率』と『サイト内滞在時間』を向上させる

Googleは さまざまな指標からウェブサイトを評価しており、

その中に『サイト内巡回率』と『サイト内滞在時間』というものがあります。

 

これら2つの数値については、運営しているウェブサイトやブログと

関連付けているGoogle Analytics から確認することができます。

 

『サイト内巡回率』とは、ウェブサイトに訪れたユーザー1人あたりの

閲覧したウェブページのページ数です。

 

そして、『サイト内滞在時間』は ウェブサイトに訪れたユーザー1人あたりの

ウェブサイトでの滞在時間の平均値となっています。

 

これら2つの数値が高ければ高いほど ウェブサイトに訪問したユーザーが

投稿されている記事を真剣に読んでいると考えられるため、

 

GoogleやYahoo!Japanの検索結果画面上で

上位表示されやすくなっていきます。

 

では、具体的にどのような対策をすればいいかということですが

関連するブログ記事を1ページにまとめた『まとめページ』を作って、

 

ウェブサイトのサイドバーなどに まとめページへの内部リンクを飛ばして、

ブログ訪問者に読んでもらえるような仕組みづくりをしていけばOKです。

 

ウェブサイトやブログには、

『サイト内検索窓』といった機能を設置することが可能ですが、

 

検索したキーワードが完全一致しないと

ブログ記事がヒットしなかったりとユーザービリティーが低いことが多いです。

 

そのため、関連記事をひとまとめにして内部リンクを数多く飛ばしている

『まとめページ』を読んでもらった方がウェブサイトを閲覧しやすくなるのです。

 

まとめページは特化型アフィリエイトブログを運営していく上でも

かなり大きな効果を発揮していきますが、

 

トレンドアフィリエイトを運営している場合であっても、

『女性アナウンサー』や『イケメン野球選手』といった特集を組んだ

まとめページを作成しておくことで 数値の向上が期待できるようになります。

 

特化型アフィリエイトブログのSEO対策としての

まとめページの作り方を解説しているので、

こちらの記事を参考にして下さい。

特化型アフィリエイトブログのSEO強化!まとめページの作り方

 

また、特化型アフィリエイトブログの運営ノウハウについてまとめた

実際のまとめページはこちらになります。

特化型ブログの作り方:まとめページ

 

※ちなみに、まとめページを作成する際にも

 文字数が少なくなってしまうようであれば『No Index』の設定をお忘れなく!