在宅 主婦, 副業 自宅

  • 貴方を襲う孤独感・疎外感は何が原因?
  • 孤独感・疎外感は人により度合いが違う
  • 冷静な分析と向き合う勇気が必要

どんな人でも孤独感・疎外感を感じる時があるのではないでしょうか。一言で孤独感・疎外感といっても人それぞれ感じる度合いが違うでしょうし、シチュエーションも異なります。

現代社会においては職場での孤独感・疎外感、仲間や集団においての孤独感・疎外感、また人によっては家庭の中で感じる孤独感・疎外感などさまざまなケースがあります。

キャラ

突然貴方を襲う孤独感・疎外感を克服し解消するには自信の努力が必要です。

人は孤独感・疎外感を感じた時根本的な原因を冷静に分析しようとせず、いややもすると奈落の底に突き落とされたような絶望感すら感じる時があります。

 

孤独感・疎外感を克服して解消する方法とは?原因は劣等感?病気?今回は孤独感・疎外感を克服して解消する方法とその原因について考えてみました。

孤独感・疎外感を克服して解消する方法とは?原因は劣等感や病気?

原因を冷静に分析する。

キャラ

孤独感・疎外感を感じた時、まずは冷静に分析することから始めましょう。

貴方はどんな時に孤独感・疎外感を感じますか?職場での孤独感・疎外感、親しい仲間や集団での孤独感・疎外感、または家庭での孤独感・疎外感など人によりいろんなケースがありますね。

 

もし貴方が現在そのような境遇に直面している場合、まずその原因が自分にあるのか又は相手や周りの環境なのかを冷静に分析しましょう。

 

人は他人の評価は簡単にできるのですが、自己の評価は意外と難しく、分析しにくいものです。

 

例えば、貴方の言動や態度がどこか人を突き放したり、自ら仲間や集団から距離を置くような傾向になっていないでしょうか。

 

または貴方の何気ない言動や態度が周りに不快感を与えたり貴方にとっての常識が周りの人々の非常識になっていないでしょうか

 

貴方は何も感じなくても、周りの人や他人は貴方という人間を冷静に分析しているのです。他人から見て貴方はどのように映っているのかがここが重要なポイントです。

 

この機会に貴方自身を自己分析し欠点や改善点に気付いたなら速やかに改善する努力が必要です。

 

大切なのは協調性

キャラ

まずは協調性を保つこと

職場または仲間や集団の中で貴方の個性が出すぎていませんか?貴方の個性は大切ですが、仲間や集団の中ではまず第一に求められるのが協調性です。

 

とくに日本の企業では大多数がこの協調性を重要視する傾向があります。協調性とはいろんな定義がありますが、ひとことで言うと集団やグループに溶け込むということです。

 

現代社会においてこの協調性とはいろんな人とうまくコミュニケーションをとり仲良くやっていくことなのです。

 

仲間や集団で事前に決められたルールや共通認識、行動ベクトルやチームワークなどに貴方の考えや行動がどこかズレていないでしょうか。

 

貴方のプライドまたは劣等感が無意識で貴方の邪魔をしていないでしょうか。

 

もしそうであれば、貴方はその集団から「浮いた」存在になるでしょうし、これこそが貴方を襲う孤独感・疎外感の原因ではないでしょうか。

 

何も貴方が持っている個性を全否定しているわけではありません。本来貴方の個性は個性として活かせながらも協調性を重んじ集団やグループにうまく溶け込むことがここでのポイントです。

 

生活パターンとリズムに変化を

キャラ

工夫一つで生活パターンとリズムが変化する

孤独感・疎外感に苛まれた時、人はどうしても暗くなりがちです。

 

四六時中そのことばかりを考えて、他人の視線や言動が気になり仕事に集中できなくなったり、十分な睡眠がとれなくなったりそこにはマイナス要因だけが働きます。このようなことが続くと精神衛生上あまりよくありません。

 

やがて眠りたいのに眠れないという睡眠障害や交感神経と副交感神経のスイッチがうまく作動しない自律神経失調症のような病気になる恐れがあります。

 

