ネットビジネス,副業,不労所得

ドメインとレンタルサーバーを関連付けることができたら、

次はレンタルサーバー内にWordpressをインストールしていきます。

 

エックスサーバーで契約しておけば、

 

レンタルサーバーの機能を活用して

WordPressを自動インストールすることができます。

 

自動インストールの場合はとても簡単なので、

今回の記事ではその方法についてご紹介したいと思います。

 

ちなみに、ドメインとサーバーをまだ関連付けていない方は

以下の記事を参考にしながら関連付けを完了させておいてくださいね。

 

ドメインとレンタルサーバーを関連付ける方法

 

エックスサーバーでのWordpress自動インストールの手順

それではまず、エックスサーバーのインフォパネルにログインしてください。

ログインできたら、サーバーパネルに移動してください。

エックスサーバー,インフォパネル

サーバーパネルにログインしたら、

左下にあるドメイン欄で設定したいドメインを選択し、

『設定対象ドメインの変更』をクリックします。

 

設定対象ドメインを変更後に、

画面中央にある『自動インストール』をクリックします。

エックスサーバー,インフォパネル

このような画面に映りますので、

『プログラムのインストール』をクリックしてください。

エックスサーバー,プログラムのインストール

そうすると、エックスサーバー内で

自動インストールできるプログラムの一覧が表示されます。

 

その中から

『Wordpress日本語版』の『インストール設定』をクリックします。

エックスサーバー,Wordpressインストール

インストールする際の設定内容が表示されるので、

それぞれ設定していきます。

Wordpress,設定方法

  • インストール先:変更しないでください。
  • ブログ名:あらかじめ決めていたブログタイトルを入力します。
         まだ決まっていない場合でも、
         後で変更できるので適当に入力すればOKです。
  • パスワード:Wordpressサイトにログインする
          際のパスワードを決めて入力します。
  • メールアドレス:Wordpressサイトに関連した情報を
            受け取るメールアドレスを入力します。
  • データーベース:『自動でデータベースを生成する』にチェックを入れます。

 

以上の設定が完了したら、

『インストール(確認)』をクリックしてください。

 

すると、情報の確認画面が表示されるので、

確認して問題なければ『インストール(確定)』をクリックしてください。

wordpress,インストール確認

これでWordpressはエックスサーバー上にインストールされました。

 

赤ワクで囲ってあるURLをクリックして、

WordPressサイトに実際にログインしてみましょう。

Wordpressブログ,ログイン

先ほど自動インストールした際に

設定したユーザー名とパスワードを入力してから、

『ログイン』をクリックしてください。

Wordpress,ログイン画面

すると、Wordpressサイトの管理画面に移動することができます。

今後はこのページ上から記事の投稿や編集、

そして各種設定を行うことができるようになります。

Wordpress,ダッシュボード

 

エックスサーバー上にWordpressを自動インストールするのまとめ

以上がエックスサーバー上で

WordPressを自動インストールする手順になります。

 

とても簡単ですので、

慣れれば数分で完了させることができるようになります。

 

この段階で、すでにブログに記事を投稿して

トレンドアフィリエイトを開始することは可能ですが、

 

さすがに初期状態のままだと外観があまりにもお粗末なので

外観の設定や投稿の際の各種設定もあらかじめ行っておきましょう。  

 

まず、Wordpressサイトの大まかな外観を設定するには、

『Wordpressテーマ』をインストールする必要があります。

 

テーマを導入する方法やオススメテーマについては

以下の記事を参考にしながら作業を進めていってください。  

 

WordPressにテーマをインストールする方法