• イギリスの貴族は現在でも階級があるの?
  • イギリス貴族で有名な家や名前は?

イギリス貴族は様々な階級に分けられています。

一般庶民の私たちからすると、単に想像の世界でしかない貴族の生活は一体どのように行われているのか不思議に感じることがあります。

一般的にはとても優雅な生活を送っているというイメージのある貴族ですが、現代においては、ほぼ貴族階級は存在していないと言われています。

かつてはそのような階級制度が設けられていたようです。

 

ここでは、イギリス貴族の現在と、イギリス貴族の名称や階級についてご紹介します。

イギリス貴族の現在は?イギリス貴族の名前や階級

 

イギリスは本当に階級社会?

イギリスは階級社会であることは歴史的にも知られていることです。

 

また、ここで言う「階級社会」とは、教種類の階級が分かれており、階級が上下するのま稀なことであり、その階級に生まれた者は一生その階級を引き継いで生きていくことになります。

 

後に紹介する貴族の階級として、王位、公爵、侯爵、子爵、男爵といったような、イギリス貴族を始めとした社会が根付いている国です。

 

イギリスの貴族の階級とは

 

王位

イギリスという国の中で最高位となる地位が「王位」です。

現在の王位は、「女王エリザベス2世」です。

 

第一位:侯爵

最高位となる王位を除く貴族階級で一番暗いが高い階級を「侯爵」と呼びます。

王族であるエリザベス女王の夫となるフィリップ王配はディンバラ公爵となり、息子のチャールズ皇太子はコーンウォール公爵、そしてアンドリュー王子はヨーク公爵となります。

 

公爵家は長年王室に仕えている家柄を指します。

 

また、公爵の名家でウェストミンスター公爵は、ロンドンの一等地に不動産を所有していることから、イギリス一の裕福な貴族として称えられてています。

 

第二位:侯爵

公爵の下のくらいが侯爵です。

 

第三位:伯爵

侯爵の下の位で子爵の上位となる伯爵は、3番目の爵位となります。

 

故ダイアナ妃の弟君が後継となった伯爵家スペンザー家が有名です。

 

第四位:子爵

貴族階級の4位が子爵となります。

 

男爵よりも上の位に位置します。

 

男爵

貴族階級の一番下となる位が男爵です。

 

ここまでまとめると、イギリスは次の5つの貴族階級に分けられていることが分かります。

 

イギリス貴族階級
  • 公爵
  • 侯爵
  • 伯爵
  • 子爵
  • 男爵

 

また、現在、イギリスにおける貴族は実に746名いるのだとか。

 

貴族とは?上流階級?

イギリス貴族 現在 階級 貴族

貴族とは、身分や家柄が尊い方を指します。

また、社会的特権を持ち、上流階級に属している方であり、その身分や家柄については、古く昔から代々血縁により受け継がれていきます。

その為、貴族は階級によってその地位の高さや良さが分かると言われています。

 

イギリス貴族の歴史

19世紀後半(1800年代〜1900年)は、イギリス帝国主義を考える最盛期でした。

1837年にヴィクトリア女王が即位し、その後1901年までヴィクトリア朝が続き、産業革命によりイギリス経済が驚くほど発展したことで、イギリス国としても大きく繁栄した時代でもありました。

この時代に生きた貴族は、例え名家であっても、その資金繰りに苦労し、下層階級の者が事業において成功を遂げ、財産を築き上げたという歴史もあります。

 

そして、お金で国家権力を得るなど、階級によってそれぞれの力関係や身分の変化が大きく見られた時代です。

 

ヴィクトリア朝後期となる19世紀後半頃には、イギリス国として衰退し始め、現在では、英国貴族でありながら、アメリカ人大富豪が持つ莫大な資産が目当てであることが分かり、本国同士の結婚でない場合は、式で貴族側が資産を使用することができないように契約が交わされました。

 

貴族は上流階級として位置付けられている

イギリスの貴族階級は2つあり、爵位は5段階となっています。

また、社会的階級制度は、大きく3つの階級に分かれています。

イギリスの階級制度
  • 上流階級
  • 中流階級
  • 労働者階級

 

