トレンドアフィリエイトや特化型ブログを運営していく際の一番のポイントが

良質なコンテンツ記事を投稿していくことですが、

 

このメインの作業ですら外注することができるのです。

 

つまり、お金を支払えば他の人に記事を書いてもらって、

さらには投稿すらしてもらうこともできるのです。

 

また、1記事あたりの相場は200円から300円ということで

かなりお手頃な価格になっています。

 

特に、トレンドアフィリエイトで

月収10万円以上稼げるようになる基準としては、

 

ブログ総記事数が300記事前後になるというものがありますが、

300記事すべての記事を外注して投稿したとしても

トータルで9万円しかかかりません。

 

9万円の投資で、毎月ほぼ不老で10万円以上の収入が

手に入る仕組みを構築できるということですね。

 

また、記事を書くコツはつかめてきたが

なかなか記事を更新する時間が取れないといった方は

早々に外注化を進めることをオススメします。  

 

しかしながら、ブログ記事の更新を外注化する上でも

なかなか思ったようにうまくいかないことも数多くあるので、

 

今回の記事では、ブログ更新の外注化を進める方法

気をつけておくべきポイントについてご紹介していきます。

 

トレンドアフィリエイトの記事作成・投稿を外注化する段階・時期

外注化をする段階については さまざまな意見がありますが、

 

サイト収益が月収10万円を超えた段階で

外注化を検討するのがベストと考えます。

 

というのも、記事を外注するといっても

キーワードや記事タイトルは自分で考えなければならないからです。

 

なぜなら、記事更新を担当して下さるライターさんたちは

トレンドアフィリエイトなどのネットビジネスの

知識やスキルについては全く何も知らないからです。

 

もし、トレンドアフィリエイトで稼ぐ手法を知っているのであれば、

 

外注を受けるよりも、

自分でブログを立ち上げて記事更新していったほうが稼げますからね。

 

ですので、ブログ記事の更新を外注化するといっても、

全てをお任せするわけではなくて

 

比較的簡単にできる記事内容の執筆と

ブログ記事の投稿を担当してもらうといった漢字ですね。

 

人によっては、最初からすべての作業を

外注担当者に任せてしまうこともありますが、

 

せっかく記事更新を外注しても、

質の低いキーワードやタイトルの記事が増えてもアクセスは伸びません。  

 

トレンドアフィリエイトの記事作成・投稿を外注化する方法

それでは、具体的な外注化の手順を

ステップ形式で解説していきたいと思います。

 

ステップ1:記事更新の外注を受ける人向けにマニュアルを作成する

記事の外注を受ける人々は基本的には

トレンドアフィリエイトの存在すら知らないので、

 

そもそもトレンドアフィリエイトとはなんなのかといった

基本的な知識から理解してもらう必要があります。

 

その上で、以下のような点についてマニュアルを作成しましょう。

  • 記事の書き方
  • 記事に使う画像の取り扱いについて
  • Google Adsense 利用規約について
  • リライトやコピーの禁止

記事の書き方や記事に使う画像の取り扱いについては、

記事を書き上げた段階で毎回フィードバックすればそのうち改善されてきます。

 

ですので、記事投稿の外注化を始めたばかりの段階では、

毎回投稿されている記事内容をしっかりとチェックして、

その都度修正してもらいたい点を指摘するようにしてください。

 

一方で、『GoogleAdsense利用規約』や『リライト・コピー』などに関しては

最初の段階から確実に把握しておいてもらっていないと

 

外注化作業の途中だったブログが

Googleからペナルティを受けてしまうというリスクも有ります。

 

記事投稿の外注担当者の方が

Googleアドセンスのポリシーを把握していなかったばかりに

 

知らない間にウェブサイトがペナルティーを受けるというリスクもあるので、

しっかりと外注担当者に伝えておきましょう。

 

つまり、ブログ記事の外注化を進めていくうえで、

一番の大変なことは『外注担当者の教育』ということになります。

 

クラウドソーシングサービスでブログ記事を書くことに

興味を持っている人を集めることはある程度簡単にできますが、

 

質が高く、ブログ訪問者が読んで満足するような記事をかけるまでには

一ヶ月ほどはかかると考えておいたほうがいいでしょう。

 

外注を担当してくれる人材を探す

クラウドソーシングサービスにはさまざまなものがあります。

 

まずそもそも、クラウドソーシングサービスとはなにかというと、

あらゆるビジネス案件の発注・受注のプロセスを

インターネットを活用して仲介しているものです。

 

クラウドソーシングサービスを利用するためには、

下で紹介しているようなウェブサイトに登録して

『ブログ記事の更新』という案件について募集すればOKです。

 