このような時は貴方の生活パターンとリズムを思い切って変えてみてはどうでしょうか

 

現代人はどうしても生活パターンが単調になりがちです。自宅と会社との往復ばかりで会社ではルーティンワークがほとんどです。

 

貴方が精神面で充実している時はそれでいいのですが、孤独感・疎外感に直面している時は暗い気持ちを引きずったままになり解消の糸口もつかむことができません。

 

普段よりも1~2時間早起きして体を動かしたり本を読んだり、いろんな工夫をして貴方自身のこれまでの生活パターンやリズムから脱却し大きな変化をもたらすことです。

 

貧すれば鈍するという言葉があるように、体と頭の動きが悪くなると良い発想や活力なんて生まれません

 

最悪なパターンをいうならばそのマイナス要因が鬱積し、解消できなくなるといずれ精神的・肉体的な病が貴方の体を蝕むことになります。

 

貴方が直面している孤独感・疎外感と正面から向き合うことも必要ですが、それだけでは克服したり解消したりしません。ちょっとした変化が孤独感・疎外感解消のきっかけになるのではないでしょうか。

 

何事もポジティブに

キャラ

ネガティブな考えはしない。何事もポジティブに。

孤独感・疎外感を感じた時、急激に落ち込まないでください。どんな人でも孤独感・疎外感を感じる時があるからです。

 

ポジティブに考えるのか、ネガティブに考えるのかここは貴方の考え一つです。長い人生、こんな時もあるくらいの明るい気持ちでさらっと乗り越えましょう。また、この機会が自分を見つめ直すいい機会になるのですから、貴方はこの機会に感謝すべきです。

 

決して急に落ち込んだり、マイナス要因ばかり見つけて自己嫌悪に陥ったりしないでください。人は孤独感・疎外感を感じると不安になり、その不安が長引くと精神的にもよくないのです。

 

こんな時こそ何事もポジティブに考えることにしましょう。完璧な人間なんて世の中に存在しません。

 

失敗や過ちを犯すのが人間です。人生はいい時もあれば悪い時もあります。孤独感・疎外感から逃げるのではなく、真正面から向き合って貴方自身で克服することによって人間として貴方は大きく成長するのです。

 

他人が解消してくれない

キャラ

克服・解消は貴方の努力次第です。

孤独感・疎外感を克服するのは他人ではなく貴方自身です。貴方が直面している孤独感・疎外感は他人が解消してくれはしません。難局を打開するのは貴方自身なのです。

 

人には自然治癒力があります。例えば貴方が道端で転倒し擦り傷といった外傷を負ったとしましょう。2~3週間でその傷口は完治するはずです。これは貴方の体にある細胞が傷口を治すため最大限の努力をするからです。

 

貴方が孤独感・疎外感で悩んでいるのであればこれを解消するための努力を貴方自身が行うことです。

 

人は悩み事がある時どうしても弱くなり、他人に相談したりアドバイスを受けたりします。またそれらの行為があたかも自身の悩み事を解消してくれるかのような錯覚に陥る傾向にあります。

 

もちろん些細な事柄については多少は解消することもありますが、いま貴方が直面している孤独感・疎外感は根本的には解消されることはありません。

 

孤独感・疎外感を克服して解消するのは貴方自身です。強い気持ちで立ち向かっていきましょう

 

最後に

いかがでしたでしょうか。孤独感・疎外感を克服して解消する方法を挙げてみましたが参考になりましたでしょうか。

安心してください。孤独感・疎外感はどんな人でも感じる時があります。ただ、人によりその度合いが違うだけのことです。

キャラ

突然孤独感・疎外感が貴方を襲ったとき貴方は冷静にその原因を冷静に分析しましょう。

その原因が分かればすぐに改善する努力が必要です。次に協調性をもって仲間や集団の輪に溶け込むことと解消法として生活パターンとリズムに変化をもたらすことです。

 

またネガティブではなく、何事もポジティブな思考パターンを心掛け自身の力で克服しましょう。

在宅 主婦, 副業 自宅