そして、王族や貴族を中心とした上流階級の次に、実業家や専門職が多いとされる中流階級。

 

そして、義務教育後にすぐ社会人となって働く労働者階級といったように、3タイプの階級制度が現在も続いています

 

中流階級はさらに経済事情と個人資産により、そこから上・中・下の階級に分けられます。

 

実際には昔ほど厳しい階級制度は感じることはありませんが、未だ根強くその風潮があることに驚きます。

 

イギリスの階級制度により貴族の台所事情を探る

イギリスにおいて、昔から貴族は長男が爵位を受け継いでいくものとされています。

その為、長男以外の男子には相続権がないということになります。

つまり、貴族の中でも次男以下として生まれた場合は、自宅から出て自身で自立の道を辿ることが必要であるとされていました。

 

また、全財産を相続する長男も、どれほど裕福な貴族一家として生まれ育つか、それも至難の業だと言えます。そして、相続を受ける財産はすべてが現金とは限りません。

 

昔ながら兼ねてから受け継がれていた屋敷や土地といった、様々に維持しなくてはならないものがたくさんあると言われているのです。

 

実際のところ、広大な土地を所有しまた、屋敷も邸宅です。

 

そこで働く人への人件費、また、所有する不動産に対する修繕費など、実に莫大な費用が掛かることが分かります。

 

その為、現代に沿った行い方をとり、例えばメディアの取材に応じることや、屋敷の一部を利用可能とする時、ホテルとして利用可能となるかなど。

 

所有している不動産を利用することによる収益の他、代々受け継がれた屋敷を維持するにはかなり莫大な費用が掛かってしまうそうです。

 

現在におけるイギリスの階級意識はどうなってるの?

18世紀に起こった産業革命後、中流階級ができました。

それ以来、イギリスには上流階級、中流階級、労働者階級に分けられ、この階級制度は各階級間に上下関係はなく、階級に優劣はないとされているのです。

そして1980年代に、労働者階級出身者である方の大学進学率はわずかであったものが、現在は成績優秀者は大学進学が当たり前な時代に。

かつでは大学進学は中流階級までの者が当たり前とされており、労働者階級は一部だという認識がありました。

 

それが、現在では中流階級と労働者階級に境目があってないような時代になっているのです。

 

また、話し方ひとつ、そして生活習慣ひとつの違いにより人を区別を区別する対象とする階級制度は、現代に逆行する考え方でもあり、排他的、そして差別的な考え方、習慣だと認識されています。

 

つまり、すでに現代においては、イギリス社会における階級意識は薄れていることが分かります。

 

それでもなお、イギリス国民は自身の生活習慣を大切にするといった、保守的な考えを持つ人種であることから、未だ、労働者階級の人々にその根強い習慣が残っていると言えます。

 

歴史的にも知られているイギリス社会における階級制度については、時代が進んでもなお、完全に消えるということはないのかもしれません。

 

まとめ

イギリス貴族の現在、また、イギリス貴族の名称や階級について解説しました。

イギリス貴族と言う響きは、とても美しく綺麗な称号に聞こえます。

それに、その貴族の地位に君臨する方に対し、うらやましさと憧れを感じることもあるでしょう。

貴族の生活はとても豪華で上品であることから、何の不自由もないであろうというイメージから、その血を引いて生まれてきたかったと思う方も多いのではないでしょうか。

 

しかし現在は、貴族階級が薄れ、一般市民と何ら変わりのない生活を送る貴族は多く存在します。

 

このように、イギリス社会における階級制度は、ヨーロッパの王政が繁栄していた時代の象徴とも言える姿であり、現代では似つかわしいと考えられているとも言えるのです。

 

もちろん、今後もイギリス社会が階級制度を強いていた時代があったことは歴史的にも有名な話であることから、イギリスをもっと知りたいと勉学に励むことは非常に良いことだと言えます。

 

この記事を読んで、イギリス国をもっと知ってみたいと思った方もいるかもしれません。

 

ぜひ、歴史的資料や文献を参考に、イギリス国について調べてみてくださいね。

 

イギリス・貴族についての記事