  • クラウドワークス
  • @SOHO
  • ランサーズ

個人的には『@SOHO』をオススメしています。

 

基本的に、クラウドソーシングサービスの

ビジネスモデルとしては

 

サイト運営側は、ビジネス案件のマッチングをする代わりに

マージンとして発注者や受注者のいずれか、

もしくは両者から数%の手数料を取っています。

 

例えば、受注者からマージンを取るビジネスモデルの

ウェブサイトで案件を発注すると、

 

マージンを取られても仕事がほしいという人が集まってきます。

 

これはつまり、受注者が

仕事の成果にそれほどの自信がないことが現れています。

 

その一方で、『@SOHO』のビジネスモデルは、

受注者や発注者からはビジネスマッチングによるマージンを受け取らずに、

 

Googleアドセンスによるクリック型のアフィリエイト報酬によってのみ

広告収入という形で収益を上げています。

 

このビジネスモデルのおかげで、

受注者としては 案件の報酬が比較的低くても我慢できますし

発注者としては 案件の発注費用を最低限に抑えることができます。

ネットビジネス,副業,不労所得

 

クラウドソーシングサービスを利用する以外にも、

友人や家族などに依頼することも可能です。

 

しかし、身内で金銭のやりとりをするのは気兼ねしますし、

私はやったことはありません。

 

また、しっかりとお金を払うことなく

『今度何か奢ってくれればやるよ!』といった心構えだと、

なかなか質の高い記事も書いてもらえないと考えています。  

 

しっかりとプライベートとビジネスを分けて考えられる人間関係を

外注担当者とは構築していく必要があります。

 

WordPressサイトの一部権限を制限させた上でパスワードを渡す

クラウドソーシングサービスなり、

なんらかの方法で外注担当者を確保することができたら、

 

WordPressサイトに一部権限を制限した状態で

ログインできるようにパスワードを渡しましょう。

 

権限を必ずしも一部制限する必要はありません。

 

しかし、外注担当者がやろうと思えばサイトを削除したり

コンテンツを丸々コピーしてしまうことも可能です。

 

そういったことが万が一でも起こらないように

しっかりとリスクヘッジしておくことは重要です。

 

外注担当者に任せる部分と発注者である自分自身が担当する部分を

明確に分けて考えておきましょう。

 

私の友人にも、外注を頼んでいた人物が間違って

大量の記事を削除してしまったことがあるらしいので、

 

特にWordpressサイトの取り扱いに慣れていない人に

外注を頼む際には細心の注意が必要です。

 

また、ウェブサイトのURLに加えて

管理画面に移動するための『/wp-login.php』も伝えておくことで

 

外注さんもスムーズにWordpressブログの管理画面に

ログインすることができるようになります。  

 

外注化に関するよくある質問のまとめ

<1記事の外注あたりの報酬>

1記事を外注した際の報酬は200円から300円程度です。

この価格帯であれば、月に100記事外注したとしても

2万円から3万円程度で済むのでとてもお得です。

 

記事執筆のみの作業であれば、

1記事あたりおよそ40分程度で済みますから

時給としては500円程度で働いてもらうことが可能です。

 

こうした理由から、外注担当者から記事執筆の単価を上げるように

不満の声が上がることもありますが、

 

トレンドアフィリエイトなり特化型ブログを構築するノウハウを学べる

というメリットが 外注担当者にもあるので、

 

こういった点もしっかりと主張していきましょう。

 

また、どうしてもライターの教育に

時間を割きたくない場合であれば、

 

既にトレンドアフィリエイトなどの

記事投稿の外注を担当したことのある人に

最初から発注するという方法もあります。

 

しかしながら、経験のあるライターに外注化を依頼する場合は

より多くの報酬を設定する必要がありますので ご注意ください。

 

<記事外注のノルマ>

1記事あたり1000文字以上で、1か月に100記事以上

書いてもらうことをノルマにしています。

 

このように、『1ヶ月』や『100記事以上』

という条件で契約を結んでおけば、

 

少なくとも、あらかじめ指定した期間や記事数までは

外注を担当してもらえるので

 

発注側としては、

ブログ運営の予定が立てやすいというメリットが有ります。

 

さらに、月100記事以上書くことができた場合には

インセンティブをつけることでモチベーションを高めたりもしています。

 

<外注の独立の可能性は?>

外注を頼んでいると、そのうちに担当者に実力がついてきて

自分自身でサイトを立ち上げてしまう場合がありますが、

こういった状況は不可避です。

 

たとえこうした状況になることを前提で考えて、

『1ヶ月に100記事以上投稿するノルマで3ヶ月以上から募集』

 

といったように、あらかじめ条件を付け加えておくことで

外注担当者の方と円滑にコミュニケーションを取ることができます。