在宅 主婦, 副業 自宅

  • 人口削減計画とは?日本もターゲットなの?
  • 女性にどんな影響がある?ワクチンも危ないの?
  • 東日本大震災は、実は人災って本当?

人口削減計画とは、その文字通り、人口を減らす計画のことです。

為政者がもくろむ人口削減計画は、一般のわれわれの知らないところで秘密裏に、現在進行形だとうわさされています。

今回はその、人口削減計画の実態について調べてみました。

人口削減計画とは?

人口削減計画。文字だけを見ると、恐ろしい計画ですよね。

 

増えすぎる地球の人口

キャラ

現在の地球上の人口は、およそ70億人。

2050年には90億人まで膨れ上がると予測されています。

 

90億人になることで、ある大きな問題から、回避できなくなるのです。

 

人口増加と食糧不足

人口が増えるごとに懸念されるのは、食料不足の問題です。私たちが暮らす日本では、スーパーやコンビニに食料が常に置かれていて、実感がわかないかもしれませんね。

 

けれども、発展途上国と呼ばれる地域では、現在でも多くの人が飢餓に苦しんでいます。飢餓ゆえに体の発達の遅い子供もいれば、命を落とす子供もいます。

 

地球上の9人に1人の割合で飢餓に苦しんでいることを考えれば、やはり日本は恵まれた環境なのだと思わざるを得ないですよね。

キャラ

現在進行形の食糧不足が、今後一層深刻化することを見込む地球の為政層は、先を見据えます。

秘密裏に人口削減計画をすすめ、将来的にくるであろう食糧不足問題の解決に取り組んでいるというのです。

 

人口削減計画は大規模な無差別殺人計画

これだけ考えると、「なるほど」と思われるかも知れません。しかし、人口削減とは、言ってみれば大規模計画殺人行為だということを、忘れていはいけません。

 

私たちの住む日本でも、人口削減計画ではないか?と疑われる事象がおきているのです。

キャラ

以下を読めば、必ずしも「自分は無関係」とは、考えられなくなるでしょう。

 

日本もターゲットなの?

キャラ

人口削減というと、国の抱える人口が多い中国などを思い浮かべる人が多いですよね。

確かに、中国でも何度も人口削減計画では?と思われる事件、事象が起きています。しかし、隣の国のことだとあぐらをかいていてはいられません。

 

日本でもまた、人口削減計画では?と思われることが多数ささやかれているのですから。

 

ワクチンも人口削減計画の一端?

キャラ

ワクチンとは本来、病気の予防のために、体の中に抗体を作るべく打つものです。

ワクチン注射は未病のためだと信じて疑わない人も多いのですが、本当にそうでしょうか。

 

効かないインフルエンザワクチン

毎年11月ごろになると、ニュースなどでインフルエンザのワクチン接種を推奨するようなコメントが多く報じられますよね。

  • 「今年はワクチンの数が足らない」
  • 「早めに予約する必要がある」

などといわれると、ついついあせってワクチンを接種する人もいます。

 

しかし現実をみてください。「ワクチンを打ったのにインフルエンザにかかった!」という人も、周りに多くいるのではないでしょうか。

キャラ

羅漢するのであれば、ワクチンを打つ意味もなくなりますよね。

 

ワクチンが効いていないのです。中には「ワクチンを打つことで軽症ですむ」なんていう人もいますが、羅漢するのであれば大差はありませんよね。

 

じゃあなぜワクチンを打たせようと誘導するのでしょうか。

製薬会社の利益のため?

インフルエンザワクチンによる、製薬会社の収益は毎年数億円に登るといわれています。

 

子供の予防接種のように、人生で摂取回数が決まっているのではなく、毎年受けることがすすめられるインフルエンザのワクチン。

 

毎年収益を見込んでいるからじゃないの?と疑ってしまいますよね。

 

女性に影響があるって本当?

キャラ

お金だけの問題ではありません。

子宮頸がんワクチンを接種したために、多大に健康を損なった方がいらしたのを、おぼえていますか?

 

30代後半の女性がかかりやすく、命を落とすこともある子宮頸がん。ワクチンが開発されたときは、製薬会社に感謝した人もいたことでしょう。

 

しかし、安全だと信じていた子宮頸がんワクチンによって、立ち上がることさえできないほどの副作用に悩まされた人もいるのです。

 

ワクチンが原因であるとの立証が難しいことから問題が迷宮に迷い込んでしまった子宮頸がんワクチンの問題。

 

ワクチンが、日常生活を脅かす危険なものであるということを、この機に認識した人も多いのではないでしょうか。

 

子供の頃から人口削減計画のターゲット?

成人女性の深刻なワクチン被害を受け、改めてワクチンについて考えると、ある恐ろしい事実にたどり着きます。

 

それは子供。それも赤ちゃんです。生れたばかりの赤ちゃんは、自治体から様々なワクチンを受けるよう、通達されます。

 

「任意」であるといわれるワクチン接種ですが、実際は3ヶ月検診の健康チェックのときに、半ば「当然のように」受けなくてはいけません。

 

母親の母乳だけで生きている、外部からの接種物に気をつけるべき赤ちゃんですが、その血管にいきなり注射針を刺して、人工的に生成されたワクチンを流し込む。

 

よく考えると恐ろしい行為だと想いませんか?ワクチン接種人口が増加するのと比例して、同時に増えた生活習慣病や命を奪う癌という大病

 

毎年数万人もの人が癌で命をおとします。ワクチンが無関係だと言い切れないところが、恐ろしいですよね。

 

東日本大震災も人口削減計画?

キャラ

地震は自然災害だと考えるのが一般的。

ですが中には、「大地震を人為的に起こすことができる」という人もいます。地震大国の日本は、ここ数年でもいくつかの大地震によって、多くの被害者を生んでいます。

 

中でも、2011年に起きた東日本大震災では、多くの死傷者を出しただけではありませんでした。

 

地震によって爆発した原子力発電所による放射能被害。記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。

 

人為的地震だった?

キャラ

現代の科学力で、人為的に大地震を起こすことは、可能だという見方が強いです。

海底の地盤の境目を爆発させることで、大地震が起こる予想は立つでしょう。しかし、それを実際に行うかどうかとなると、話は大きく変わります。

 

地震によって多くの死傷者が出ることは必至。倫理観ある人間ならば、可能性を予想できた時点でとどまります。

 

しかし、やはりそれを人為的に起こしているのだという想像から、様々な憶測が生れることをとめることはできません。

 

今もまだ、心に大きな傷を負った被災者の気持ちを第一に考え、真実がいつか明らかになることを願うばかりですね。

 

まとめ

キャラ

さて、人口削減計画という恐ろしい内容について検証してみましたが、いかがでしたでしょうか。

命運は天にありと昔から言われているように、何を持って命を落とすのかは、もともと決まっている運命といえるのではないでしょうか。命がなくなる理由は、必ずしも寿命ばかりではありません。

 

自然災害もあれば、人為的な悪意の元に、過去にも多くの命が失われてきました。戦争という分かりやすい悲劇も無視できません。

 

しかし、秘密裏に、多くの人間の命が狙われているという今回のテーマの人口削減計画は、もっと根の深い悪意に満ちた所業です。

 

それが事実出ないことを願いながらも、怠惰な生活のなかで命をただむさぼるのではなく、いざというときは回避できるような知恵と行動力を、普段から養っておくべきでしょう。

 

そして悪意よりも、人間のもつ倫理観や良心が打ち勝つことを、願うばかりですね。

在宅 主婦, 副業 自宅