トレンドアフィリエイト 画像

トレンドアフィリエイトを実践していく上での

画像著作権の取り扱いにおける注意点をまとめました。

 

トレンドアフィリエイトに限らず、

著作権のある画像の取り扱いはグレーゾーンとなっていますが、

 

ブログに掲載する際に画像を加工することで

Googleペナルティーリスクを極力減らす方法など、

ブログ運営において画像を使う際のポイントをご紹介していきます。

 

トレンドアフィリエイトでは著作権のある画像はグレーゾーン

一般的には、著作権のある画像や動画は

著作者からの許可がなければ使用してはいけないことになっています。

 

しかしながら、実際には数えきれないほどのトレンドアフィリエイトブログで

著作権で保護されている画像や動画が使われています。

 

そのため、Googleからペナルティーを受けても文句をいうことはできませんが、

画像や動画を使ってもほとんどの場合はお咎め無し

というのが暗黙のルールとなっています。

 

したがって、トレンドアフィリエイトにおいては

著作権保護されている画像や動画の仕様はグレーゾーンと考えて下さい。

 

トレンドアフィリエイトでの画像使用によるSEO効果

トレンドアフィリエイトを実践していく上では、

著作権保護されている画像や動画の仕様はグレーゾーンということで、

 

人によっては可能な限り

Googleペナルティーを受けるリスクを避けたいがために、

 

画像や動画を使わずに

トレンドアフィリエイトを実践していきたいと考える方もいます。

 

しかしながら、トレンドブログの記事に

画像や動画を挿入することによって、

 

トレンドブログのSEOを

強化することができるという大きなメリットが有ります。

 

サイト内滞在時間を向上させてSEO強化

SEOを強化する上で重要なポイントに、

『サイト内滞在時間』というものがあります。

 

これは、ブログに訪れたユーザー一人当たりの

ブログの記事を読んでいる時間の長さの平均を表したものです。

 

この数値が長ければ長いほど、

ブログ訪問者が熱心に記事を読んでいると考えられるので、

Googleからトレンドブログの評価が高められてSEO強化が期待できます。

 

例えば、ブログに訪れた方が記事に貼り付けた10分間の動画を見るだけで、

ほぼ確実にそのユーザーから10分間の滞在時間を獲得できるのです。

 

そのため、グレーゾーンだからといって

断固として画像・動画コンテンツを使わないよりも、

 

著作権保護されている画像や動画を使用するリスクを最大限抑えながら、

効果的にブログ運営に活用していくべきだと考えています。

 

トレンドアフィリエイトで著作権のある画像を使う際の対処法

それでは続いて、トレンドアフィリエイトブログで著作権のある

画像や動画コンテンツを使用する際の注意点について解説していきます。

 

著作権ほぼされている画像・動画コンテンツの使用はグレーゾーンですが、

ネット上でダウンロードした状態のまま使ってしまうと、

Googleペナルティーを受けるリスクが高いです。

 

そこで、簡単な作業を加えるだけで、

圧倒的にGoogleからペナルティーを受けるリスクを下げる方法をご紹介します。

 

画像を加工して利用する

まず1つの目方法は、

ネット上からダウンロードした画像を加工するというものです。

 

画像を加工する際には、

windowsやMacなどのOSに応じて画像編集ソフトを活用します。

 

そして、画像編集ソフトを使って

ダウンロードした画像にちょっとした加工を施します。

 

例えば、以下のような方法があります。

  • 左右反転
  • 枠線追加
  • トリミング

トレンドアフィリエイト 画像

 

例えば、このオリジナルの画像を

加工して枠線を追加すると このようになります。

画像 著作権

 

そして、オリジナル画像を

トリミング加工するとこのように編集することができます。

著作権 トレンドアフィリエイト

 

以上のように画像を簡単に加工することで、

著作権保護されている画像を使っても

Googleペナルティーを受けにくくすることができます。

 

フリー画像サイトから画像を入手可能

また、どうしても著作権保護されている画像を使いたくないという場合には、

フリー画像サイトから画像を入手することも可能です。

 

GoogleやYahoo!Japanなどで『フリー画像』などと検索すれば、

数多くのフリー画像サイトを見つけることができます。

 

ただし、基本的にトレンドアフィリエイトでは

芸能人のスキャンダルや事件について扱っていくので、

 

できれば、スキャンダルや事件の当事者の画像や動画が使われている方が

より多くのブログ訪問者を満足させることができます。

 

そのため、フリー画像サイトから画像を入手する際には、

可能な限りブログ記事で取り上げているテーマと関連する画像を選びます。

 

公式動画を使う

著作権保護されている動画を使いたくない場合には、

公式Youtubeチャンネルなどで配信されている公式動画を使うことも可能です。

 

基本的にYoutubeやVimeoなどの動画投稿サイトで

アップロードされている動画のほとんどは著作権を侵害した内容となっています。

 

その一方で、アイドルやミュージシャンの公式Youtubeチャンネルで

アップロードされている動画はそうした問題を抱えていません。

 

トレンドアフィリエイトで著作権のある画像を使う際の注意点

それでは最後に、トレンドアフィリエイトで著作権保護されている

画像や動画を使う際の注意点についてまとめていこうと思います。

 

著作者に損失を与えないように注意する

基本的に著作権保護されている画像や動画を使ったからといって

すぐにGoogleからペナルティーを受けるリスクはほとんどありません。

 

トレンドアフィリエイトによる

アフィリエイト報酬が月収5万円を超えてくると、

Googleから手動ペナルティーを受ける可能性が徐々に高まっていきます。

 

とは言うものの、トレンドアフィリエイトを実践していく上では

画像や動画を使っていくことになると思うので、

 

最低限、著作権者に対して

損失を与えない内容の記事を書くことを心がけましょう。

 

例えば、ある女性芸能人の画像を掲載して、

『芸能人の割に可愛くない』といったネガティブな内容は書かないようにします。

 

トレンドアフィリエイトで記事を投稿していく上での理想的なスタンスとしては、

スキャンダルや事件を取り上げてさまざまな意見を紹介したとしても、

 

最終的には取り上げた芸能人を

応援するようなメッセージを最後に添えるだけでも、

著作権者のイメージを傷つけるリスクを大幅に抑えることができます。

 

万が一に備えてお問い合わせフォームを設置する

また、記事を書いていく段階で著作権者に

ネガティブなイメージが湧かないように細心の注意を払うことは大前提ですが、

 

意図せずして、著作権者や所属事務所にとって

不都合な内容をトレンドブログ記事内で紹介してしまうことが有ります。

 

例えば、私がトレンドアフィリエイトを実践していた際には、

ある女性芸能人の子供についてブログ記事を書いていました。

 

ブログでは、誹謗中傷などは一切せずに

ポジティブなスタンスで記事を書いていましたが、

 

後日 女性芸能人の所属事務所から

子供についての情報がネット上にアップされることは好ましくないため、

ブログ記事を削除してもらいたいといった旨の連絡をいただきました。

 

その場合は、お問い合わせフォームを設置していたので

早急に対処して事なきを得ましたが、

 

もしお問い合わせフォームを設置していなかったら

所属事務所は私と連絡を取る手段がなかったので、

 

仕方なく警察やGoogleに連絡する

といった事態にも発展しかねませんでした。

 

そのため、トレンドアフィリエイトブログを運営していく場合には、

必ずお問い合わせフォームを設置しておくようにしましょう。

 

フリー画像や公式動画を使う際には
引用先・出典先のURLを明記する

今回の記事ではフリー画像や公式動画を使う方法もご紹介しましたが、

トレンドアフィリエイトのブログ記事に掲載する際には、

 

しっかりと引用先や出典先が明確に分かるように

情報元のURLを記載するようにしましょう。

 

特に、フリー画像の場合は商用利用可能だが、

著作権者の名前を表記することが条件だったりなど、

細かいルールが定められている場合がります。

 

フリー画像サイトから画像を入手して使用する際には、

予めしっかりと利用規約を確認するようにして下さい。

 

短縮URLを使うのもオススメ

また、引用先や出典先を明記する際のURLをブログ記事に貼り付ける際に、

文字化けしてしまう場合などは短縮URLを生成して代用するようにします。

 

例えば、URLに日本語が含まれている場合には

コピー・アンド・ペーストすると文字化けしてしまい、

結局文字化けしたURLからはリンク先へ飛ぶことができません。

 

こうした場合には、Wordpressプラグインの

『Pretty Link Lite』というプラグインを使って短縮URLを生成します。

 

Pretty Link Liteの使い方については

こちらの記事で詳しく解説していますので参考にして下さい。

3分でURLを短くする方法!短縮URLプラグインならPretty Link Lite

 

トレンドアフィリエイトにおける画像著作権の取り扱いのまとめ

今回の記事ではトレンドアフィリエイトを実践していく上での

著作権保護されている画像や動画の取り扱いについて解説しました。

 

著作権者に対して損失を与えない内容の記事を書く場合であれば、

基本的には画像や動画の使用はグレーゾーンとなっています。

 

とは言うものの、少しでも

Googleからペナルティーを受けるリスクを減らすために、

 

画像編集ソフトを活用して、画像に対して

左右反転・枠線追加・トリミングなどの加工を行う方法をご紹介しました。

 

また、著作権保護されている画像や動画を使わずに

フリー画像や公式動画を使う方法もありますが、

 

その際には、フリー画像サイトの利用規約を確認したり、

公式動画の引用先や出典先が分かるようにURLを明記するようにしましょう。

 

今回の記事内容はこれで以上になります。

最後までお読み下さり誠にありがとうございました。

 

Affiliate Business Community 運営者 守淳史